2021年11月20日【秋色S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ゴールデンシロップの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ゴールデンシロップの距離適性

ゴールデンシロップはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-1-0-0)
  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

ベストは1600m。

ゴールデンシロップの脚質

先行押し切り、中団で脚を溜めてからの差し。

瞬発力はあるが、ND系の馬だけに、そこに頼り過ぎるのは危険。

基本はSP持続型の瞬発系。

位置取りは前目で、持続力を生かしつつ、終いもそこそこ伸ばしてくるイメージ。

まだキャリア7戦で、未知の面が多いのも事実。

ゴールデンシロップのコース適正

ゴールデンシロップの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(3-1-0-1)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

ゴールデンシロップの持ち時計(ベストタイム)

ゴールデンシロップの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.0 1着(東京)
  • 芝1800m:1.46.7 1着(東京)
  • 芝2000m:2.03.6 8着(中山)

まだ速い時計は持っていない。

ゴールデンシロップの重馬場適正

ゴールデンシロップの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ未知数だが、血統だけを見れば走ってきそう。


ゴールデンシロップの鉄砲実績(休み明け)

ゴールデンシロップの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-1-0-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ゴールデンシロップのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-1)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

ゴールデンシロップの枠順適正

ゴールデンシロップの馬番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-2)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(未)

ゴールデンシロップの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(2-1-0-1)

ゴールデンシロップの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-1)

ゴールデンシロップの好走体重

3着以内の体重は;

  • 528~536キロ

ゴールデンシロップの血統背景

ゴールデンシロップは外国産馬。

父はハヴァナゴールド(ND系サドラーズウェルズ)。

ハヴァナゴールドは欧州で走り、芝のG1を1勝。主要距離は芝の1400~1600m。

母の父はミスターグリーリー(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

ミスターグリーリーは米国で走り、ダートの1200~1600mで活躍。

次走、関屋記念(G3)に向けて

次走は6月14日(日)、新潟競馬場 芝1600m(外)で行われる「関屋記念(G3)」。

長欠明け、速い時計への対応など、課題は多そうだが、力はありそうな馬で、未知の魅力がないわけではない。

 

⇒その他、関屋記念(G3)の出走馬を分析