2021年12月4日【チャレンジC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヒートオンビートの好走パターンを分析。

ヒートオンビートの距離適性

ヒートオンビートはこれまでに芝2000m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(0-2-0-0)
  • 芝2200m(2-1-1-2)
  • 芝2400m(2-2-0-2)
  • 芝2500m(0-1-0-0)
  • 芝2600m(0-1-0-0)

長目の距離が合ってそう。

ヒートオンビートの脚質

中団あたりで脚を溜めて、終いを生かす競馬。

終いの脚は相当確実に繰り出してくる。

瞬発力はそこそこありそうだが、道中の速い流れ、SP持続力となるとどうか?

ヒートオンビートのコース適正

ヒートオンビートの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-1-0-0)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-1-0)
  • 京都(2-0-0-2)
  • 阪神(1-6-0-2)
  • 小倉(未)

阪神コースは;

  • 内回り(0-2-0-0)
  • 外回り(1-3-0-2)

京都コースはすべて外回り。

ヒートオンビートの持ち時計(ベストタイム)

ヒートオンビートの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.01.6 2着(阪神)
  • 芝2200m:2.12.1 3着(中京)
  • 芝2400m:2.25.1 8着(阪神)
  • 芝2500m:2.33.1 2着(東京)
  • 芝2600m:2.35.1 2着(阪神)

時計的には、あまり速い時計が出そうなタイプではなさそうだが?

ヒートオンビートの重馬場適正

ヒートオンビートの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪以外では、荒れた馬場でも走っており、道悪は苦にしないだろう。


ヒートオンビートの鉄砲実績(休み明け)

ヒートオンビートの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-2-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-0)

ヒートオンビートのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-2-0-0)
  • 中3~5週(3-0-0-3)
  • 中6~8週(1-3-0-0)

ヒートオンビートの枠順適正

ヒートオンビートの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-1-0-1)
  • 5~9番(2-4-1-1)
  • 10~14番(0-2-0-2)
  • 15~18番(未)

ヒートオンビートの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-3-0-2)
  • 3~5月(春):(1-3-0-0)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-2)

ヒートオンビートの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(1-1-1-1)
  • 55キロ(0-4-0-0)
  • 56キロ(2-2-0-3)

ヒートオンビートの好走体重

3着以内の体重は;

  • 452~480キロ

ヒートオンビートの血統背景

父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー、神戸新聞杯、毎日杯)。

母はマルセリーナ(桜花賞、マーメイドS、Vマイル3着)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

ヒートオンビートの近走

21/4/11 大阪―ハンブルクカップ(OP・ハンデ)

阪神 芝2600m(外)良

着順:2着(2.35.1・クビ差)

騎手:ルメール(55キロ)

道中は中団7番手の内。

4角も中団7番手の外で直線。

直線は残り300mあたりで早くも先頭に立つと、坂の上りで後続を突き放したかに思えたが、ゴール前で後方から追い込んできたミスマンマミーアにクビ差交わされて2着。

軽ハンデの牝馬に脚をすくわれた格好だが、斤量差は2キロ。

メンバーレベルも低調で、ここで勝ち切れなかったのはちょっと残念。

21/5/30 目黒記念(G2・ハンデ)

東京 芝2500m 良

着順:2着(2.33.1・0.3差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は中団の前目。

4角は6番手で直線。

直線は坂の上りで先頭を射程圏に入れたかに見えたが、52キロで余力たっぷりに逃げるウインキートスの脚は止まらない。

この馬も上り32.4秒の脚を出してはいるが、こればっかりは仕方がない。

2021年 目黒記念(G2)のラップ分析&回顧

21/10/10 京都大賞典(G2)

阪神 芝2400m(外)良

着順:8着(2.25.1・0.6差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

道中は中団の前、5~6番手あたり。

4角は4番手の外で直線に向き、直線でも、坂下あたりまでは食らいついてはいたが、坂の上りで敢えなく失速。

この馬自身、こういうタフな流れは初体験。

やはりこういう流れでは課題を残した。

2021年 京都大賞典(G2)のラップ分析&回顧

21/12/4 チャレンジC(G3)

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(2.01.6・0.6差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団の5~6番手。

4角も6番手で直線に向き、先に抜け出したソーヴァリアントを追うが、その差は詰まるどころか開く一方。

スローの終い勝負は得意な馬だが、この着差はちょっと離され過ぎの感あり。

それとも2000mはちょっと短いのか?

2021年 チャレンジカップ(G3)のラップ分析&回顧

次走、中山金杯(G3)に向けて

次走は1月5日(水)、中山競馬場 芝2000mで行われる「中山金杯(G3・ハンデ)」。

堅実な走るをする馬で、ここでも人気しそうだが、もう一つ信頼の置けない面はある。

頭にはし辛い馬。

 

⇒その他、2022・中山金杯(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)