2020年9月27日【神戸新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、マンオブスピリットの好走パターンを分析。

マンオブスピリットの距離適性

マンオブスピリットはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-0-0-0)
  • 芝2200m(0-1-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

距離はそこそこ持ちそう。

マンオブスピリットの脚質

中団、後方で溜めて、終いで差す競馬で力が出せる。

ペースが速くても終いはブレないが、キレ味は中程度。

軽い馬場、長い直線での瞬発力勝負ではどうか?

マンオブスピリットのコース適正

マンオブスピリットの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-1-0-1)

現状では、左回りは内にもたれる。

マンオブスピリットの持ち時計(ベストタイム)

マンオブスピリットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.38.0 5着(京都)
  • 芝1800m:1.48.8 1着(京都)
  • 芝2200m:2.11.7 2着(京都)
  • 芝2400m:2.26.0 16着(東京)

高速馬場には苦戦しそう。

マンオブスピリットの重馬場適正

マンオブスピリットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪は走る。

マンオブスピリットの鉄砲実績(休み明け)

マンオブスピリットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

マンオブスピリットの枠順適正

マンオブスピリットの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-2)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

マンオブスピリットの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

マンオブスピリットの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(1-1-0-1)
  • 57キロ(0-0-0-1)

マンオブスピリットの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~490キロ

マンオブスピリットの血統背景

父は2012年の「クイーンエリザベス2世カップ(G1・芝2000m)」を制したルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はサンデーサイレンス。

マンオブスピリットの近走

19/11/17 2歳未勝利

京都 芝1800m(外)良 12頭

着順:1着(1.48.8・-0.3差)

騎手:スミヨン(55キロ)

道中は中団で脚を溜めて、直線は外に出して鋭く伸びた。

時計は平凡だが、決め手のあるところを示した。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/2/22 つばき賞(3歳・1勝)

京都 芝1800m(外)重 8頭

着順:1着(1.51.9・-0.1差)

騎手:ルメール(56キロ)

8Rまで雨が降り続いていて、馬場はかなり緩い状態。

マンオブスピリットは道中は最後方で脚を溜め、4角も最後方から直線。

直線は馬場の外目からジワジワと先頭との距離を詰めて行き、ゴール前きっちりと先頭を捉えてゴール。

道中のラップはかなりゆるかったが、緩い馬場を考慮に入れると、道中は重馬場なりの平均ペースと言った感じ。

【期待される能力】

  • 道悪適正

20/5/9 京都新聞杯(G2)

京都 芝2200m(外)良 13頭

着順:2着(2.11.7・クビ差)

騎手:北村友一(56キロ)

道中は中団の後ろあたり。

逃げ馬が大逃げを打つ展開ながら、レース後半は後続もそれなりに脚を使う展開となった。

マンオブスピリットも3~4角で先頭との距離を詰め、4角8番手で直線。

直線は馬場の外目から追い上げ開始。

残り200mからはディープボンドとの追い比べ。

ゴール前まで食い下がるが、クビ差及ばずの2着。

上りは最速35.1秒を計時しているが、前にいたディープボンドを捉えきれなかったのは少し物足りない印象。

鞍上いわく、まだまだ緩さを感じる状態。

これからの成長に期待。

2020年 京都新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

20/5/31 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:16着(2.26.1・1.9差)

騎手:北村友一(57キロ)

道中は最後方。直線も脚は使えず。

まだまだこのクラスでは戦えない。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/9/27 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:9着(2.13.5・1.0差)

騎手:M・デムーロ(56キロ)

道中は離れた最後方。

3角過ぎから徐々にその差を詰めて行き、4角は16番手の外。

直線は内に刺さる面を見せてはいるが、それなりに追い上げて9着に入った。

3角あたりから比較的長い脚を使っていて、それでいて終いもバテてはいない。

そう悲観する内容ではないような気はする。

2020年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

マンオブスピリットの次走

次走は10月25日、京都競馬場 芝3000m(外)で行われる「菊花賞(G1)」。

右回りなら軽視は禁物。

勝ち負けはないにしても、上位入線の可能性はある。

 

その他、菊花賞の出走馬を分析