2022年11月20日【マイルCS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ジャスティンカフェの好走パターンを分析。

ジャスティンカフェの距離適性

ジャスティンカフェはこれまでに芝1600m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(4-2-1-2)
  • 芝1800m(0-2-0-1)

マイルの距離で安定。

中距離も大丈夫そうだが、実績は千八まで。

ジャスティンカフェの脚質

中団、後方で脚を溜めて、終いの脚を生かす競馬。

終いの脚は相当キレそう。

ジャスティンカフェのコース適正

ジャスティンカフェの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-1-1-1)
  • 中山(未)
  • 中京(2-2-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-1-0-2)
  • 小倉(未)

現状ではコースによる巧拙は認められない。

ジャスティンカフェの持ち時計(ベストタイム)

ジャスティンカフェの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.3 1着(東京)
  • 芝1800m:1.44.2 2着(東京)

ある程度速い時計には対応できそう。

ジャスティンカフェの重馬場適正

ジャスティンカフェの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

不良での勝ち鞍は「新馬戦」。

道悪自体は苦にしないが、脚質的に馬場が悪くなると末脚を削がれる。


ジャスティンカフェの鉄砲実績(休み明け)

ジャスティンカフェの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-1)

ジャスティンカフェのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-2-1-3)
  • 中6~8週(2-1-0-0)

ジャスティンカフェの枠順適正

ジャスティンカフェの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-0)
  • 5~9番(2-2-1-1)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ジャスティンカフェの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-4-1-2)
  • 57キロ(2-0-0-1)

ジャスティンカフェの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-0)
  • 3~5月(春):(2-1-1-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-1)

ジャスティンカフェの好走体重

3着以内の体重は;

  • 482~498キロ

ジャスティンカフェの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ、日本ダービー2着、皐月賞2着)。

母の父はワークフォース(ミスプロ系キングマンボ)。

ワークフォースは英国で走り、「凱旋門賞」他、芝のG1を2勝。主要距離は芝の2000~2400m。

母方の5代前、サワーオレンジを祖とする牝系は、多くの重賞好走馬を輩出する名門牝系。

このファミリーにはシャダイアイバー(オークス)、エアジハード(安田記念、マイルCS)、プレシャスカフェ(CBC賞、シルクロードS)、ユールシンギング(セントライト記念、新潟大賞典)など。

ジャスティンカフェの近走

22/6/12 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 重

着順:4着(1.46.8・0.1差)

騎手:横山典弘(56キロ)

【レース前寸評】

重賞でも同じような脚を繰り出せるかどうかだが、今回の面子を見渡す限り、勝ち負けまで行きそうな感じ。

不安要素があるとすれば、馬場が渋ってどうか?

【結果】

道中は最後方12番手を追走。

4角も12番手で直線に向き、直線は馬群の最内にもぐり込んでの追い出し。

良い脚で伸びてはくるが4着まで。

最後の直線は馬群の最内とは言っても、通常なら外目の位置。

それでも追い込めなかったのは、馬場より展開。

スローの前残りで、最後方からでは厳しかったのだろう。

2022年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

22/10/9 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:2着(1.44.2・0.1差)

騎手:福永祐一(56キロ)

【レース前寸評】

届くか届かないかで、際どい競馬はしてくるだろう。

道中の位置取りが重要ポイント。

【結果】

道中は後方9番手を追走。

4角も後方8番手の外目で直線に向くと、直線は馬群の大外から徐々に差を詰めて行き、坂のを上りきって一気に先頭に立ち、そのまま押し切るかに見えたが、ゴール前、サリオスに内をすくわれての2着。

小頭数だけに、位置取りは気にならなかった。

この馬としては完璧な競馬だっただろう。

勝った馬が強すぎた。

2022年 毎日王冠(G2)のラップ分析&回顧

22/11/20 マイルCS(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:6着(1.32.9・0.4差)

騎手:福永祐一(57キロ)

【レース前寸評】

OP昇格後初めて、ベストの1600mに戻してのG1初挑戦。

確実な末脚を武器に、面白い一頭だと思う。

【結果】

道中は後方215番手から、4角も15番手の内で直線に向き、直線は内を突いて追い上げにかかるが、ここからと言うところで進路が塞がる不利。

残り100mで前が開いて追い上げてはくるが、時すでに遅し。

スムーズなら2、3着はあっただろうが、道中の位置取りがもう少し前になってこないと、このクラスでは安定感に欠ける。

2022年 マイルCS(G1)のラップ分析&回顧