2020年7月5日【CBC賞】終了時点までのデータと実際の走りをもとに、アンヴァルの好走パターンを分析。

アンヴァルの距離適性

アンヴァルはこれまでに芝1200m~芝1600mの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-3-2-7)
  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(0-0-0-1)

芝1200m

オープン特別で1勝、2着が2回。重賞(G3)でも2着1回、3着1回と実力を示しており、適正は十分、この馬のベストの距離だと考えられる。

芝1400m

芝1400mは、牝馬クラシックの第1戦「桜花賞(G1)」へ向かうトライアル「フィリーズレビュー(G2)」で0.1差の4着と大健闘。鞍上の藤岡祐介騎手も「距離は大丈夫」とコメント。

あまり使われていないだけで、使われれば走ってくる可能性は高い。

芝1600m

芝1600mは「桜花賞」で2.1差の17着に敗退。その後は一度もこの距離に使われていない。

レース後、ジョッキーも陣営も「距離は長い」とコメント。

今後、使われることもないだろう。

アンヴァルの脚質

内枠に入ると前に取り付いてそのまま押し切る競馬。

外枠に入ると、中団で脚をためて直線で差し切る競馬。

持ち味を生かせるのは前者だろう。

そこそこ速いペースでも粘り切るスピード持続力を持つが、その反面、上りの速いキレ味勝負では後手を踏む。

アンヴァルの持ち時計(ベストタイム)

アンヴァルの芝1200mでのベストタイムは;

  • 北九州記念(G3)1.07.3 10着(0.7差)

このレースはスタート直後に他馬に寄せられて大きく手綱を引く様子が確認できる。

その影響で後方からの競馬になったため、直線はインを突き進出を計るが、これも前が詰まって追うに追えない。

総合的にチグハグな競馬で、完全に度外視できる。

アンヴァルのコース適正

アンヴァルの各競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(1-1-0-0)
  • 京都(2-1-0-3)
  • 阪神(0-1-0-5)
  • 小倉(1-0-2-2)

直線急坂の阪神コースでは、3歳の桜花賞トライアル「フィリーズレビュー(G2)」では0.1差の4着に入線。

2020年の阪神開催の「CBC賞(G3)」では2着もある。

急坂が苦手と言うことではないだろう。

アンヴァルの枠順適正

アンヴァルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-1)
  • 5~9番(3-1-1-1)
  • 10~14番(1-1-1-5)
  • 15~18番(0-0-0-3)

先団でスピードに乗りたい、もしくは中団で脚を溜めたいアンヴァルにとっては、やはり外枠でスムーズに先手を取れない枠はマイナス要因でしかない。

アンヴァルはこれまでに結構外枠が多い。

古馬になって、惜しい競馬が続いているのは、枠順の不運が少なからず影響している可能性はある。

アンヴァルの重馬場適正

アンヴァルの重馬場実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(0-1-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

跨った騎手からは、「得意ではない」「ノメッた」などとマイナスのコメントも聞かれるので、道悪は走ることは走るが、得意と言うわけではなさそう。

ハイレベルの戦いでは多少の割引が必要。

アンヴァルの鉄砲実績(休み明け)

アンヴァルの中10週以上の鉄砲実績は;

  • (0-2-0-3)

可もなく不可もなく。

アンヴァルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-2-2-1)
  • 9~11月(秋):(4-0-0-3)

夏から秋に調子を出すタイプ。

アンヴァルの斤量別着度数

  • ~52キロ(1-0-0-2)
  • 52.5~54キロ(2-3-2-6)
  • 54.5~56キロ(1-0-0-2)
  • 57キロ~(未)

アンヴァルの連対体重

  • 446~472キロ

アンヴァルの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)、母は2005年の「小倉2歳S(G3・小倉芝1200m)」「ファンタジーS(G3・京都芝1400m)」に勝利したアルーリングボイス。

母の父はフレンチデピュティ(ND系ヴァイスリージェント)。

アンヴァルの近走診断

19/12/7 シルクロードS(G3)京都芝1200m

着順:4着(0.2差)騎手:松山弘平(53キロ)

外枠16番ゲートからの発走。

中団につけて道中外目を回って、4角も外を回って直線へ。

直線抜けてくるが、途中で少し進路が詰まる。

最後まで食い下がるがわずかに及ばず。

外枠と若干の不利を考えると0.2差は及第点。

19/7/14 バーデンバーデンC(OP)福島芝1200m 重

着順:2着(アタマ差)騎手:松岡正海(54キロ)

わずかに外寄りの12番ゲートから中団につけて追走。

直線では馬場の外目から一気に伸びて先頭に迫るもアタマ差の2着。

12番ゲートで重馬場。これでアタマ差2着なら・・・

19/8/18 北九州記念(G3)小倉芝1200m

着順:3着(0.2差)騎手:藤岡康太(54キロ)

11番ゲートからのスタート。

前走もそうだが、行き脚の鈍さが目につく。今回も位置取りは後方。

4角では外に出して直線に入るが、前が詰まって進路をふさぐ。

それでも前が開けば弾けて抜け出し3着を確保。

スムーズなら突き抜けたかも。

19/9/8 セントウルS(G2) 13頭立て

阪神 芝1200m 良

着順:13着(1.13.1 6.4差)

騎手:藤岡康太(54キロ)

出遅れて後方から競馬を進め、4角は大外を回って直線に入るが、そこで急失速。

失速と言うより騎手も追っていないことから、なんらかの異常があった模様。

20/2/16 北九州短距離S 17頭立て

小倉 芝1200m 重

着順:8着(1.10.8 0.8差)

騎手:藤岡康太(55キロ)

重馬場の中、中団からの競馬。

3角で寄られる不利があったが、その後も精彩を欠く。

休み明けで苦手の重馬場なら、こんなものか。

20/3/1 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m(内)18頭

着順:16着(1.21.7・1.4差)

騎手:藤岡祐介(54キロ)

ゲートは外枠16番から中団にポジションを取るが、外枠からのレースだけに位置取りは終始外々。

久々の1400mだけに、距離ロスが応えたか。

20/7/5 CBC賞(G3・ハンデ)

阪神 芝1200m 稍重

着順:2着(1.09.0・0.3差)

騎手:北村友一(54キロ)

久々に内目の枠に入って、スタートも良く先団に取り付く。

直線もしっかり伸びるがハンデ51キロで逃げたラブカンプーには0.3差届かず。

2020年 CBC賞(G3)のラップ分析&回顧

斤量差を考えると上々の走り。

やはり内枠に入ると強さ倍増。

アンヴァルの次走

次走は8月23日、小倉競馬場 芝1200mで行われる「北九州記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

小倉の芝1200mは(1-0-2-2)、このレースも昨年3着と相性は良い。

引き続き内枠をゲットできるか?

 

その他、北九州記念の出走馬を分析