2020年11月29日【ウェルカムS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヒシイグアスの好走パターンを分析。

ヒシイグアスの距離適性

ヒシイグアスはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-3-0-2)
  • 芝2000m(2-0-0-0)

陣営がこの距離にしか使ってこないのだから、現状では適距離は中距離と言うことだろう。

ヒシイグアスの脚質

逃げ、または前目につけて押し切る競馬。

ただ、キレる脚はなく、速いスピードを持続する持久力もあまり高いとは思えない。

現状ではスローの前残りのような競馬が目立つ。

ヒシイグアスのコース適正

ヒシイグアスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(2-1-0-0)
  • 中山(2-2-0-1)

まだ長距離輸送の経験はない。

ヒシイグアスの持ち時計(ベストタイム)

ヒシイグアスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.48.0 1着(東京)
  • 芝2000m:2.00.7 1着(東京)

今のところでは時計は平凡。

ヒシイグアスの重馬場適正

ヒシイグアスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

不良馬場では競馬にならなかったようすだが、稍重馬場ではそこそこ走っている。

道悪を走るかどうかはまだ不明。

ヒシイグアスの鉄砲実績(休み明け)

ヒシイグアスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ヒシイグアスの枠順適正

ヒシイグアスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(0-3-0-2)
  • 10~14番(3-0-0-0)
  • 15~18番(未)

ヒシイグアスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

ヒシイグアスの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-0-1)
  • 55キロ(2-1-0-0)
  • 56キロ(1-2-0-1)
  • 57キロ(1-0-0-0)

ヒシイグアスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 488~498キロ

ヒシイグアスの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系)。

母の父はバーンスタイン(ND系ストームキャット)。

バーンスタインは欧州で走り、芝の短距離で重賞を2勝。

ヒシイグアスの次走

次走は1月5日(火)、中山競馬場 芝2000mで行われる「中山金杯(G3・ハンデ)」。

中山コースは(2-2-0-1)と相性は良いが、特に強い競馬をしたと言う印象はない。

昇級初戦でもあり、勝ち負けまではどうか?