2020年6月6日【鳴尾記念】終了時点までのデータをもとに、パフォーマプロミスの好走パターンを分析。

パフォーマプロミスの距離適性

パフォーマプロミスはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-0-1-1)
  • 芝2000m(2-0-0-1)
  • 芝2200m(1-0-1-3)
  • 芝2400m(1-2-0-0)
  • 芝2500m(2-0-1-1)
  • 芝3200m(0-0-1-0)

好走レンジは意外と広そうだが、本質的には2400m前後が良さそう。

パフォーマプロミスの脚質

先団、もしくは中団の前目につけて、そのまま押し切るSP持続型。

上り時計はかかった方が持ち味は生かせる。

終いの脚もそこそこは出せるが、ガチのキレ味勝負になると後手を踏む。

パフォーマプロミスのコース適正

パフォーマプロミスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-2-1-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(2-0-0-1)
  • 京都(2-0-2-2)
  • 阪神(2-0-0-1)

2000m前後なら直線の長いコースよりも小回り、内回り。

パフォーマプロミスの持ち時計(ベストタイム)

パフォーマプロミスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.3 1着(クビ差・京都)
  • 芝2000m:1.59.8 6着(1.4差・中京)
  • 芝2200m:2.12.6 9着(1.0差・阪神)
  • 芝2400m:2.25.1 2着(クビ差・東京)
  • 芝2500m:2.29.8 3着(0.1差・東京)
  • 芝3200m:3.16.0 3着(1.0差・京都)

2000m前後では、高速結着はやや苦手。

パフォーマプロミスの重馬場適正

パフォーマプロミスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(0-1-0-1)

父・ステイゴールドと母父・タニノギムレットなので道悪は走りそうだが、この馬の場合、道悪や荒れ馬場になるとパフォーマンスを落としているような印象。

パフォーマプロミスの鉄砲実績(休み明け)

パフォーマプロミスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(4-1-2-1)

相当走る。

パフォーマプロミスの枠順適正

パフォーマプロミスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(4-1-1-1)
  • 5~9番(3-1-2-4)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(未)

パフォーマプロミスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-0-4)
  • 3~5月(春):(2-1-2-0)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-1-1-0)

パフォーマプロミスの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-0)
  • 55キロ(1-1-0-0)
  • 56キロ(4-1-1-0)
  • 57キロ(1-0-1-5)
  • 58キロ(0-0-1-1)

ちょっと気になるデータではある。

パフォーマプロミスの連対体重

  • 438~466キロ

パフォーマプロミスの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系)。

母の父は2002年のダービー馬、タニノギムレット(ロベルト系)。

パフォーマプロミスの近走

18/12/23 有馬記念(G1)

中山 芝2500m 稍重

着順:14着(2.33.7 1.5差)

騎手:C・デムーロ(57キロ)

位置取りは後ろ。

4角も12番手のまま、見せ場なし。

距離は問題ないはず。

過去に1600万条件ではこのコースで勝ってはいるが、このクラス、このペースでは対応できないのか?

19/2/10 京都記念(G2)

京都 芝2200m 良

着順:4着(2.14.9 0.1差)

騎手:福永祐一(57キロ)

先団3番手からの競馬。

ペースも緩く、前につけていれば勝ちパターンのはずだが、別定重量57キロが微妙に堪えたかも。

19/4/28 天皇賞(春)(G1)

京都 芝3200m 良

着順:3着(3.16.0 1.0差)

騎手:北村友一(58キロ)

例年の良馬場平均に比べて、中盤で緩む展開。

中団の前5~6番手で追走のパフォーマプロミスにとっては好走パターン。

直線では上位2頭には離されたが、エタリオウとの追い比べにはしっかり先着。

この距離でも前につければしぶといところを示した。

20/6/6 鳴尾記念(G3)

阪神 芝2000m 良

着順:1着(2.00.1・ハナ差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団。

3~4角で順位を上げて、4角では5番手の内。

直線では進路を外へ出して、ラヴズオンリーユーとの追い比べを制した。

レースの上りは36.3秒。

まさにこの馬の理想の展開。

パフォーマプロミスの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

距離はこれくらいが丁度良さそう。

休み明け、そして京都コースは抜群の安定感。

気になるのは週末の雨だけ。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析