2021年4月10日【阪神牝馬S】終了時点までのデータをもとに、イベリスの好走パターンを分析。

イベリスの距離適性

イベリスはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われている。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-0-1)
  • 芝1200m(2-0-2-3)
  • 芝1400m(1-0-1-5)
  • 芝1600m(1-0-0-3)

1200~1400mあたりが適距離っぽい。

イベリスの脚質

イベリスの好走時の脚質は「逃げ」「先行」。

逃げても、控えても、前目にポジションを取ることができれば、適距離ならそこそこしぶとい。

イベリスの持ち時計(ベストタイム)

イベリスの芝各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1000m:0.54.8 7着(0.3差・新潟)
  • 芝1200m:1.07.3 3着(0.6差・阪神)
  • 芝1400m:1.20.0 1着(-0.3差・阪神)
  • 芝1600m:1.32.3 6着(0.3差・阪神)

1200mの時計は3歳で参戦した2019年の「セントウルS(G2)」だが、3歳牝馬で斤量は52キロ。

高速馬場は基本的には向かない感じ。

イベリスのコース適正

イベリスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-1)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(3-0-2-6)
  • 小倉(未)

阪神競馬場がホームグラウンドと言った印象。

イベリスの重馬場適正

イベリスの道悪実績は;

  • 稍重(0-0-1-1)
  • 重(0-0-0-2)

時計のかかる道悪はむしろ歓迎の口だろう。

流れが向けば走ってくる。


イベリスの枠順適正

イベリスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-2-4)
  • 5~9番(1-0-0-3)
  • 10~14番(1-0-1-3)
  • 15~18番(0-0-0-2)

枠順は内目の方がベター。

イベリスの鉄砲実績(休み明け)

イベリスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-3)
  • 3戦目(0-0-0-3)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目(0-0-0-1)

イベリスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-4)
  • 3~5月(春):(1-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-2-3)

イベリスの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-1-0)
  • 53キロ(0-0-1-2)
  • 54キロ(4-0-1-7)
  • 55キロ(0-0-0-3)

イベリスの連対体重

  • 446~484キロ

イベリスの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はボストンハーバー(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

ボストンハーバーは米国で走り、ダートG1を1勝。主戦場はダートの6~8.5F(約1200~1700m)。

半姉に芝の短距離重賞を5勝したベルカントがいる(父はサクラバクシンオー)。

イベリスの前走

21/2/20 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:1着(1.20.0・-0.3差)

騎手:酒井学(54キロ)

2枠4番から、自らそれなりのラップを刻んで逃げ、上がりも34.3秒でまとめた。

戦法を再び逃げに転じて3戦目になるが、確かなSP持続力をしめした。

OPでは1200mまでと思っていたが、1400mでもそこそこやれる予兆は前走の「阪神カップ」、逃げて0.5差の6着にもあったのだろう。

2021年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

21/4/10 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:6着(1.32.3・0.3差)

騎手:酒井学(54キロ)

6枠7番からハナへ。

マイぺースの逃げで、4角も先頭で直線へ。

直線でも坂の途中まではなんとか粘るが、残り100mあたりで後続に呑み込まれた。

とにかく速い馬場状態。

この馬にとっては時計も速かったが、やはり千六は微妙に長いのだと思う。

2021年 阪神牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

次走、ヴィクトリアマイル(G1)に向けて

次走は5月16日、東京競馬場 芝1600mで行われる「ヴィクトリアマイル(G1)」。

千六は微妙に長い。

ペースが落ちたとしても、このクラスでは厳しいだろう。

 

その他、ヴィクトリアマイル(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)