2022年10月29日【スワンS】終了時点までのデータをもとに、キングオブコージの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

キングオブコージの距離適性

キングオブコージはこれまでに芝1400m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(1-2-0-2)
  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(1-0-0-2)
  • 芝2200m(2-0-0-2)
  • 芝2400m(0-0-1-0)
  • 芝2500m(2-0-0-0)

適距離はおそらく2000m以上で、道中のペースが速くなりにくい2500m前後がベストでは?

キングオブコージの脚質

脚質としては、前からでも後ろからでも競馬はできるが、時計が速くなったときの対応がどうか?

現時点では、道中の流れは速くならない方が戦いやすそう。

道中は余裕を持って追走ができて、上りもそこそこかかってくるとベター。

しかしこれは中距離での話。

2022年の「スワンS」では一気の距離短縮にしっかり対応しての0.2差の5着。

この距離なら、そこそこ流れても前々で勝負できそう。

キングオブコージのコース適正

キングオブコージの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-0-3)
  • 中山(3-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-1-1-1)
  • 阪神(1-1-0-6)

キングオブコージの持ち時計(ベストタイム)

キングオブコージの1600m~2500m持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.0 5着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.5 2着(京都)
  • 芝1800m:1.45.2 8着(東京)
  • 芝2000m:1.59.3 11着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.7 1着(中山)
  • 芝2400m:2.25.9 3着(京都)
  • 芝2500m:2.29.6 1着(東京)

速い時計はひとつもない。


キングオブコージの重馬場適正

キングオブコージの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

未勝利時はダートを試したことがあるほどでパワーはありそう。

道中のペースが緩くなり、上りも速くなりにくい道悪はプラスに出ると思うが。

キングオブコージの枠順適正

キングオブコージの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-3)
  • 5~9番(4-1-0-4)
  • 10~14番(1-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-1-1)

キングオブコージは道中、そして最後の直線の位置取りが、馬場の内側を走っての好走が目立つ。

キングオブコージの鉄砲実績(休み明け)

キングオブコージの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-2-1-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(3-0-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

キングオブコージの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(1-1-0-2)
  • 56キロ(4-1-0-3)
  • 57キロ(0-0-1-4)
  • 58キロ(0-0-0-1)

キングオブコージの連対体重

  • 472~496キロ

キングオブコージの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父は2001年の「英ダービー」「愛ダービー」「キングジョージⅥ世&QEDS」を制したガリレオ(ND系サドラーズウェルズ)で、多くのG1ウイナーを排出する大種牡馬。

キングオブコージの近走

20/1/6 1勝クラス

京都 芝2000m(内)良 15頭

着順:1着(2.02.8・-0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

8枠14番から果敢に先手を取りに行く。

4角4番手の内から、直線も最内を突いて伸びて来る。

終始内々の経済コース、直線も最内と、鞍上の手腕が光ったレース。

20/3/7 潮来特別(2勝)

中山 芝2500m 良 9頭

着順:1着(2.34.7・-0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

今走もしっかりと2番手をキープ。

ゆったりとした展開を内ラチぴったりで追走。

直線も馬場の内目を追い出して、坂下で先頭に立つと、坂で後続を突き放した。

是が非でも「先手」「内ラチ」を徹底していたような印象。

20/4/4 湾岸S(3勝・ハンデ)

中山 芝2200m 良 17頭

着順:1着(2.13.6・-0.4差)

騎手:横山典弘(55キロ)

ここ2戦に比べると、位置取りは若干後ろ。

と言っても先団の4~5番手。

今走も中盤でペースが緩む展開。

4角は3番手の内で直線に向くと、またしても坂で先頭をあっさりと交わし去った。

これで3連勝でオープン昇格。

勝ち方は全て「好位抜け出し」の王道パターンだがペースはいずれも緩い流れ。

この先、オープンクラスのペースへの対応が鍵。

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:1着(2.29.6・-0.1差)

騎手:横山典弘(54キロ)

今回は一転して道中は後方で脚を溜める。

4角も13番手で直線に向き、直線は馬群の真ん中から、進路が開くとスッと抜け出し、残り200mで先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

課題と思われたOPクラスのペースもなんのその。

ハンデの恩恵はあったものの、このクラスでも快勝。

今後の活躍にますます期待。

20/10/11 京都大賞典(G2)

京都 芝2400m(外)稍重

着順:3着(2.25.9・0.3差)

騎手:横山典弘(57キロ)

外枠17番から道中は中団の後ろ。

4角は12番手で直線に向き、直線は馬群の大外から追い上げて来るが、1馬身届かずの3着。

連勝は4で止まったが、階段を一つずつ上がっている感じで頼もしい走り。

どちらかと言えば叩き良化型。

次走と言うか、これから先に期待。

2020年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

(※ このあと右第1趾節種子骨々折が判明、長期休養に入る)。

 

21/9/26 オールカマー(G2)

中山 芝2200m 良

着順:9着(2.12.9・1.0差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は中団の後ろ、10番手の外を追走。

終始外々を回り、4角は中団8番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、伸びずバテずの9着まで。

終始外々を通った距離ロスはあっただろう。

1年ぶりの復帰戦を考えればまずまずの出来ではないか?

2021年 オールカマー(G2)のラップ分析&回顧

21/12/11 中日新聞杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:5着(2.00.1・クビ差)

騎手:横山典弘(57キロ)

外枠16番から、序盤大外を回してでも先団に取りついて行って、道中は3~4番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い上げに入り、坂を上ってなお先団で粘り、逃げるショウナンバルディを追うが、ゴール前、やや甘くなっての5着。

外枠から序盤に脚を使った分、最後が甘くなったか?

ただ、調子は確実に良化している印象。

2021年 中日新聞杯(G3)のラップ分析&回顧

22/1/23 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 良

着順:1着(2.12.7・-0.2差)

騎手:横山典弘(56キロ)

スタート出遅れるも、道中は後方13番手で脚を溜め、3角過ぎから馬群の外目から進出開始。

4角8番手の外を回して直線に向くと、直線は馬場の良い外目から追い出しにかかり、坂の上りで抜け出してゴール。

最初から外差し馬場を意識していたような完璧な騎乗。

馬も骨折明け3戦目で見事な勝利。

2022年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

22/4/3 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)

着順:11着(1.59.3・0.9差)

騎手:横山典弘(57キロ)

出遅れて道中は最後方近くの15番手を追走。

4角も後方14番手の大外で直線に向くが、3~4頭交わすのが精一杯。

位置取りの問題もあるが、この馬にとっては道中のペースが忙しすぎたのかも。

2022年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

22/6/26 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:17着(2.15.5・5.8差)

騎手:横山典弘(58キロ)

スタート出遅れて道中は後方15番手。

4角は14番手で直線に向くが、直線入口では早くも一杯かげん。

まだこのクラスでは厳しい。

2022年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧

22/10/9 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:8着(1.45.2・1.1差)

騎手:横山武史(57キロ)

【レース前寸評】

開幕週の東京コースに、久々の1800m。

ちょっと適性が合わないように思う。

【結果】

道中は先団3番手。

4角も3番手で直線に向くが、直線では坂の上りで他馬の追い上げに抵抗できずに馬群に沈んだ。

この流れではきつかっただろうが、まだ前々で競馬が出来た分、今後に向けては良かったのではないか。

2022年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

22/10/29 スワンS(G2)

阪神 芝1400m(内)良

着順:5着(1.20. 0・0.2差)

騎手:浜中俊(57キロ)

【レース前寸評】

中2週で大幅な距離短縮。

刺激策か何かか?

【結果】

道中は中団の前、7番手の最内。

4角は5番手の内から直線は外へと進路を取って追い上げに入り、なかなかしぶとい末脚で最後まで2着争いに参加したが、2着には僅差の5着。

上位勢の中では斤量は一番重い57キロ。

一気の距離短縮にもしっかり対応。

今後の距離選択にも目処が立った感じ。

刺激策ではなかった。

2022年 スワンS(G2)のラップ分析&回顧