2022年3月13日【金鯱賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ジャックドールの好走パターンを分析。

ジャックドールの距離適性

ジャックドールはこれまでに芝2000mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(6-2-0-1)

頑なに2000m以外使わないのはなぜだろう?

ジャックドールの脚質

逃げ、先行脚質。

スピード持続力、底力はかなり高そう。

まさに「肉を切らせて骨を断つ」といった走り。

ジャックドールのコース適正

ジャックドールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-0-0-1)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 中京(3-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-1-0-0)
  • 小倉(未)

未勝利戦以降は左回りにしか使われていないのが、少し気にはなる。

ジャックドールの持ち時計(ベストタイム)

ジャックドールの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:1.57.2 1着(中京)※レコード

速い時計は問題ない。

まだまだ伸びしろはありそう。

ジャックドールの重馬場適正

ジャックドールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪はまだ未知数だが、走りそうな雰囲気は十分にある。


ジャックドールの鉄砲実績(休み明け)

ジャックドールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-0)

ジャックドールのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-0)
  • 中6~8週(2-0-0-0)

ジャックドールの枠順適正

ジャックドールの馬番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-1)
  • 5~9番(1-0-0-0)
  • 10~14番(2-1-0-0)
  • 15~18番(未)

ジャックドールの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(3-1-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-1)

ジャックドールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-0)
  • 3~5月(春):(2-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(3-0-0-0)

ジャックドールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 494~508キロ

ジャックドールの血統背景

父はモーリス(ロベルト系/安田記念連覇、マイルCS、香港マイル、チャンピオンズマイル、秋天、香港C)。

母の父はアンブライドルズソング(ミスプロ系ファピアノ)。

アンブライドルズソングは米国で走り、「フロリダダービー」などダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。

ジャックドールの前走

22/3/13 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良

着順:1着(1.57.2・-0.4差)※レコード

騎手:藤岡祐介(56キロ)

3枠3番からハナへ。

道中は自ら淀みないラップで引っ張って、4角も1馬身差先頭から、直線も坂の上りで後続を突き放し、最後はレイパパレの差し脚もまったく相手にせず余裕のレコード勝ち。

強い。

2022年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

次走、大阪杯(G1)に向けて

次走は4月3日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「大阪杯(G1)」。

エフフォーリアとの一騎打ちムード。

当然そうならなければ面白くない。

久々の右回り、レコードを計時したあとの中2週のローテなど、細かい心配はいろいろあるが、そんなものは吹き飛ばしてもらいたい。

 

⇒その他、大阪杯(G1)の出走馬を分析