2020年10月31日【スワンS】終了時点までのデータをもとに、カツジの好走パターンを分析。

カツジの距離適性

カツジはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-1)
  • 芝1400m(1-0-0-0)
  • 芝1600m(2-1-1-8)
  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

ベストは2018年の「ニュージーランドT(G2)」も勝っていることから、1600mで間違いないだろうが、1600mでもダメな時はさっぱり。

1800mもまったくダメということはないと思うが・・・。

カツジの脚質

基本的には道中脚を溜めて、終いを生かす競馬。

しかし気性的に相当うるさい馬で出遅れも多発。

なので、すんなりとは行かない。

また、過去に好走しているレースも、緩い流れのものが多い。

カツジのコース適正

カツジの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(1-0-0-4)
  • 京都(2-1-1-4)
  • 阪神(0-0-0-1)

東京ではいいところがないが、これは左回り云々ではないと思う。

コース云々より、まずはスタート五分で、気分良く走れるか否か。

カツジの持ち時計(ベストタイム)

カツジの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.8 9着(京都)
  • 芝1400m:1.21.2 1着(京都)
  • 芝1600m:1.32.6 11着(中山)
  • 芝1800m:1.46.8 12着(東京)
  • 芝2000m:1.59.8 10着(新潟)

持ち時計のデータもあまりアテにはならないが、高速決着には向かないだろう。

カツジの重馬場適正

カツジの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-0-0-1)

パワーはありそうなので道悪はこなすと思うが、それ以外のところでうまくかみ合わなければ道悪でも同じこと。

カツジの枠順適正

カツジの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-3)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(0-0-1-4)
  • 15~18番(0-0-0-3)

出遅れが多いので、外枠での出遅れは致命傷になりかねない。

カツジの鉄砲実績(休み明け)

カツジの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-3)
  • 4戦目(0-0-1-1)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

カツジの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-6)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(2-1-0-3)

カツジの斤量別着度数

  • 55キロ(1-1-0-1)
  • 56キロ(2-0-0-6)
  • 57キロ(0-0-1-5)

カツジの好走体重

3着以内の体重は;

  • 472~500キロ

カツジの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母はメリッサ。

メリッサは中央競馬で走り、2010年の「北九州記念(G3・芝1200m)」に勝利。

母の父はホワイトマズル(ND系リファール)。

ホワイトマズルは主に欧州で走り、芝の2400m前後の距離で活躍。

主な産駒にアサクサキングス(菊花賞)、イングランディーレ(天皇賞(春))、スマイルトゥモロー(オークス)など。

カツジの前走

20/10/31 スワンS(G2)

京都 芝1400m 良

着順:1着(1.21.2・-0.2差/11番人気)

騎手:岩田康誠(56キロ)

2枠4番からハナを切り、道中は比較的馬場の内目を走っていたにも関わらず、直線では脚は上がらずに、そのまま押し切ってゴールした。

パワーはある馬なので、内目の荒れた馬場を走ること自体は何の問題もなく、緩いペースを利してしっかりと逃げ切った。

出遅れの多いムラ馬が、スタートをしっかり出て、緩い流れで最後まで気分よく走れたのが何よりの勝因だろう。

2020年 スワンS(G2)のラップ分析&回顧

カツジの次走

次走は11月22日、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイルCS(G1)」。

ここでは出番はないだろう。

 

その他、マイルチャンピオンシップの出走馬を分析