2020年8月23日【北九州記念】終了時点までのデータと実際の走りをもとに、ダイメイプリンセスの好走パターンを分析。(※ダートは除く)

ダイメイプリンセスの距離適性

ダイメイプリンセスはこれまでに芝1000m~芝1600mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1000m(3-0-1-2)
  • 芝1200m(4-2-1-19)
  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(0-0-0-2)

芝1000m

芝1000mの4鞍はすべて新潟の芝1000m、いわゆる千直。

千直の最高峰「アイビスサマーダッシュ(G3)」にも勝利しており、新潟千直での対応力は抜群。

芝1200m

重賞「北九州記念(G3)」での勝利があり、距離適正は間違いないと思うが、負け数の多さからも分かるように、ダイメイプリンセスの1200m適正にはいろいろと注文がつく(後述)。

芝1400m~1600m

新馬、未勝利戦で走って、9着が最高。あとは二ケタ着順。

全く適性はないと考えられる。

ダイメイプリンセスの脚質

ダイメイプリンセスの好走時の脚質は、先団につけて粘り込む先行策や、中団馬群からの差し切り勝ちが決め手となることが多い。

近走ではもっぱら後者。

ダイメイプリンセスのペース適正

ダイメイプリンセスは、切れ味というよりも、スピード持続系なので、流れる展開、ハイペースで力を発揮しやすい。

なので、上りもそこそこかかって欲しい。

上りが速い切れ味勝負になると苦戦。

ダイメイプリンセスの持ち時計(ベストタイム)

ダイメイプリンセスの適正距離、芝1000m、芝1200mのベストタイムは次の通り;

  • 芝1000m:0.53.8 1着(-0.2差・新潟直線)
  • 芝1200m:1.06.8 2着(0.2差・小倉)

どちらの距離もかなり優秀な持ち時計

スピード勝負、時計決着は大歓迎の口だが、これにもいろいろと条件が付く(後述)。

ダイメイプリンセスのコース適正

ダイメイプリンセスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(1-0-1-1)
  • 福島(0-0-0-2)
  • 新潟(3-0-1-3)
  • 中山(1-0-0-5)
  • 中京(0-1-0-6)
  • 京都(0-0-0-6)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(2-1-0-2)

競馬場ごとのデータを見ただけでは分かり難いかもしれなが、ダイメイプリンセスには苦手なコースが多々あるように思われる。

急坂

ダイメイプリンセスは栗東所属の管理馬でありながら、阪神競馬場での出走が非常に少ない。

これは偶然と言うより、意識的に陣営が避けているとしか思えない。

これは直線急坂が苦手ということか?

ただ、中山、中京への出走はあって、成績を総合すると;

  • (1-1-0-10)

走っているレースもあるので、「本当に苦手なのか?」と言う疑問符はつくが、勝利したのは1000万下の「初風特別」で、このときは重馬場

2着に入ったのは1600万下の「浜松S」、この時の着差は2着でも2馬身半差とやや離されている。

そしてもう1鞍気になるレースが、18年の「スプリンターズS(G1)」。

このレースでは10番人気ながら、0.2差の4着に入る健闘を見せている。

しかし、ダイメイプリンセス騎乗の秋山真一郎騎手は、最後の直線コースで外側に斜行したとしてペナルティーを受けている。

馬が、坂がきつくて外に膨らんだとも解釈できるペナルティ。

苦手でも、G1で4着するのだから、下のクラスでは十分に通用するかもしれないが、上のクラスで相手関係が強くなれば、やはり苦戦を強いられるのでは・・・。

左回り

新潟での3勝はどれも「直線競馬」。

中京での2着は、先ほども触れた1600万下の「浜松S」。2着でも2馬身半差の0.4差。

東京での出走は1度もない。

直線競馬を除いて、左回りだけを総合すると;

  • (0-1-0-6)

これをどう見るか・・・。

京都競馬場

京都での6連敗も目を惹く。

しかも入着すら1度もない。

9着、11着、14着、6着、8着、10着

この中で、0.5差の6着に入った「シルクロードS(G3・京都芝1200m)」のレース後に、鞍上の秋山騎手は「下りでコーナーを回るのが苦手・・・」という趣旨のコメントを出している。

このコメントが的を得ているのなら、京都での6連敗にも納得できる。

小倉競馬場

ここは苦手ではなく、「得意」の競馬場。

「北九州記念(G3)」では、

  • 2018年:2着
  • 2019年:1着

平坦小回りが性に合うのか? しかし福島では勝てていない・・・。

とりあえず、小倉の芝1200mでは要注意。

ダイメイプリンセスの重馬場適正

ダイメイプリンセスの道悪実績は;

  • 稍重(1-0-1-2)
  • 重(1-0-0-2)
  • 不良(0-0-0-1)

重での勝ち鞍は「初風特別(1000万下)」で、この日は小雨程度の重馬場。

一方負けているのは「500万下の条件戦」。この日は午後にかけて比較的強い雨が降り、馬場も稍重から重馬場へ。

稍重で3着を外したレースは「スプリンターズS(G1)」の0.2差の4着と他1鞍。

これらを基準に考えると、程度の差はあるが、渋った程度の重、稍重なら「喜んで走る」ということかもしれない。

ダイメイプリンセスの鉄砲実績(休み明け)

ダイメイプリンセスの10週(中9週)以上の鉄砲実績は;

  • (1-1-0-7)

叩いてからだと;

  • 2戦目(2-0-1-5)
  • 3戦目(1-0-0-5)
  • 4戦目(1-0-1-3)
  • 5戦目(2-1-0-4)

ダイメイプリンセスは叩き良化型と見るべきだろう。

ダイメイプリンセスの好走時期(季節)

ダイメイプリンセスは寒さには弱いようで;

  • 1~3月(0-0-0-11)
  • 4~6月(2-0-2-4)
  • 7~9月(5-1-0-8)
  • 10~12月(0-1-0-3)

やはりこの馬、夏のローカルが狙いやすいと言うデータ。

ダイメイプリンセスの斤量別着度数

  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(1-1-0-0)
  • 54キロ(2-0-1-10)
  • 55キロ(4-1-0-11)
  • 56キロ(0-0-1-3)
  • 57キロ(0-0-0-1)

斤量には敏感そうで、勝ち鞍は55キロまで。

ダイメイプリンセスの連対体重

  • 490~508キロ

ダイメイプリンセスの血統背景

父はキングヘイロー(ND系リファール)、母の父はダンスインザダーク(サンデー系)。

半弟に芝の短距離で活躍したダイメイフジがいる(父はアグネスデジタル)。

ダイメイプリンセスの次走

次走は10月4日、中山競馬場 芝1200mで行われる「スプリンターズS(G1)」。

昨年は12番人気で0.4差の6着。一昨年は10番人気で0.2差の4着。

レース相性は決して悪くない。

直線急坂も、上りがかかってくれればしのげるかも。

勝ち負けはないにしても、なにかの間違いで3着があっても不思議はない。

 

その他、スプリンターズSの出走馬を分析