2020年5月31日【目黒記念】終了時点までのデータをもとに、キングオブコージの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

キングオブコージの距離適性

キングオブコージはこれまでに芝1400m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(1-2-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-0)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2500m(2-0-0-0)

適距離はおそらく2000m以上で、2500m前後がベストでは?

キングオブコージの脚質

前からでも後ろからでも競馬ができる自在性。

終いの脚もそこそこ鋭い。

キングオブコージのコース適正

キングオブコージの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-2)
  • 中山(2-0-0-0)
  • 京都(1-1-0-1)
  • 阪神(1-1-0-3)

キングオブコージの持ち時計(ベストタイム)

キングオブコージの1600m~2500m持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.5 2着(京都)
  • 芝1800m:1.48.2 9着(阪神)
  • 芝2000m:2.02.8 1着(京都)
  • 芝2200m:2.13.6 1着(中山)
  • 芝2500m:2.29.6 1着(東京)

2500mの時計は2020年「目黒記念」で計時、そこそこ速い。

キングオブコージの重馬場適正

キングオブコージの稍重も含めた道悪競馬の経験はまだない。

キングオブコージの枠順適正

キングオブコージの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-3)
  • 5~9番(4-1-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

キングオブコージは道中、そして最後の直線の位置取りが、馬場の内側を走っての好走が目立つ。

キングオブコージの鉄砲実績(休み明け)

キングオブコージの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

キングオブコージの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(1-1-0-2)
  • 56キロ(3-1-0-2)

キングオブコージの連対体重

  • 472~492キロ

キングオブコージの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父は2001年の「英ダービー」「愛ダービー」「キングジョージⅥ世&QEDS」を制したガリレオ(ND系サドラーズウェルズ)で、多くのG1ウイナーを排出する大種牡馬。

キングオブコージの評価

3歳まではマイル前後の距離を走って結果が出なかったが、4歳になって距離を延長、脚質を「先行」に転換したことで、1勝クラスからの3連勝を成し遂げた。

そして昇級初戦の「目黒記念(G2)」では、今度は締まったペースを後方からの追い込みで重賞初優勝を飾った。

中距離以上ではまだ底を見せていないことになる。

どこまでやれるのか、楽しみな一頭。

キングオブコージの近走

20/1/6 1勝クラス

京都 芝2000m(内)良 15頭

着順:1着(2.02.8・-0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

8枠14番から果敢に先手を取りに行く。

4角4番手の内から、直線も最内を突いて伸びて来る。

終始内々の経済コース、直線も最内と、鞍上の手腕が光ったレース。

20/3/7 潮来特別(2勝)

中山 芝2500m 良 9頭

着順:1着(2.34.7・-0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

今走もしっかりと2番手をキープ。

ゆったりとした展開を内ラチぴったりで追走。

直線も馬場の内目を追い出して、坂下で先頭に立つと、坂で後続を突き放した。

是が非でも「先手」「内ラチ」を徹底していたような印象。

20/4/4 湾岸S(3勝・ハンデ)

中山 芝2200m 良 17頭

着順:1着(2.13.6・-0.4差)

騎手:横山典弘(55キロ)

ここ2戦に比べると、位置取りは若干後ろ。

と言っても先団の4~5番手。

今走も中盤でペースが緩む展開。

4角は3番手の内で直線に向くと、またしても坂で先頭をあっさりと交わし去った。

これで3連勝でオープン昇格。

勝ち方は全て「好位抜け出し」の王道パターン。

この先、オープンクラスのペースへの対応が鍵。

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:1着(2.29.6・-0.1差)

騎手:横山典弘(54キロ)

今回は一転して道中は後方で脚を溜める。

4角も13番手で直線に向き、直線は馬群の真ん中から、進路が開くとスッと抜け出し、残り200mで先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

課題と思われたOPクラスのペースもなんのその。

ハンデの恩恵はあったものの、このクラスでも快勝。

今後の活躍にますます期待。

キングオブコージの次走

次走は10月11日 京都競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

斤量が3キロ増えて、初めて背負う57キロ。

相手関係もまた一枚強くなる。

ここでも勝ち負けするようなら、さらに先が見えて来るが、どうか。

 

その他、京都大賞典の出走馬を分析