フアナはまだ4戦のキャリアなので、近走だけをふり返る。

フアナの近走

20/1/19 3歳新馬

京都 芝1800m(外)良 12頭

着順:2着(1.51.2・0.1差)

騎手:福永祐一(54キロ)

スタートで少し出遅れてポジションは中団。

道中は前半1000mが62.6秒のスロー。

フエナは4角も中団6番手で直線に向く。

直線は前を走る1番人気アドマイヤビルゴを追い詰めるが、わずかに届かず2着。

上位を先団グループが占める中、一頭だけ中団からのフアナ。

終いは切れそう。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/3/20 3歳未勝利

阪神 芝1800m 良 16頭

着順:1着(1.47.9・-0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は中団の前あたり、ペースはスロー。

直線は残り200mまでは、先頭には追いつきそうもない雰囲気だったが、残り200mからの伸びは強烈。

一瞬にして前を走る3頭を交わしてゴール。

上り3Fは34.0秒。

最後はまだまだ余裕がありそうな感じ。

【期待される能力】

  • 一瞬のキレ

20/4/26 フローラS(G2)

東京 芝2000m 良

着順:3着(1.58.8・0.1差)

騎手:ヒューイットソン(54キロ)

道中のペースはかなり流れて、フアナは中団あたり。

4角8番手で直線に向くと、馬群の中少し詰まりながらもひるまず、残り200mを過ぎると、一完歩ずつ先頭との差を詰めて行くが、クビ-クビ差及ばずの3着。

4着とは2馬身離れており、上位3頭の力が際立った。

レースの上りは35.7秒。

フアナの上りはメンバー最速の上り35.2秒。

この速い流れで、外枠16番からの発走を併せて考えても、この3着は強い3着。

【期待される能力】

  • スタミナ
  • SP持続力

2020年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

20/8/15 1勝クラス

小倉 芝1800m 良

着順:1着(1.44.9・クビ差)

騎手:福永祐一(52キロ)

ここもそこそこ速い流れを、道中は先団の後ろあたり。

3角過ぎから外を回してジワジワと順位を上げ、4角は3番手の外。

直線では内を突いて伸びて来た3歳牡馬のカレンシュトラウスとの追い比べを制してクビ差の勝利。

ここ2戦は牝馬限定戦だったが、牡馬混合のここでは、牡馬にも抜かせない勝負根性は大したもの。

【期待される能力】

  • 勝負根性

フアナのここまでの見立て

距離は取りあえずは2000mまでは大丈夫そう。

脚質的にはキレ味、締まった流れを走り切るSP持続力、スタミナもそこそこありそう。

フアナの次走

次走は9月20日、中京競馬場 芝2000mで行われる、秋華賞トライアルの「ローズS(G2)」。

一度叩いた上積みはありそう。

ここは勝ち負け。

 

その他、ローズステークスの出走馬を分析