2021年5月2日【天皇賞(春)】終了時点までのデータをもとに、オセアグレイトの好走パターンを分析。

オセアグレイトの距離適性

オセアグレイトはこれまでに芝2000m~芝3600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-1-0-2)
  • 芝2200m(1-0-0-2)
  • 芝2400m(2-1-1-1)
  • 芝2500m(0-0-0-4)
  • 芝2600m(1-0-0-0)
  • 芝3200m(0-0-0-1)
  • 芝3400m(0-0-1-0)
  • 芝3600m(1-0-0-0)

2400m以上での好走が目立つ。

距離は長ければ長いほど良いタイプだが、締まった流れになると脆い。

オセアグレイトの脚質

先行力があり、先行して押し切るかたちがベスト。

長い距離を走り切るスタミナは十分に持っているが、スピードを持続する力はさほどない。

スローペースの前残り、もしくはバテバテの消耗戦での粘り込み。

オセアグレイトのコース適正

オセアグレイトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-0-0-1)
  • 東京(2-1-2-3)
  • 中山(2-1-0-3)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

今後の課題は関西圏への長距離輸送か。

オセアグレイトの持ち時計(ベストタイム)

オセアグレイトの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.02.6 2着(中山)
  • 芝2200m:2.13.1 14着(中山)
  • 芝2400m:2.26.0 1着(東京)
  • 芝2500m:2.30.2 6着(東京)
  • 芝2600m:2.40.2 1着(福島)
  • 芝3200m:3.17.5 13着(阪神)
  • 芝3400m:3.32.0 3着(東京)
  • 芝3600m:3.52.0 1着(中山)

スピード勝負には向かない。

オセアグレイトの重馬場適正

オセアグレイトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

不良馬場は「1勝クラス」で、3歳馬53キロの恩恵もあった。

重馬場ではともに大敗しているところをみると、道悪は苦手なのかもしれない。


オセアグレイトの鉄砲実績(休み明け)

オセアグレイトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-2)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

オセアグレイトの枠順適正

オセアグレイトの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-2-2)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(1-1-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-4)

先行押し切りが好走パターンだけに、枠順は内目が欲しい。

オセアグレイトの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-2-2)
  • 3~5月(春):(1-2-0-5)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

オセアグレイトの斤量別着度数

  • 53キロ(2-0-0-1)
  • 54キロ(1-2-1-0)
  • 55キロ(0-0-0-3)
  • 56キロ(2-0-1-3)
  • 57キロ(0-0-0-2)
  • 58キロ(0-0-0-1)

オセアグレイトの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~496キロ

オセアグレイトの血統背景

父はオルフェーブル(サンデーサイレンス系/牡馬3冠、有馬記念2種勝、宝塚記念、凱旋門賞2着)。

母の父がバーリ(ナスルーラ系ネヴァーベント)。

バーリは欧州で走り、芝のG1を2勝、距離はいずれも芝8F(約1600m)。

4代母マルガレーゼンからのファミリーは、凱旋門賞を連覇したトレヴ、G1・9勝のトリプティクを輩出している欧州の名門牝系。

日本ではディーマジェスティ(皐月賞、ダービー3着)、タワーオブロンドン(スプリンターズS)が近親。

オセアグレイトの近走

20/1/11 迎春S(3勝)

中山 芝2200m 良 13頭

着順:1着(2.14.4・-0.4差)

騎手:野中悠太郎(56キロ)

道中は緩いラップの中、先団の後ろ5番手で追走。

直線では坂下で先頭に立ち、そのまま坂で後続を突き放してゴール。

ペースも緩く、時計も平凡だが、勝ち方は好位抜け出しの完勝。

20/2/22 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京 芝3400m 良 16頭

着順:3着(3.32.0・0.8差)

騎手:野中悠太郎(54キロ)

道中は4番手での追走になったが、レースは中盤あたりからかなり速いラップを刻む。

直線は残り400m地点で先頭に立つが、残り200mでミライヘノツバサ、メイショウテンゲンに交わされる。

上位2頭は後ろからの追い込み組。

道中前にいた組では、オセアグレイトが唯一の掲示板。

上り38.1秒の消耗戦を、前にいて3位に粘ったのは大健闘。

スタミナ、底力はかなりのもの。

20/5/9 メトロポリタンS(L)

東京 芝2400m 良 11頭

着順:5着(2.26.0・0.2差)

騎手:野中悠太郎(56キロ)

道中は超スローの展開の中、位置取りが内に閉じ込められる感じで、中団から後方へジリジリと順位を下げてしまう。

直線は残り400mで満を持して外へ持ち出して追い上げるが、時すでに遅し。

上りはメンバー最速の33.3秒だが、0.2差に詰め寄るのが精一杯。

先行力があるのだから、どうしてもっと積極的な競馬ができないのか?

20/5/31 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良 18頭

着順:6着(2.30.2・0.6差)

騎手:ルメール(55キロ)

外枠16番から道中は先団の後ろあたり。

直線は残り300mで先頭に立つが、残り200mを過ぎてやや一杯になった感じ。

それでも6着に踏みとどまったのは評価できる。

外枠からのスタートで先団に取り付いて、終始外々を回ったのも影響したと思う。

内容としては決して悪くない。

2020年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

20/7/12 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 重

着順:12着(2.03.9・1.4差)

騎手:野中悠太(55キロ)

外枠14番から道中は中団の外目。

終始外々を回りながら4角も9番手の外。

直線は追い上げるどころか、順位を落として12着。

外々を回った距離損は関係ないと思う。

やはりこの馬、道悪は良くないのでは?

2020年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

20/11/8 アルゼンチン共和国杯(G2)

東京 芝2500m 良

着順:11着(2.32.8・1.2差)

騎手:三浦皇成(55キロ)

道中は2番手追走。

4角も2番手から粘り込みを計るが、直線では伸びあぐねた。

中だるみの展開で、直線では切れ味を求められた分厳しくなった。

2020年 アルゼンチン共和国杯(G2)のラップ分析&回顧

20/12/5 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 稍重

着順:1着(3.52.0・アタマ差)

騎手:横山典弘(56キロ)

道中は3番手。

4角3番手から、直線は逃げ粘るダガノディアマンテゴール前ギリギリのところで捉えて差し切った。

距離は長ければ長いほど良い馬。持ち前の先行力が生きたレース。

上りがかからないと厳しいかと思っていたが、それ以前の問題だった。

2020年 ステイヤーズS(G2)のラップ分析&回顧

20/12/27 有馬記念(G1)

中山 芝2500m 良

着順:9着(2.35.9・0.9差)

騎手:横山典弘(57キロ)

外枠15番から先手が取れずに道中は中団6~7番手の外。

3~4角では内にもぐり込んで、4角は8番手の内。

直線も馬場の内目から追い上げてくるが、末脚勝負では伸びを欠いた。

外枠から好位を取れなかったのも響いたが、前走「ステイヤーズS」からの中2週も微妙に影響していたのだろう。

2020年 有馬記念(G1)のラップ分析&回顧

21/3/27 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良

着順:6着(2.33.9・0.6差)

騎手:横山典弘(57キロ)

序盤は中団あたりからになったが、中盤押し上げて先団の3番手あたりに取り付く。

4角も4番手で直線に向き、粘り強くは走っているが、キレが足りずに6着まで。

中盤で脚を使った分、最後の伸びに響いたか?

2021年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

21/5/2 天皇賞(春)(G1)

阪神 芝3200m(外⇒内)良

着順:13着(3.17.5・2.8差)

騎手:横山典弘(58キロ)

外枠15番から道中は最後方。

4角は順位を少し上げて、11番手の外で直線に向くが、良い脚は出せず。

ここは力の差は歴然。

2021年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

次走、京都大賞典(G2)に向けて

次走は10月10日(日)、阪神競馬場 芝2400m(外)で行われる「京都大賞典(G2)」。

よほど緩い流れになったときの前残りぐらいが、あるかないか。

 

⇒その他、2021・京都大賞典(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)