2020年8月16日【UHB賞】終了時点までのデータをもとに、イベリスの好走パターンを分析していきます。

イベリスの距離適性

イベリスはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われている。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(0-0-0-1)
  • 芝1200m(2-0-2-2)
  • 芝1400m(0-0-1-3)
  • 芝1600m(1-0-0-1)

現状では芝1200mが一番力が出せそう。

イベリスの脚質

イベリスの好走時の脚質は「逃げ」「先行」。

前につけるとしぶといスピード持続型。

2019年の「セントウルS(G2)」では3歳牝馬での参戦ながら前々で素晴らしい粘りを見せて3着。

イベリスの持ち時計(ベストタイム)

イベリスの芝各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1000m:0.54.8 7着(0.3差・新潟)
  • 芝1200m:1.07.3 3着(0.6差・阪神)
  • 芝1400m:1.21.9 17着(2.5差・阪神)
  • 芝1600m:1.33.8 16着(1.4差・東京)

1200mの時計は3歳で参戦した2019年の「セントウルS(G2)」で、これは3歳牝馬にしてはなかなかの時計。

イベリスのコース適正

イベリスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-0)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(2-0-2-3)
  • 小倉(未)

イベリスの重馬場適正

イベリスの道悪実績は;

  • 稍重(0-0-1-1)
  • 重(0-0-0-1)

稍重で3着以内を外したのは、「フィリーズレビュー(G2)」の4着(0.1差)。

これはそこそこ走っていると言っても良い内容。

稍重までならそこそこ走るか?

他に、イベリスが逃げ切って勝った「アーリントンC(G3)」だが、この日は2回阪神開催の最終週で荒れ馬場。

それを外からの追い込み組を抑えて逃げ切ったのだから、荒れた馬場への対応力も高いと言って良い。

イベリスの枠順適正

イベリスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-2-2)
  • 5~9番(1-0-0-0)
  • 10~14番(1-0-1-3)
  • 15~18番(0-0-0-2)

枠順は内目の方がベター。

イベリスの鉄砲実績(休み明け)

イベリスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-2)
  • 3戦目(0-0-0-1)

イベリスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-2-2)

イベリスの斤量別着度数

  • ~52キロ(0-0-1-0)
  • 52.5~54キロ(3-0-2-6)
  • 54.5~56キロ(0-0-0-1)
  • 57キロ~(未)

イベリスの連対体重

  • 452~454キロ

イベリスの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。母の父はボストンハーバー(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

半姉に芝の短距離重賞を5勝したベルカントがいる(父はサクラバクシンオー)。

イベリスの前走

20/8/16 UHB賞(ハンデ)

札幌 芝1200m 良

着順:3着(1.09.2・0.4差)

騎手:横山武史(53キロ)

スタートを決めて、道中は好位の内、3番手。

直線も内を突いて追い出すが、思ったほどに伸びてはこなかった。

一時の不振からは抜け出しているみたいだが、まだまだ本調子には足りない。

イベリスの次走

次走は8月30日、札幌競馬場 芝1200mで行われる「キーンランドC(G3)」。

持っている力さえ出し切ることができれば、ここでも良い勝負はするだろうが、まだまだ復調途上のような感じ。

 

その他、キーンランドカップの出走馬を分析