2020年3月15日【東風S】終了時点までのデータをもとに、カツジの好走パターンを分析。

カツジの距離適性

カツジはこれまでに芝1600m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-1-1-6)
  • 芝1800m(0-0-0-2)

ベストは1600mだが、1600mでもダメな時はさっぱり。

1800mもまったくダメということはないと思うが。

カツジの脚質

道中脚を溜めて、終いを生かす競馬。

しかし気性的に相当うるさい馬で出遅れも多発。

なので、すんなりとは行かない。

カツジのコース適正

カツジの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(1-0-0-3)
  • 京都(1-1-1-3)

東京ではいいところがないが、これは左回り云々ではないと思う。

基本的にスタート五分で、気分良く走れるか否か。

カツジの持ち時計(ベストタイム)

カツジの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.6 11着(中山)
  • 芝1800m:1.46.8 12着(東京)

持ち時計のデータもあまりアテにはならない。

カツジの重馬場適正

カツジの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-0-0-0)

パワーはありそうなので道悪はこなすと思うが、それ以外のところでうまくかみ合わなければ道悪でも走らないだろう。

カツジの枠順適正

出遅れが多いので、せめて内枠で保険をかけたい。

カツジの鉄砲実績(休み明け)

カツジの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

3鞍のうち2鞍が1800mでのものなので、まだ休み明けが悪いとは言い切れない。

カツジの評価

とにかく気性的に相当うるさい馬。

力はあるとは思うが、まったくアテにできない。

しかし、いつ何時気分が晴れて飛んで来るとも限らないので、人気薄の場合は要注意。

カツジの次走

次走は中山競馬場 芝1600mで行われる「ダービー卿チャレンジT(G3)」。

まったくアテに出来ないが、無視すると痛い目に遭う可能性も高い。