2020年5月31日【目黒記念】終了時点までのデータをもとに、オセアグレイトの好走パターンを分析。

オセアグレイトの距離適性

オセアグレイトはこれまでに芝2000m~芝3400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-1-0-1)
  • 芝2200m(1-0-0-2)
  • 芝2400m(2-1-1-1)
  • 芝2500m(0-0-0-1)
  • 芝2600m(1-0-0-0)
  • 芝3400m(0-0-1-0)

2400m以上での好走が目立つ。

距離は長ければ長いほど良いタイプのように思う。

オセアグレイトの脚質

先行力があり、先行して押し切るかたちがベスト。

道中の追走速度が速くなった場合に、そのスピードを最後まで持続できるか否かのスピード持続力の強化が今後の課題。

スタミナ、パワーは相当ある

オセアグレイトのコース適正

オセアグレイトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-0)
  • 東京(2-1-2-2)
  • 中山(1-1-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)

今後の課題は関西圏への長距離輸送か。

オセアグレイトの持ち時計(ベストタイム)

オセアグレイトの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.02.6 2着(中山)
  • 芝2200m:2.13.1 14着(中山)
  • 芝2400m:2.26.0 1着(東京)
  • 芝2500m:2.30.2 6着(東京)
  • 芝2600m:2.40.2 1着(福島)
  • 芝3400m:3.32.0 3着(東京)

現状では、スピード勝負に長けているとは言い難い。

オセアグレイトの重馬場適正

オセアグレイトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(1-0-0-0)

重での負けは2019年の「セントライト記念(G2)」。

これは重症初挑戦でペースに対応しきれなかった可能性が高い。

馬場が敗因ではないはず。

オセアグレイトの鉄砲実績(休み明け)

オセアグレイトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

オセアグレイトの血統背景

父はオルフェーブル(サンデーサイレンス系)、母はブルーダヌーブ、その父がバーリ(ナスルーラ系ネヴァーベント)、その父はリヴァーマン(ナスルーラ系ネヴァーベント)。

5代血統内のクロスは;

  • ノーザンテースト 4+5(父方)
  • ノーザンダンサー 5 × 4+5

オルフェーブル、リヴァーマンの系統から推測すると、適距離はやはり長目ということになるが・・・。

オセアグレイトの評価

かなりの能力を秘めていそうな長距離砲。

これからの成長次第では「化ける」可能性も秘めている。

オセアグレイトの近走

20/1/11 迎春S(3勝)

中山 芝2200m 良 13頭

着順:1着(2.14.4・-0.4差)

騎手:野中悠太郎(56キロ)

道中は緩いラップの中、先団の後ろ5番手で追走。

直線では坂下で先頭に立ち、そのまま坂で後続を突き放してゴール。

ペースも緩く、時計も平凡だが、勝ち方は好位抜け出しの完勝。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良 16頭

着順:3着(3.32.0・0.8差)

騎手:野中悠太郎(54キロ)

道中は4番手での追走になったが、レースは中盤あたりからかなり速いラップを刻む。

直線は残り400m地点で先頭に立つが、残り200mでミライヘノツバサ、メイショウテンゲンに交わされる。

上位2頭は後ろからの追い込み組。

道中前にいた組では、オセアグレイトが唯一の掲示板。

上り38.1秒の消耗戦を、前にいて3位に粘ったのは大健闘。

スタミナ、底力はかなりのもの。

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:5着(2.26.0・0.2差)

騎手:野中悠太郎(56キロ)

道中は超スローの展開の中、位置取りが内に閉じ込められる感じで、中団から後方へジリジリと順位を下げてしまう。

直線は残り400mで満を持して外へ持ち出して追い上げるが、時すでに遅し。

上りはメンバー最速の33.3秒だが、0.2差に詰め寄るのが精一杯。

先行力があるのだから、どうしてもっと積極的な競馬ができないのか?

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良 18頭

着順:6着(2.30.2・0.6差)

騎手:ルメール(55キロ)

外枠16番から道中は先団の後ろあたり。

直線は残り300mで先頭に立つが、残り200mを過ぎてやや一杯になった感じ。

それでも6着に踏みとどまったのは評価できる。

外枠からのスタートで先団に取り付いて、終始外々を回ったのも影響したと思う。

内容としては決して悪くない。

オセアグレイトの次走

次走の予定は福島競馬場、芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

2000mの距離は「未勝利戦」以来となる。

この馬の適距離は長目だと思っているので、この距離短縮は積極的には狙い辛い。