ヴォリアーモはまだ3戦のキャリアなので、近走だけを振り返る。

ヴォリアーモの近走

19/09/14 2歳新馬

中山 芝1800m 良 11頭

着順:3着(1.52.7・0.2差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

道中は2~3番手で直線に向くが、直線では前を行くナリノモンターニュをなかなか捉えることができない。

ゴール前は差して来たローレリストにも交わされて3着。

ゴール前で不利があったが、あれはなくても大勢は変わっていなかっただろう。

坂でナリノモンターニュに離されたあたり、急坂への適性に不安を感じる。

19/11/10 2歳未勝利

東京 芝2000m 良 11頭

着順:1着(2.01.7・-0.6差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

スタート少し出遅れてポジションは中団の前あたりから。

4角で外目から直線に入り、直線は抜群の手応えで伸びて、残り200mからは後続を突き放して余裕のゴール。

上り3Fは33.9秒。

ペースはスローながらも、この末脚は魅力。

【期待される能力】

  • 瞬発力

20/2/9 ゆりかもめ賞(3歳・1勝)

東京 芝2400m 良 9頭

着順:2着(2.27.3・0.3差)

騎手:ルメール(54キロ)

道中のポジションは中団あたり。

4角はかなり外にふくれて直線に向き、直線は追い上げたが2着まで。

4角の勝負どころでのあのコーナリングは、かなりの距離ロス、スタミナのロスがあったと思う。

それでもしぶとく2着に入るところなど、力はある。

ヴォリアーモのここまでの見立て

前走を見る限り、2400mまではこなせそう。

脚質的には確かな切れ味が武器になりそう。

中山などの直線急坂への適正には不安を感じる。

ヴォリアーモの次走

次走は東京 芝2000mで行われるオークストライアルの「フローラS(G2)」。

あの末脚なら、ここでも十分戦えそう。