2021年1月17日【日経新春杯】終了時点までのデータをもとに、クラージュゲリエの好走パターンを分析。

クラージュゲリエの距離適性

クラージュゲリエはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-2-1)
  • 芝2000m(1-1-0-1)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

2000m前後が守備範囲。

2400mも「ダービー」の0.6差 6着があるので、あながち走れないとは言い難いが、印象としては2000mがベスト。

クラージュゲリエの脚質

「共同通信杯」の0.8差 3着を見ても、切れる脚がないのは明らか。

現状では「皐月賞」や「ダービー」のときのように、中団前、もしくは先団につけて、粘り込む競馬がベストだろう。

締まった流れでのSP持続力、スタミナ型。

一方で、上り時計が速いと粘り込みも効かない。勝ち切るには最低でも上り時計は35秒はかかって欲しい。

クラージュゲリエのコース適正

クラージュゲリエの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-1-0)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(0-1-0-0)

まだ競馬場による巧拙はよく分からないが、札幌で重賞を勝っているように、力の要する馬場は得意のような印象。

クラージュゲリエの持ち時計(ベストタイム)

クラージュゲリエの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.6 10着(京都)
  • 芝2000m:1.58.7 5着(中山)
  • 芝2200m:2.12.1 3着(中京)
  • 芝2400m:2.23.2 6着(東京)

自己ベストを計時したレースでの着順がどれも悪い。

現状では高速馬場の高速決着、速い上りには対応できないと見ていい。

クラージュゲリエの重馬場適正

クラージュゲリエの稍重も含めた道悪競馬の経験はまだない。

しかし印象としては、道悪は走ってきそう。


クラージュゲリエの鉄砲実績(休み明け)

クラージュゲリエの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)
  • 3戦目(0-0-1-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

クラージュゲリエの枠順適正

クラージュゲリエの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-0)
  • 5~9番(0-0-1-1)
  • 10~14番(1-1-1-2)
  • 15~18番(未)

クラージュゲリエの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-2-0)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-1)

クラージュゲリエの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-1-0)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(0-1-1-1)
  • 57キロ(0-0-1-2)

クラージュゲリエの好走体重

3着以内の体重は;

  • 462~496キロ


クラージュゲリエの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はタニノギムレット(ロベルト系)。

近親に2013年の「フローラS(G2・芝2000m)」、「ローズS(G2・芝1800m)」を勝ったデニムアンドルビー。2014年の「弥生賞(G2・芝2000m)」を勝ったトゥザワールド。2019年の「青葉賞(G2・芝2400m)」を勝ったリオンリオンなど。

クラージュゲリエの評価

3歳クラシック戦線では、勝ち負けまでにはいかなかったものの、そこそこの走りは見せた。

古馬になっての成長力次第では、まだまだ期待できる素質は持ち合わせていると思う。

2000m前後の距離で、「上りのかかるタフな展開での先行押し切り」が好走パターンだが、時計をどれだけ詰めてこられるかが課題。

クラージュゲリエの前走

21/1/17 日経新春杯(G2・ハンデ)

中京 芝2200m 良

着順:3着(2.12.1・0.3差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団の前。

4角は勝ったショウリュウイクゾの外で、直線もショウリュウイクゾと同じように伸びてはくるが、その差は一向に詰まらなかった。

これはもう、3キロのハンデ差がすべて。

レースの上りは35.7秒。

SP持続力、スタミナが求められるレースでは走る。

2021年 日経新春杯(G2)のラップ分析&回顧

クラージュゲリエの次走

次走は2月28日(日)、中山競馬場 芝1800mで行われる「中山記念(G2)」。

極端に緩い展開にさえならなけらば勝負になる。

 

その他、中山記念(G2)の出走馬を分析