2021年1月5日【中山記念】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヒシイグアスの好走パターンを分析。

ヒシイグアスの距離適性

ヒシイグアスはこれまでに芝1800m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(3-3-0-2)
  • 芝2000m(3-0-0-0)

陣営がこの距離にしか使ってこないのだから、現状では適距離は中距離と言うことだろう。

ヒシイグアスの脚質

逃げ、または前目につけての好位差し。

SP持続型。

「中山記念」での勝ち方は強い勝ち方。

4連勝もダテではない。

ヒシイグアスのコース適正

ヒシイグアスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(2-1-0-0)
  • 中山(4-2-0-1)

まだ長距離輸送の経験はない。

ヒシイグアスの持ち時計(ベストタイム)

ヒシイグアスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.44.9 1着(東京)
  • 芝2000m:2.00.7 1着(東京)

千八は「中山記念」で計時、これは速い。

ヒシイグアスの重馬場適正

ヒシイグアスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

不良馬場では競馬にならなかったようすだが、稍重馬場ではそこそこ走っている。

道悪を走るかどうかもまだ不明。


ヒシイグアスの鉄砲実績(休み明け)

ヒシイグアスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-0)
  • 3戦目(2-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

半年以上の長期休養が3回ある。

まだ馬齢ほど使い減りはしていない。

ヒシイグアスの枠順適正

ヒシイグアスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(2-3-0-2)
  • 10~14番(3-0-0-0)
  • 15~18番(未)

ヒシイグアスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(4-2-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-0)

ヒシイグアスの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(2-1-0-0)
  • 56キロ(2-2-0-1)
  • 57キロ(1-0-0-0)

ヒシイグアスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 488~498キロ

ヒシイグアスの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック)。

母の父はバーンスタイン(ND系ストームキャット)。

バーンスタインは欧州で走り、芝の短距離で重賞を2勝。

ヒシイグアスの近走

21/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:1着(2.00.9・クビ差)

騎手:松山弘平(54キロ)

道中は中団の前目。

4角は6番手、外を回して直線。

直線は馬群の外目から内のココロノトウダイと一緒に伸びてきて、ゴール前クビ差交わして勝利。

ここ数戦、この馬が走ればスローになると言った感じ。

3連勝で重賞初制覇は立派だが、54キロのハンデもあり、あまり内容があるとは思えない。

2021年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

21/2/28 中山記念(G2)

中山 芝1800m 良

着順:1着(1.44.9・クビ差)

騎手:松山弘平(56キロ)

道中は4番手追走。

3~4角で先頭との距離を詰め、4角4番手で直線に向き、前で粘るウインイクシードを坂の上りで捉えると、内で食い下がるケイデンスコールをクビ差凌いでゴール。

斤量が前走よりも2キロ増え、ペースもこれまでのキャリアでおそらく最速。

ここまでの勝ち方にやや物足りなさがあったが、この勝利ですべて払拭。

2勝クラスからの4連勝は実力のなせるワザだろう。

2021年 中山記念(G2)のラップ分析&回顧

次走、天皇賞・秋(G1)に向けて

次走は10月31日(日)、東京競馬場 芝2000m で行われる「天皇賞・秋(G1)」。

約8か月ぶりの競馬だが、過去2回の長期休養明けではしっかりと走っている。

本格化してからまだ底は見せておらず、前走も強い内容で「中山記念」を制した。

ちょっとした「惑星」のような存在。

 

⇒その他、2021・天皇賞・秋(G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)