2022年5月14日【京王杯SC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ワールドバローズの好走パターンを分析。

ワールドバローズの距離適性

ワールドバローズはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-2-0-1)
  • 芝1600m(4-3-0-2)

千四と千六、現状ではどちらがベストなのかはまだ分からない。

意外と千四の方が良いような気もする。

ワールドバローズの脚質

1600mでは前々にポジションを取ってからの押し切りが好走パターンだが、これまでの勝ち上がりはどれも緩い流れ。

終いのキレだけを見ると、慣れてきて追走に苦労しないようであれば、1400mの方がいいのかもしれない。

ワールドバローズのコース適正

ワールドバローズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-1-0-2)
  • 中山(未)
  • 中京(4-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-4-0-1)
  • 小倉(未)

中京コースは走りやすそうだが、レース内容を見ると、まだ「たまたま」のような印象が強い。

ワールドバローズの持ち時計(ベストタイム)

ワールドバローズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.4 4着(東京)
  • 芝1600m:1.33.4 7着(東京)

スピード勝負はしんどそう。

ワールドバローズの重馬場適正

ワールドバローズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-1-0-1)
  • 不良(未)

道悪はそこそこ走ってきそうな感じ。


ワールドバローズの鉄砲実績(休み明け)

ワールドバローズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ワールドバローズのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-2-0-1)
  • 中3~5週(0-2-0-0)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

ワールドバローズの枠順適正

ワールドバローズの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(3-3-0-1)
  • 10~14番(0-1-0-1)
  • 15~18番(未)

ワールドバローズの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-1)
  • 55キロ(2-3-0-0)
  • 56キロ(1-1-0-3)

ワールドバローズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-3-0-0)

ワールドバローズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 448~458キロ

ワールドバローズの血統背景

父はディスクリートキャット(ND系ストームキャット)。

ディスクリートキャットは米国、ドバイで走りダートG1を1勝。主要距離はダートの8F(約1600m)。

母の父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

次走情報

次走は6月14日(日)、新潟競馬場 芝1600m(外)で行われる「関屋記念(G3)」に登録がある。

 

⇒その他、関屋記念(G3)の出走馬を分析