2022年9月25日【オールカマー】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、デアリングタクトの好走パターンを分析。

デアリングタクトの距離適性

デアリングタクトはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-0-1)
  • 芝2000m(1-1-1-0)
  • 芝2200m(0-0-1-1)
  • 芝2400m(1-0-1-0)

マイルも走るが、ベストは2000~2400mあたりか?

デアリングタクトの脚質

中団、もしくは後方からの強烈な末脚が武器。

上り時計を要する底力勝負には強い。

デアリングタクトのコース適正

デアリングタクトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-1-0-0)
  • 京都(3-0-0-0)
  • 阪神(1-0-1-0)
  • 香港(0-0-1-0)

デアリングタクトの持ち時計(ベストタイム)

デアリングタクトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.7 6着(0.5差・東京)
  • 芝2000m:2.00.6 1着(0.4差・新潟)
  • 芝2200m:2.10.3 3着(0.6差・阪神)
  • 芝2400m:2.23.2 3着(0.2差・東京)

レコード結着の「宝塚記念」で3着に入ったが、その差は0.6差。

ワンターンのバリバリの高速決着は、G1などの頂上決戦になると不安。


デアリングタクトの重馬場適正

デアリングタクトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(1-1-0-0)
  • 不良(未)

道悪を切り裂いてくるパワーもある。

デアリングタクトの鉄砲実績(休み明け)

デアリングタクトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-3-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)

デアリングタクトの枠順適正

デアリングタクトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-1-1)
  • 5~9番(2-0-2-1)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

デアリングタクトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(2-1-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-1)

デアリングタクトの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-1-0)
  • 54キロ(2-0-0-1)
  • 55キロ(3-1-0-1)
  • 55.5キロ(0-0-1-0)
  • 56キロ(0-0-1-0)

デアリングタクトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~480キロ

デアリングタクトの血統背景

父は2013年の「菊花賞」、2014年の「JC」を勝ったエピファネイア(ロベルト系)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

近親にデアリングハート(クイーンC、府中牝馬S連覇、NHKマイルC2着)。

デアリングタクトのここまでの走り

19/11/16 2歳新馬 11頭立て

京都 芝1600m 良(内)

着順:1着(1.37.7 -0.2差)

騎手:松山弘平(54キロ)

五分のスタートで中団からの競馬。

直線は残り200mまで前が開かずに追い出しを待たされるが、前が開くと一気に抜け出して余裕のゴール。

ペースはスローだが、一瞬の脚、切れ味が光ったレース。

20/2/8 エルフィンS(2歳OP・L)12頭立て

京都 芝1600m 良(外)

着順:1着(1.33.6 -0.7差)

騎手:松山弘平(54キロ)

少し出遅れがあって後方からの競馬。

レースのラップは例年の同レースの良馬場平均を大きく上回るタフな展開。

4角も10番手の大外を回して直線へ。

直線を向くと大外から一気に追い込んで、残り200mを過ぎると後続を4馬身近く放して余裕のゴール。

ラップ的には残り3Fまでは同コースの古馬OPのラップ平均と遜色ない。

上りは35.1秒かかっていて、古馬OPのそれとは0.8秒ほど遅れるが、ゴール前はかなりの余裕があり、メイチで追っていればまだまだ上り時計は速かった可能性は高い。

デアリングタクト自身の上りは34.0秒。

展開が向いたとか、外差しが効いたとか、おそらくそんなレベルではない気がする。

ちょっと凄いのが出てきたんじゃないか?

2020/4/12 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)重 18頭

着順:1着(1.36.1・-0.2差)

騎手:松山弘平(55キロ)

道中は中団のやや後ろで脚を溜める。

直線で外に持ち出すと、前でやり合うスマイルカナとレシステンシアを猛追。

ゴール前、抜け出たレシステンシアを外から差し切ってゴール。

レースの上りが38.1秒なので、展開が向いたと言えないことはないが、それでもこの重馬場で後方から差し切ってくるのだから「豪脚」であることに間違いはない。

2020年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

20/5/24 オークス(G1)

東京 芝2400m 良

着順:1着(2.24.4・-0.1差)

騎手:松山弘平(55キロ)

2枠4番から、道中は中団の後ろ寄りのイン。

レースのペースは中だるみのスロー。

4角を13番手で直線に向き、外へと進路を取ろうとするが、なかなか出せない。

そんな折、内でぽっかりと進路が開くと、反応よくスッと抜け出す。

あとは追って追って、前で粘り込みを計るウインマイティー、ウインマリリンを豪快に差し切ってゴール。

デアリングタクトの末脚は上りメンバー最速の33.1。

前に行った馬が有利な展開で、一瞬の反応、豪快な末脚で2冠達成。

やはりモノが違う。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/10/18 秋華賞(G1)

京都 芝2000m(内)良

着順:1着(2.00.6・-0.2差)

騎手:松山弘平(55キロ)

序盤は中団の後ろあたり。

内に包まれないようにかなり馬場の外目を追走していた。

そして向正面からジワジワと順位を上げて行き、3角では8番手、4角では5番手の外で先団をすでに射程圏に入れていた。

あとはもう、外差しの効く馬場の外目を颯爽と駆け抜けただけ。

まさに安全運転の好騎乗。

2020年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

20/11/29 ジャパンカップ(G1)

東京 芝2400m 良

着順:3着(2.23.2・0.2差)

騎手:松山弘平(53キロ)

道中は中団の前。

4角は7番手で、各馬一斉に逃げるキセキめがけて追い出しにかかる。

デアリングタクトも上り3Fはコントレイルに次ぐ2番時計で追い上げたが、3着まで。

ひとまず、しっかり自身の力は出し切った。

2020年 ジャパンカップ(G1)のラップ分析&回顧

21/3/14 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 重 

着順:2着(2.01.8・クビ差)

騎手:松山弘平(55キロ)

道中は中団の外目。

4角は6番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目を追い上げてくるが、ギベオンの粘りにクビ差届かず2着。

斤量的に不利があったかもしれないが、そこは3冠馬、このような展開ならきっちり差し切っておきたかった。

ここは完敗と言っていいだろう。

今後の戦いにおいて、必ずしも抜けた存在ではないことは心得ておきたい。

2021年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

21/4/25 クイーンエリザベス2世カップ(G1)

沙田 芝2000m 良

着順:3着(2.01.4・0.2差)

騎手:松山弘平(55.5キロ)

7頭立ての小頭数。

1番枠から道中は中位のイン、3番手を追走。

先頭との差は2~3馬身。

4角も3番手で直線に向き、直線入口では先頭との差は1.5馬身ほど。

残り200mで逃げ粘るタイムワープを捉えたところで、外から追い込んで来たラヴズオンリーユーに交わされる。

しかしそのあとも必死に食い下がって行くが、ゴール前甘くなったところをグローリーヴェイズにも交わされて3着。

おそらくこれが今の実力。

 

(※ このあと右前脚の体部繋靱帯炎を発症し、全治9ヵ月の診断。)

 

22/5/15 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m

着順:6着(1.32.7・0.5差)

騎手:松山弘平(55キロ)

1枠1番から道中は中団の前目、ソダシの直後6番手の最内。

4角もソダシの直後、6番手の最内で直線に向くと、直線は馬場の内目から追い上げに入り、前に食らいつく格好で坂を上ってくる。

残り100mあたりまでは3着争いに加われてはいたが、ゴール前甘くなって6着まで。

当日の馬場は内が伸びず、このレースでも最後の直線は各馬内を開けて走っていた。

それらのことを考慮に入れれば、およそ1年ぶりの競馬としては、まずまずの走りではなかったか。

2022年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

22/6/26 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:3着(2.10.3・0.6差)

騎手:松山弘平(58キロ)

道中は中団のやや後ろ、10番手の外を追走。

3角あたりから順位を上げて、4角は8番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げに入り、坂の上りではまだ6番手あたりだったが、残り100mで急追し、前で粘るディープボンドをハナ差交わしてゴール。

道中外々を回りながら、4角も外目。

それでいてこの末脚はやはり3冠馬牝馬、大したもの。

レースの上り36.3秒の消耗戦もこの馬には向いた。

2022年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧

22/9/25 オールカマー(G2)

中山 芝2200m(外)良

着順:6着(2.13.7・1.0差)

騎手:松山弘平(54キロ)

【レース前寸評】

中山コースは初参戦だが、適正は合っていると思う。

このクラスなら勝ち切りたいところだが、今回、なかなか骨っぽい面子が揃った。

格の違いを示せるか?

【結果】

道中は中団の後ろ、11番手あたりを追走。

3角を過ぎて外を回して動きはじめ、4角は8番手の大外で直線に向き、直線は馬群の大外から追い上げを計るが、1.0差の6着まで。

外を回したのでは勝てない天候のコンディション。

ちょっと敗けすぎの感は否めないが、ノーカウントにしてもいいような気もする。

2022年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧