エフフォーリアのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

エフフォーリアのここまでの走り

20/8/23 2歳新馬

札幌 芝2000m 良

着順:1着(2.03.3・-0.1差)

騎手:横山武史(54キロ)

道中は7頭立ての好位の3~4番手。

3~4角で順位を押し上げて4角は2番手で直線。

直線入口で早々に先頭に立ち、あとは押し切ってゴール。

タイムも上りも並。

平均的な勝ち上がり。

20/11/8 百日草特別 (2歳1勝C)

東京 芝2000m 良

着順:1着(2.02.3・-0.2差)

騎手:横山武史(55キロ)

道中は8頭立ての中位4番手。

中盤がかなりのスローで行きたがるのを騎手が抑えて追走。

4角も4番手で直線に向き、進路が開くとジワジワ加速。

残り200mで先頭に立つと、そこからもうひと伸びして快勝。

自身の上りは33.4秒。

道中かかり気味でこの上り。

500キロを超える馬体だけに、長い直線を一杯に使った加速が生きそう。

エフフォーリアの脚質

ここ2戦は、好位に取り付いて終いを伸ばしてくる競馬。

一瞬のキレと言うより、ストライド走法でジワジワと加速してくるタイプのよう。

広いコース、長い直線が合いそう。

エフフォーリアの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系)。

母の父はハーツクライ(サンデー系)。

エフフォーリアの次走

次走は2月14日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「共同通信杯(G3)」。

東京コースは合ってそう。

流れに乗れば終いが生きる。

 

その他、共同通信杯(G3)の出走馬を分析

 

 

【スポンサーリンク】