2022年11月13日【エリザベス女王杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ローザノワールの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ローザノワールの距離適性

ローザノワールはこれまでに芝1200m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(0-0-0-3)
  • 芝1800m(1-0-1-4)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-1)

適距離は1600~1800m。

ダートでも2000m以上は長い感じだった。

ローザノワールの脚質

逃げ、先行脚質。

ダートで3勝クラスを卒業してOP入り。

しかしダートのOPクラスでは結果が出ずに芝を試したところ「ディセンバーS」を逃げ切り勝ち。

G1の「ヴィクトリアマイル」でも、マイペースの逃げで見せ場たっぷりの0.3差の4着。

現状では、緩い流れからの粘り込み。

タフな流れを凌ぎきるスタミナ、持続力となるとどうか?

ローザノワールのコース適正

ローザノワールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-1-0)
  • 函館(0-0-0-3)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中山(1-0-0-1)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(未)

ローザノワールの持ち時計(ベストタイム)

ローザノワールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.10.5 6着(函館)
  • 芝1600m:1.32.5 4着(東京)
  • 芝1800m:1.46.4 11着(東京)
  • 芝2000m:2.04.9 10着(中京)
  • 芝2200m:2.15.1 13着(阪神)

時計勝負というタイプではない。

ローザノワールの重馬場適正

ローザノワールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

元ダート馬だけに、ペースさえ緩めば道悪は苦にしないだろう。


ローザノワールの鉄砲実績(休み明け)

※ダートを含む

ローザノワールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-2-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-7)
  • 3戦目(0-0-0-5)
  • 4戦目(2-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-4)

ローザノワールのローテーション適正

※ダートを含む

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-8)
  • 中3~5週(0-1-0-6)
  • 中6~8週(1-0-0-4)

ローザノワールの枠順適正

ローザノワールの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-5)
  • 5~9番(0-0-0-2)
  • 10~14番(0-0-0-4)
  • 15~18番(未)

脚質的には内枠が欲しいだろう。

ローザノワールの斤量別着度数

  • 51キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(1-0-0-7)
  • 55キロ(0-0-1-2)
  • 56キロ(0-0-0-1)

ローザノワールの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(1-0-0-4)
  • 3~5月(春):(2-1-0-7)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-8)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-6)

ローザノワールの好走体重

※ダート含む

3着以内の体重は;

  • 454~475キロ

ローザノワールの血統背景

父はマンハッタンカフェ(サンデー系/菊花賞、有馬記念、春天)。

母の父はオーサムアゲイン(ND系ヴァイスリージェント)。

オーサムアゲインはオーサムアゲインは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの8~10F(約1600~2000m)。

ローザノワールの近走

22/7/31 クイーンS(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:着(1.47.・差)

騎手:(55キロ)

【レース前寸評】

逃げ馬らしい逃げ馬はこの馬ぐらいか?

気分よくマイペースで逃がせば厄介。

【結果】

2枠2番からハナへ。

前半はかなり緩いペースでレースを引っ張り、残り1000mあたりからペースを上げて行く。

4角も先頭で直線に入るが、直線ではゴール前で2頭に交わされて惜しい3着。

鞍上もコメントしているように、ちょっと前半緩すぎた。

馬の適正にもよるが、この馬の場合は、中盤で息を入れた方が良いタイプではないか?

2022年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

22/10/15 府中牝馬S(G2)

東京 芝1800m 良

着順:15着(1.46.6・2.1差)

騎手:田中勝春(54キロ)

【レース前寸評】

逃げるとすればこの馬と、あと1頭くらいか?

再度マイペースの逃げに持ち込めれば、ここでも上位食い込みはある。

【結果】

スタートで出遅れてしまったために、序盤でかなり押して行ってハナを主張したが、前半1000mの通過が57.9秒はこの馬のペースではない。

4角も先頭で直線に向くが、坂の上りで馬群に消えた。

出遅れてうまく流れを作れなかった。

2022年 府中牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

22/11/13 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)重

着順:13着(2.15.1・2.1差)

騎手:田中勝春(56キロ)

【レース前寸評】

この一気の距離延長は厳しいだろう。

【結果】

1枠2番からハナへ。

4角も先頭で直線に向くが、直線は坂下あたりで一杯。

逃げ馬には厳しい馬場、距離も長い。

2022年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧