2020年10月24日【富士S】終了時点までのデータをもとに、ケイアイノーテックの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ケイアイノーテックの距離適性

ケイアイノーテックはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(3-2-2-8)
  • 芝1800m(0-0-0-2)
  • 芝2000m(0-0-0-2)

ベストは1600m。

ケイアイノーテックの脚質

ケイアイノーテックの好走時の脚質は、中団~後方で脚を溜めて終いを生かす競馬。

レースの上りは速いよりもかかった方がベターで、ハイペースの持久戦、開催後半の荒れた馬場などで強さを発揮する。

先行策も試している時期はあったようだが、うまく行ったためしはない。

ケイアイノーテック自身、あまり器用な馬ではないのかもしれない。

ケイアイノーテックのコース適正

ケイアイノーテックの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-0-1-8)
  • 中山(0-1-0-1)
  • 京都(0-1-1-2)
  • 阪神(2-0-0-3)

東京での1勝は、3歳時の「NHKマイルC(G1)」。

データ上ではどのコースでもそこそここなしているような印象を持つが、この馬は基本的には上りの速い競馬は不向き

なので、上りが速くなる傾向が強い東京や新潟のコース形態では力を発揮しにくい。

外回りよりは内回り、直線も急坂があるコースで力を発揮しやすい

ケイアイノーテックの持ち時計(ベストタイム)

ケイアイノーテックの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.3 6着(0.5差・東京)
  • 芝1600m:1.31.3 7着(0.4差・東京)
  • 芝1800m:1.44.9 5着(0.4差・東京)
  • 芝2000m:1.57.5 9着(1.3差・東京)

ベストタイムを計時したレースの着順が軒並みに悪い。

高速馬場での高速決着では、この馬の出番はないだろう。

ケイアイノーテックの重馬場適正

ケイアイノーテックはこれまでに、道悪競馬の経験はない。

しかし稍重馬場では3鞍、結果は;

  • 稍重(0-1-0-3)

位置取りが後ろからになることが多いので、緩い馬場は持ち味である終いの脚を鈍らせる。

ケイアイノーテックの鉄砲実績

ケイアイノーテックの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-2-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-5)
  • 3戦目(0-1-0-3)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目~(1-1-0-1)

叩きつつ、ジワジワと調子を上げるタイプ。

ケイアイノーテックの枠順適正

ケイアイノーテックの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-5)
  • 5~9番(1-0-2-5)
  • 10~14番(1-1-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-2)

ケイアイノーテックの季節別着度数

※ダート含む

  • 12~2月(冬):(0-1-0-4)
  • 3~5月(春):(2-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(0-0-2-5)

ケイアイノーテックの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-0)
  • 55キロ(0-0-1-1)
  • 56キロ(1-1-0-3)
  • 57キロ(1-0-1-5)
  • 58キロ(0-0-0-5)

ケイアイノーテックの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~472キロ

ケイアイノーテックの血統背景

父はディープインパクト。

母は中央競馬でダートの短距離重賞(G3)2勝のケイアイガーベラ。

その父はスマーティージョーンズ(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

スマーティージョーンズは米国で走り、「ケンタッキーダービー」などダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。

ケイアイノーテックの近走

19/6/2 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良

着順:7着(0.4差)騎手:幸英明(57キロ)

最内1番ゲートからだが、控えて後方からの競馬。

直線では上りメンバー2位の32.7秒の脚で追い上げるが0.4差の7着。

レースの上りは33.9秒。

レース自体はこの馬の競馬を貫徹した印象。

あれこれ試すより、この競馬がこの馬には一番合っていると思う。

今走はコースと展開が不向きだっただけだろう。

19/10/6 毎日王冠(G2)

東京 芝1800m 良

着順:9着(1.4差)騎手:幸英明(57キロ)

またしても最内1番ゲートから。

しかし今走は先団に取り付く競馬で2~3番手から。

しかし終いは完全失速で見せ場なし。

ペース的には前年0.4差の5着に入ったときよりも若干流れた展開になっていたので、溜める競馬に徹していれば、勝つまでにはいかないまでも、もう少し何とかなったとは思う。

明らかな戦略ミス、と思うが。

19/10/27 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:9着(1.3差)騎手:幸英明(58キロ)

3番ゲートから、今走は控えて後方から。

直線では内を突いて脚を伸ばすが、先団との差は縮まらないまま。

明らかな高速馬場での高速決着。

コースと展開が、明らかに適正条件外のレースではあったが、後方で脚を溜めて、終始馬場の内目を通り、4角も最内から直線も内を突いた割には、上り時計の34.2秒は少し物足りない。

2000mの距離が微妙に長かったのかもしれないが、初距離だけに、断言はできない。

19/11/30 チャレンジカップ(G3)12頭立て

阪神 芝2000m 良

着順:7着(1.59.4 0.3差)

騎手:幸英明(57キロ)

最後方からの競馬。

上りはメンバー最速33.8秒の脚で追い上げるが、レースの上りが34.4秒では届かないのも仕方ない。

5回阪神開催の開幕週初日。

他のレースではレコードも出るほどの高速馬場。

ケイアイノーテックに出番がないのは当然。

しかし、状況さえ一変すれば、2000mでもそこそこ走れることは分かった。

20/2/9 東京新聞杯(G3)

東京 芝1600m 良 16頭

着順:11着(1.33.6・0.6差)

騎手:津村明秀(58キロ)

最後方からの競馬。

上りは最速33.2秒の脚を出しているが、いつものように届かない。

別定重量58キロも重かっただろう。

2020/4/4 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:4着(1.33.2・0.4差)

騎手:津村明秀(57キロ)

いつものように後方から。

4角は大外を回って直線に向く。

直線は馬場の外目から追い出してきて、グングン伸びては来るものの、あの位置取りからでは4着が精一杯。

まあ、いつも、こんな感じ。

20/5/16 京王杯SC(G2)

東京 芝1400m 稍重 13頭

着順:6着(1.20.3・0.5差)

騎手:石橋脩(57キロ)

いつものように後方から。

上りはメンバー2位の32.5秒で上がってくるが、レースの上りが33.1秒ではなす術なし。

20/6/7 安田記念(G1)

東京 芝1600m 良 14頭

着順:5着(1.32.3・0.7差)

騎手:津村明秀(58キロ)

いつものように後方からだが、今回は早めに仕掛けて4角は7番手の外。

直線も馬場の外目を追い上げるが、5着まで。

早めの進出など工夫は見られたが、レースの上りが34.3秒では届かない。

2020年 安田記念(G1)のラップ分析&回顧

20/7/19 中京記念(G3・ハンデ)

阪神 芝1600m 良

着順:4着(1.32.8・0.1差/3番人気)

騎手:岩田望来(57キロ)

道中は中団のうしろ。

ゴール前は前にいた馬がバッタリと止まる展開で、ケイアイノーティックはメンバー3位の34.7秒の脚。

外差し馬場、展開の利もあって4着入線。

2020年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

20/10/24 富士S(G2)

東京 芝1600m 良

着順:3着(1.33.8・0.4差)

騎手:津村明秀(56キロ)

道中は後方から。

上りのかかる展開で、きっちりと後方から脚を伸ばした。

この馬の一番得意とする展開。

きっちり嵌った。

2020年 富士S(G2)のラップ分析&回顧

次走に向けて

次走は11月22日、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「マイルCS(G1)」。

展開次第では上位に食い込んで来る可能性はあるが、今の阪神競馬場の馬場状態では、そこまで上りがかかって来るとは思えない。

 

その他、マイルチャンピオンシップの出走馬を分析