2020年6月14日【エプソムC】終了時点までのデータをもとに、ギベオンの好走パターンを分析。

ギベオンの距離適性

ギベオンはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-1)
  • 芝1800m(1-1-0-2)
  • 芝2000m(2-0-0-6)
  • 芝2200n(0-0-0-1)

芝1600m(0-1-0-1)

3歳G1の「NHKマイルC」でクビ差の2着。

5着に敗れた2019年の「ダービー卿CT(G3)」は、トップハンデの57.5キロを背負って0.3差。

芝1800m(1-1-0-2)

3歳重賞「毎日杯(G3)」で2着。

芝2000m(2-0-0-6)

「中日新聞杯(G3)」では3歳ながら古馬なみの56キロのハンデを背負って勝利を飾る。

芝2200m(0-0-0-1)

菊花賞トライアル「セントライト記念(G2)」で1.5差の13着。

ギベオンの適距離

好走したレースが芝1600m~芝2000mと比較的好走レンジが広い。

ベストの距離が1600m寄りなのか、2000m寄りなのか?

距離よりもコース形態、展開がギベオンの走りを左右するようにも見えるが(後述)。

ギベオンの脚質

ギベオンの好走時の脚質は、中団~好位からスピードに乗って押し切る競馬。

瞬発型というよりスピード持続型のような印象。

ただ、大型馬でトップスピードに乗るまでには若干時間を要するため、スローの瞬発力勝負には向かない。

ギベオンのコース適正

ギベオンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(1-1-0-2)
  • 中山(0-0-0-3)
  • 中京(1-0-0-2)
  • 阪神(1-1-0-2)

阪神の馬券圏内を外しているレースはともに内回りコース。

中山コースでもそうだが、ギベオンはトップスピードに乗るまでには若干時間を要するので、直線は短いより長い方がベター。

ただ、締まったペースの消耗戦ならその限りではない。

ギベオンの持ち時計(ベストタイム)

ギベオンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.0 5着(0.3差・中山)
  • 芝1800m:1.45.0 7着(0.6差・東京)
  • 芝2000m:1.59.3 1着(ハナ差・中京)
  • 芝2200m:2.13.6 13着(1.5差・中山)

突出した時計はないものの、そこそこの時計勝負には対応は可能。

ギベオンの重馬場適正

ヴェロックスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重での敗戦は、馬場で負けたと言うよりも、スローの瞬発力勝負に対応できなかっただけだろう。

不良まで行くと苦しそうだが、道悪の巧拙に関してはまだ未知数。

ギベオンの鉄砲実績(休み明け)

ギベオンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-3)

ギベオンの枠順適正

ギベオンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-6)
  • 5~9番(2-2-0-4)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

内枠は良くないと言うデータ。

ギベオンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-2-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-3)

ギベオンの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(2-1-0-6)
  • 57キロ(0-1-0-1)
  • 57.5キロ(0-0-0-2)

ギベオンの好走体重

  • 3着以内の体重は;
  • 502~516キロ

ギベオンの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はゴーストザッパー(ND系ヴァイスリージェント)。

ゴーストザッパーは米国で走り、ダートG1を4勝。主戦場はダートの短距離~中距離。

ギベオンの近走

19/3/30 ダービー卿CT(G3)ハンデ戦

中山競馬場 芝1600m 良

着順:5着(0.3差)騎手:蛯名正義(57.5キロ)

先団5~6番手から直線は外に出して先頭を追うが、なかなかその距離は縮まらない。

レースの上りが35.2秒の消耗戦。

ギベオンにとっては得意な展開にはなったが、トップハンデの57.5キロが影響したのだろう。

19/6/1 鳴尾記念(G3)

阪神 芝2000m(内回り)良

着順:4着(0.3差)騎手:福永祐一(56キロ)

スタートで躓いて後方からの競馬になる。

直線は外目から追い上げるが0.3差が精一杯。

スタートの後手さえなければ際どかったかも。

19/10/6 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:7着(0.6差)騎手:岩田望来(56キロ)

先団に取り付いて競馬を進めるが、道中順位は浮き沈み。

直線は内を突いてくるが、伸びは一息。

休み明けが堪えたか?

19/11/30 チャレンジカップ(G3)

阪神 芝2000m 良

着順:9着(0.4差)騎手:デットーリ(56キロ)

3Lap目に13秒を刻む明らかなスローペース。

レースの上りも34.4秒。

内回りコースでこの展開だとギベオンは苦しい。

20/1/5 中山金杯(G3)

中山 芝2000m 良 17頭

着順:10着(2.00.0・0.5差)

騎手:フォーリー(57.5キロ)

五分のスタートから中団の前。

4角までは良い感じで追走していたが、直線に入ると伸びて来ない。

そこそこ締まった展開で、ギベオンの得意の展開のはずだが、やはり斤量が重かった。

2020年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:4着(2.02.0・0.4差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は先団3~4番手。

4角は4番手の最内で直線。

直線入口では少し前が開かずに追い出しが遅れたように見えた。

前が開いてからは伸びては来ているが、スローの瞬発戦には向かないタイプ。

それでも0.4差の4着なら上々。

休み明け、ひと叩きされて次走に期待。

2020年 金鯱賞(G2)のラップ分析&回顧

20/5/10 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟 芝2000m(外)良 16頭

着順:13着(1.59.9・1.3差)

騎手:岩田望来(57.5キロ)

位置取りが中団の後ろあたり。

直線は内を突いて伸びてはくるが、残り1Fで一杯。

そこそこ流れた展開になったので、ラストはトップハンデが応えた感じ。

2020年 新潟大賞典(G3)のラップ分析&回顧

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良

着順:11着(1.49.8・2.1差)

騎手:戸崎圭太(57キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は4番手で回ってくるが、直線では中ほどで一杯気味。

馬体重が-22キロで500キロを切っていた。

輸送に失敗した可能性もある。

2020年 エプソムC(G3)のラップ分析&回顧

ギベオンの次走

次走は12月12日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「中日新聞杯(G3)ハンデ」。

ハンデは57キロ。

一昨年はハンデ56キロで勝利している。

近走の内容も、着順ほど悪いとは思えないが、約半年ぶりの競馬で、いきなりは厳しいか。

 

その他、中日新聞杯の出走馬を分析

 

【スポンサーリンク】