2021年12月11日【中日新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ヤシャマルの好走パターンを分析。

ヤシャマルの距離適性

ヤシャマルはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-1-1)
  • 芝2000m(2-3-1-6)
  • 芝2200m(0-0-1-0)

中距離では安定。

ヤシャマルの脚質

好位抜け出し、または中団で脚を溜めて直線差し切り。

そこそこの先行力があるので、毎回まずまずのポジションが取れる。

終いの脚は確実で、平均ペース前後なら末脚は鈍らない。

瞬発力を武器とする馬だが、もともと長く良い脚も使える馬なので、この先OPクラスの流れにも、比較的対応しやすいのではないか。

ただ、3走前あたりから急にポジションが取れなくなってきている。

ヤシャマルのコース適正

ヤシャマルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-1-1)
  • 東京(4-2-1-3)
  • 中山(0-1-1-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(0-1-0-0)

東京巧者。

トビが大きい馬だがエンジンのかかりは遅いので、広いコース、長い直線が合っていそう。

直線急坂コースは中山コースのみ。3着以内はどれも「未勝利戦」で減量騎手騎乗でのもの。

直線急坂コースには不安が残る。

左右回りでは;

  • 右回り(0-2-1-2)
  • 左回り(4-2-2-5)

勝率、連対率は左回りの方が良い。

ヤシャマルの持ち時計(ベストタイム)

ヤシャマルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.45.8 9着(東京)
  • 芝2000m:1.58.5 4着(新潟)
  • 芝2200m:2.16.0 3着(中山)

この先、速い時計にどれだけ対応できるかが課題。

ヤシャマルの重馬場適正

ヤシャマルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-1-1)

道悪は苦にしないが、あとは力関係。


ヤシャマルの鉄砲実績(休み明け)

ヤシャマルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-3)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(未)

ヤシャマルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-4-1-1)
  • 中3~5週(0-0-1-2)
  • 中6~8週(0-0-0-1)

ここまでほとんどのレースを中2週で使ってきていて、結果も伴っている。

身体は丈夫そう。

ヤシャマルの枠順適正

ヤシャマルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-2-0)
  • 5~9番(1-3-0-4)
  • 10~14番(2-1-1-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ヤシャマルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-1-1)
  • 3~5月(春):(2-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-1)
  • 9~11月(秋):(0-2-1-4)

ヤシャマルの斤量別着度数

  • 52キロ(0-1-1-0)
  • 54キロ(0-1-2-4)
  • 55キロ(0-2-0-1)
  • 56キロ(3-0-0-2)
  • 57キロ(1-0-0-0)

ヤシャマルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 482~510キロ

ヤシャマルの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー)。

母の父はアグネスデジタル(ミスプロ系/マイルCS,秋天、香港C、フェブラリーS、安田記念)

母方6代前のワールドハヤブサからのラインは、ニッポーテイオー(秋天、マイルCS、安田記念)、タレンティドガール(エリザベス女王杯)、ホエールキャプチャ(ヴィクトリアマイル、阪神JF2着、桜花賞2着、オークス3着、秋華賞3着)などを輩出する名門牝系。

次走、日経新春杯(G2)に向けて

次走は1月16日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「日経新春杯(G2・ハンデ)」。

この馬の場合、狙うなら東京コースだろう。

 

⇒その他、2022・日経新春杯(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)