2022年4月10日【春雷S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヴェントヴォーチェの好走パターンを分析。

ヴェントヴォーチェの距離適性

ヴェントヴォーチェはこれまでに芝1000m~芝1200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(1-0-0-0)
  • 芝1200m(4-1-1-2)

短いところだけにしか使われていないが、「春雷S」の走りを見る限り、まだ1~2F伸びても大丈夫そう。

ヴェントヴォーチェの脚質

好位抜け出しの競馬で強さを発揮。

SP持続型の馬だろう。

これまでの競馬で掲示板を外したことのない安定感がウリ。

前走「春雷S」では中山千二のレコードに0.1秒迫る圧勝。

脚部不安でここまで時間はかかったが、短距離ではこの先楽しみな一頭。

ヴェントヴォーチェのコース適正

ヴェントヴォーチェの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 福島(1-1-1-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(未)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-0-1)

特にコースによる巧拙はなさそう。

ヴェントヴォーチェの持ち時計(ベストタイム)

ヴェントヴォーチェの持ち時計は次の通り;

  • 芝1000m:0.55.1 1着(新潟)
  • 芝1200m:1.06.8 1着(中山)

千二の時計はロードカナロアの持つ1.06.7に0.1秒迫る時計。

スピード勝負は問題なさそう。

ヴェントヴォーチェの重馬場適正

ヴェントヴォーチェの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪は問題なさそう。


ヴェントヴォーチェの鉄砲実績(休み明け)

ヴェントヴォーチェの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(3-0-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ヴェントヴォーチェのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-0)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

ヴェントヴォーチェの枠順適正

ヴェントヴォーチェの馬番別着度数は;

  • 1~4番(未)
  • 5~9番(1-0-1-0)
  • 10~14番(2-1-0-2)
  • 15~18番(1-0-0-0)

前々で競馬をする馬だが、外枠からでも前に行けるテンのスピード。

ヴェントヴォーチェの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(2-0-0-1)
  • 56キロ(0-1-0-1)
  • 57キロ(1-0-1-0)

ヴェントヴォーチェの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-0)
  • 6~8月(夏):(2-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

ヴェントヴォーチェの好走体重

3着以内の体重は;

  • 496~528キロ

ヴェントヴォーチェの血統背景

父はタートルボウル(ノーザンダンサー系)。

タートルボウルは欧州で走り、マイルG1を1勝。

母の父はディスタントヴュー(ミスプロ系)

ディスタントヴューは欧州で走り、芝のマイルG1を1勝。

中央競馬のキーンランドスワン(シルクロードS、阪急杯)はこの馬の産駒。

次走、函館スプリントS(G3)に向けて

次走は6月12日(日)、函館競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

満を持して重賞初挑戦。

ここは期待できそう。

 

⇒その他、函館スプリントS(G3)の出走馬を分析