キングストンボーイのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

キングストンボーイのここまでの走り

20/8/16 2歳新馬

札幌 芝1800m 良

着順:1着(1.53.0・クビ差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中は6頭立ての3~4番手。

4角3番手で直線に向くと、直線はヨレながらも先を行くナックイルシーブをクビ差捉えてゴール。

まだまだ幼い走りだが、能力だけで勝ち上がった感じ。

20/10/10 サウジアラビアRC(G3)

東京 芝1600m 不良 10頭

着順:5着(1.40.7・1.1差)

騎手:ルメール(55キロ)

出遅れて後方からになるが、道中押し上げて8番手あたりを追走。

4角も8番手で直線に向き、そこそこの脚で追い上げるが5着まで。

序盤に出遅れて脚を使った分、最後は甘くなったが止まってはいない。

道悪は走らないと決めつけてはダメ。

20/11/29 ベコニア賞(2歳1勝クラス)

東京 芝1600m 良 10頭

着順:1着(1.35.2・クビ差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団。

4角は4番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げて、残り200mで先頭に並びかけると、ゴール前追いすがるステラリアをクビ差凌いでゴール。

走破時計は平均的だが、自身の上りは33.6秒。

そこそこ良い脚は持っていそう。

キングストンボーイの脚質

中団あたりから終いを伸ばしてくる競馬。

終いの脚も確実に繰り出し、走り自体は安定感がある。


キングストンボーイの血統背景

父は2015年の「皐月賞」、「ダービー」を制したドゥラメンテ(ミスプロ系キングマンボ)。

母は2005年の「フェアリーS(G3・芝1400m)、「フィリーズレビュー(G2・芝1400m)」の勝馬ダイワパッション

母の父はフォーティナイナー(ミスプロ系)

フォーティナイナーは米国で走り、ダートG1を4勝。主戦場はダートの短距離、マイル、中距離。種牡馬としても優秀。

キングストンボーイの半兄には2018年の「皐月賞」馬、エポカドーロ(父はオルフェーブル)。


キングストンボーイの次走

次走は2月14日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「共同通信杯(G3)」。

ストロングポイントがあまりない代わりに、マイナスポイントもない。相手なりにそこそこ走ってはきそう。

 

その他、共同通信杯(G3)の出走馬を分析