2021年5月8日【谷川岳S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シュリの好走パターンを分析。

シュリの距離適性

シュリはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(4-0-0-2)
  • 芝1800m(1-1-0-1)
  • 芝2000m(1-0-0-0)

現状ではマイル~中距離で安定。

シュリの脚質

前目にポジションを取って、終いを伸ばしてくる好位抜け出しが好走パターン。

瞬発力、持続力ともに優秀。

スタミナもありそう。

たまに出遅れて、位置取りを下げると苦戦。

シュリのコース適正

シュリの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-1)
  • 中京(2-0-0-2)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)
  • 小倉(1-1-0-0)

シュリの持ち時計(ベストタイム)

シュリの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.8 1着(中京)
  • 芝1800m:1.46.5 2着(小倉)
  • 芝2000m:2.02.2 1着(小倉)

シュリの重馬場適正

シュリの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

道悪ではしっかり走っていないし、得意ではないというコメントも出ている。

ただし、まだ道悪は走らないと決めつけるのは早計だと思う。


シュリの鉄砲実績(休み明け)

シュリの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-1-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

シュリのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-1)
  • 中3~5週(1-1-0-0)
  • 中6~8週(未)

シュリの枠順適正

シュリの枠番別着度数は;

  • 1~4番(4-0-0-0)
  • 5~9番(1-0-0-1)
  • 10~14番(1-1-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

前目のポジションで持ち味を発揮しているので、枠も内目の方が良い。

現状では5番ゲート以内ならパーフェクト。

シュリの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-0-1)
  • 3~5月(春):(2-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

夏場はちょっと割引なのかも。

シュリの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-0-1)
  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(3-0-0-1)
  • 57キロ(2-0-0-1)

シュリの好走体重

3着以内の体重は;

  • 490~514キロ

シュリの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック、日本ダービー2着)。

母の父はジャイアンツコーズウェイ (ND系ストームキャット)。

ジャイアンツコーズウェイは欧州で走り、G1を6勝。主戦場は芝1600m~2000m。

シュリの前走

20/12/12 リゲルS(L)

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.33.1・クビ差)

騎手:武豊(56キロ)

道中は前目の3~4番手。

4角も前目の5番手で直線。

直線では坂で先頭のサトノフェイバーを捉えると、そのまま押し切ってゴール。

流れ的にもそんなに緩いわけではなく、それでいて自身の上りは33.3秒。

最後もメイチには追っていなくて、まだまだ余裕はありそう。

21/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

着順:5着(1.33.4・0.3差)

騎手:武豊(56キロ)

スタートやや出遅れたが、二の脚で追いついて道中は4~5番手。

4角も先団で、勝ったケイデンスコールや2着と同じような位置取りだったが、直線では伸びあぐねた。

出遅れたせいで、いつもより位置取りが若干後ろだったような感じ。

中2週のローテなど、敗因はそのあたりか。

2021年 京都金杯(G3)のラップ分析&回顧

21/5/8 谷川岳S(L)

新潟 芝1600m(外)良

着順:1着(1.33.9・-0.1差)

騎手:秋山真一郎(57キロ)

2枠2番からハナを切る。

速からず、遅からずの絶妙なペースで4角も先頭。

直線もおよそ1馬身の後続との差を終始保って余裕のゴール。

このクラスでは力が違う。

次走、エプソムカップに向けて

次走は6月13日(日)、東京競馬場 芝1800mで行われる「エプソムC(G3)」。

今度はしっかり間隔を取って、2度目の重賞挑戦。

今回の面子なら、勝ち負けできる力はある。

 

その他、エプソムカップ(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)