2022年5月14日【都大路S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、パトリックの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

パトリックの距離適性

パトリックはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-2-6)
  • 芝2000m(2-2-4-5)
  • 芝2200m(1-0-1-2)
  • 芝2600m(0-0-0-1)

ベストは中距離。

パトリックの脚質

後方からの追い込みが主な脚質。

スタートの遅い馬なので、自ずとポジションは後ろ寄りになる。

しかし、終いの脚は確実に繰り出してくるので、馬券圏内には入れなくても、毎回掲示板そこそこの競馬はしてくる。

あとは展開頼み。

ペースは速いよりも緩い方がよく、時計もかかった方がよく、上りもかかった方がいいのは当然。

道悪が稍重も含めて(3-1-4-1)。

緩い馬場では要警戒。

パトリックのコース適正

パトリックの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(2-0-1-5)
  • 京都(2-3-4-3)
  • 阪神(0-0-2-6)
  • 小倉(0-0-1-0)

京都コースは好きそう。

パトリックの持ち時計(ベストタイム)

パトリックの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.8 4着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.0 7着(京都)
  • 芝2200m:2.12.9 8着(中京)

時計の速い結着は不向き。

パトリックの重馬場適正

パトリックの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(3-1-2-0)
  • 重(0-0-2-1)
  • 不良(未)

重馬場の6着も0.2差。

道悪は走る。


パトリックの鉄砲実績(休み明け)

パトリックの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-4-2)
  • 3戦目(0-0-0-4)
  • 4戦目(0-1-1-0)
  • 5戦目~(2-1-0-5)

パトリックのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-3-7)
  • 中3~5週(0-1-3-3)
  • 中6~8週(0-1-0-1)

パトリックの枠順適正

パトリックの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-3-5)
  • 5~9番(3-1-2-5)
  • 10~14番(0-1-2-4)
  • 15~18番(未)

パトリックの頭数別着度数

パトリックの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(0-0-2-1)
  • 9~13頭(4-2-4-10)
  • 14頭以上(0-1-1-3)

後ろからの競馬になることが多いので、多頭数では届かない。

パトリックの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-1-2)
  • 55キロ(0-1-1-5)
  • 56キロ(2-2-1-3)
  • 57キロ(2-0-4-4)

パトリックの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(4-2-1-2)
  • 3~5月(春):(0-0-2-6)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-4-5)

パトリックの好走体重

3着以内の体重は;

  • 460~488キロ

パトリックの血統背景

父はワークフォース(ミスプロ系キングマンボ)。

ワークフォースは英国で走り、「凱旋門賞」他、芝のG1を2勝。主要距離は芝の2000~2400m。

国内での代表産駒はディバインフォース(ステイヤーズS)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母方の4代前・Katies(ケイティーズ)を祖とする牝系は、ヒシアマゾン(阪神3歳S、エリザベス女王杯)、アドマイヤムーン(ドバイデューティーフリー、宝塚記念、ジャパンカップ)、スリープレスナイト(スプリンターズS)といったG1馬、他にも重賞勝ち馬を輩出している名門牝系。

最近ではエフフォーリア(皐月賞、秋天、有馬記念)もこの牝系。

次走、鳴尾記念(G3)に向けて

次走は6月4日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「鳴尾記念(G3)」。

10頭立ての少頭数でもあり、終いの脚が炸裂すれば、3着も。

 

⇒その他、鳴尾記念(G3)の出走馬を分析