2020年8月23日【北九州記念】終了時点までのデータと実際の走りをもとに、アンヴァルの好走パターンを分析。

アンヴァルの距離適性

アンヴァルはこれまでに芝1200m~芝1600mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-3-3-11)
  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(0-0-0-1)

ベストは1200m

アンヴァルの脚質

中団あたりからそこそこの脚を繰り出して僅差の好走が目立つ。

タフな競馬で走り切るパワーと底力を持つが、軽い芝、上りが速いと後手を踏む。

総じて、上りのかかる展開で浮上。

アンヴァルの持ち時計(ベストタイム)

アンヴァルの芝1200mでのベストタイムは;

  • 北九州記念(G3)1.07.3 10着(0.7差)

自己ベストの着順が悪いが、このレースは不利もあり度外視できる。

それでも、軽い芝、スピード決着への対応に関しては、あまり向かないように思う。

アンヴァルのコース適正

アンヴァルの各競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-1-0-0)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(2-1-0-3)
  • 阪神(0-1-0-7)
  • 小倉(1-0-2-4)

好走しているコースが直線平坦に偏っている印象。


アンヴァルの枠順適正

アンヴァルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-2)
  • 5~9番(3-1-1-3)
  • 10~14番(1-1-2-5)
  • 15~18番(0-0-0-4)

アンヴァルの重馬場適正

アンヴァルの重馬場実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(0-1-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

跨った騎手からは、「得意ではない」「ノメッた」などとマイナスのコメントも聞かれるが、結果はそこそこ。

あまり気にするとしくじりそう。

アンヴァルの鉄砲実績(休み明け)

アンヴァルの中10週以上の鉄砲実績は;

  • (0-2-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-5)
  • 3戦目(1-0-1-2)
  • 4戦目(0-0-0-2)
  • 5戦目~(0-1-0-1)

可もなく不可もなく。

アンヴァルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-4)
  • 3~5月(春):(0-0-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-2-2-2)
  • 9~11月(秋):(4-0-0-4)

夏から秋に調子を出すタイプ。

アンヴァルの斤量別着度数

  • 50キロ(1-0-0-1)
  • 52キロ(0-0-0-1)
  • 53キロ(0-0-0-2)
  • 54キロ(2-3-2-7)
  • 55キロ(1-0-1-3)

アンヴァルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 446~474キロ

アンヴァルの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母は2005年の「小倉2歳S(G3・小倉芝1200m)」「ファンタジーS(G3・京都芝1400m)」に勝利したアルーリングボイス

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

アンヴァルの次走

次走は3月6日(土)、中山競馬場 芝1200mで行われる「オーシャンS(G3)」。

中山コースは初めて。

ここではちょっと力不足か。

 

その他、オーシャンS(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)