2020年7月5日【CBC賞】終了時点までのデータと実際の走りをもとに、ジョイフルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ジョイフルの距離適性

ジョイフルはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(3-0-2-6)
  • 芝1400m(2-2-2-5)
  • 芝1600m(0-0-0-3)

千二、千四がベストだろう。

ジョイフルの脚質

下級条件では先行、中団といろんな位置取りで競馬をしていたが、3勝クラスを勝ち上がり、OPで勝ち負けしている現時点では、後方からの追い込みを得意としている。

そこそこ強烈な末脚は持っているがちょっとムラっぽい。

ジョイフルのコース適正

ジョイフルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 新潟(1-0-1-1)
  • 東京(0-1-1-2)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(0-1-1-1)
  • 京都(0-0-1-3)
  • 阪神(2-0-0-4)
  • 小倉(1-0-0-0)

競馬場による巧拙は特になさそう。

ジョイフルの持ち時計(ベストタイム)

ジョイフルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.4 1着(0.1差・小倉)500万条件
  • 芝1400m:1.20.1 1着(頭差・新潟)3勝クラス
  • 芝1600m:1.33.3 11着(0.7差・東京)1600万下

突出した時計はないが、千二、千四は遅くもない。

ジョイフルの重馬場適正

ジョイフルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-1-4)
  • 重(0-0-1-0)

近走は後ろから終いを生かす競馬なので、緩い馬場はマイナス材料か。

ジョイフルの鉄砲実績(休み明け)

ジョイフルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-2-3)※ダート含む

休み明け云々より、あまり休まない。

ジョイフルの枠順適正

ジョイフルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-1-5)
  • 5~9番(1-1-2-6)
  • 10~14番(3-0-1-2)
  • 15~18番(0-0-0-2)

外差しが多い馬なので、あまり内過ぎるとよくないかも。

ジョイフルの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(2-0-1-7)
  • 3~5月(春):(0-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(2-1-1-5)
  • 9~11月(秋):(2-1-3-4)

春がダメだということはないだろうから、気候はさほど気にしないのだろう。

ジョイフルの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(1-0-2-5)
  • 54.5~56キロ(3-0-1-11)
  • 57キロ~(2-2-2-4)

斤量の増減にはあまり動じない。

ジョイフルの適正体重

  • 498~512キロ

ジョイフルの血統背景

父はキングズベスト(ミスプロ系キングマンボ)、母の父はストリートクライ(ミスプロ系マキャベリアン)。

父は欧州で走り、2000年の「英2000ギニー(G1・芝1600m)」に勝利。

母の父は米国、ドバイで走り、2002年の「ドバイワールドカップ(G1・ダ2000m)」他、ダートの中距離G1で2勝。

ジョイフルの近走診断

19/10/14 オパールS・H 18頭立て

京都 芝1200m(内)稍重

着順:5着(1.09.6 0.4差)

騎手:川又賢治(54キロ)

ずっと1400mを使われていて、昇級初戦を約1年ぶりの1200mで臨む。

出遅れて後方からの競馬で、0.4差届かなかったが、昇級初戦と久々の1200mにしてはよく走っている。

19/11/10 オーロカップ・H(L) 18頭立て

東京 芝1400m 良

着順:3着(1.20.3 0.2差)

騎手:川又賢治(54キロ)

いつものように後方から。

直線は内をついて、馬群の中をうまく抜けてくる。

終いは確実。

19/12/14 タンザナイトS・H 16頭立て

阪神 芝1200m 良

着順:1着(1.08.6 -0.1差)

騎手:川又賢治(54キロ)

スタートは良かったが、いつものように控えて後方で脚を溜める。

4角大外を回して、直線も外から鋭い追い込み。

ゴール前逃げるナックビーナスをしっかり捉えてゴール。

上りは最速の33.5秒で完勝。

終いの切れ味が増してきた印象だが、ハンデ戦はここを勝って次からはもう54キロでは走れないだろう。

ある意味次走からが正念場。

20/2/2 シルクロードS(G3・ハンデ)

京都 芝1200m 良 16頭

着順:7着(1.09.3 0.3差)

騎手:川又賢治(56キロ)

いつものように後方から終いを生かす競馬。

4角大外を回して、「外差し馬場」と化している馬場の外側を追い込むが、上位馬とは決めての差が出た格好。

しかし、ハンデ56キロを背負っての重賞初挑戦で、まずまずの競馬はしたと思う。

20/3/1 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m(内)18頭

着順:14着(1.21.7・1.4差)

騎手:川又賢治(56キロ)

道中は中団の後ろあたり。

4角は外を回して直線に向くが、直線ではまったく伸びを欠く。

久々の大敗。

およそ1年2ヵ月にわたって長期休養なし。

さすがに疲れたか?

20/6/21 米子S(L)

阪神 芝1600m(外)18頭

着順:15着(1.34.2・1.5差)

騎手:川又賢治(57キロ)

約3ヵ月の休養を取っての参戦。

道中は中団の後ろあたり。

直線は内を突いて伸びるかに見えたが、残り200mで失速。

およそ1年ぶりの1600m。

もともと1600mに好走歴はなく、休み明けと相まって息も持たなかったのでは?

20/7/5 CBC賞(G3・ハンデ)

阪神 芝1200m 稍重

着順:9着(1.09.7・1.0差)

騎手:川又賢治(56キロ)

大外16番から積極的にポジションを取りに行くが、道中は終始中団の外。

4角も大外を回って直線は馬場の外側を追い込んで来るが、差は詰まらず。

距離ロスが大きかった。

2020年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

ジョイフルの次走

次走は8月23日、小倉競馬場 芝1200mで行われる「北九州記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは引き続き56キロ。

小倉の1200mは2年前に500万条件で1.07.4の自己ベストで勝っている。

意外と「差し」が効く「北九州記念」だけに、あまり見くびると痛い目に会う。

 

その他、北九州記念の出走馬を分析