2020年4月25日【福島牝馬S】終了時点までのデータをもとに、フィリアプーラの好走パターンを分析。

フィリアプーラの距離適性

フィリアプーラはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-0-2)
  • 芝1800m(0-0-1-2)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは1600mで間違いないだろう。

1800mは新馬戦で3着(クビ・ハナ差)、2000mは「紫苑S(G3)」で5着(0.4差)とそこそこ走ってはいるが、どちらもドスローだけに、あまりアテにはならない。

しかしまあ、2000mまでは守備範囲。

フィリアプーラの脚質

後方からの追い込み。

脚を溜めると強烈な末脚を繰り出す。

しかし、ほぼ最後方からの競馬になるので、届かない危険性は常にある。

フィリアプーラのコース適正

フィリアプーラの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-1-1)
  • 中山(2-0-0-3)
  • 阪神(0-0-0-1)

中山は走る。馬券圏内を外したレースも掲示板は2度確保。

かなり後ろからになるので、レースの上りはかかった方がベター。

内回り、小回りの方が戦いやすいだろう。

現状では、関西圏への長距離輸送に少し課題がありそう。

フィリアプーラの持ち時計(ベストタイム)

フィリアプーラの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.8 4着(0.6差・中山)
  • 芝1800m:1.47.6 7着(0.8差・福島)
  • 芝2000m:1.58.7 5着(0.4差・中山)
  • 芝2200m:2.13.0 4着(0.4差・京都)
  • 芝2400m:2.24.7 10着(1.9差・東京)

後方からの追い込み脚質なので、時計、上りがあまり速くなると、当然届かなくなる。

時計に関しては他力本願の脚質。

フィリアプーラの重馬場適正

フィリアプーラの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 不良(0-0-0-1)

後ろから追い込むだけに、脚が削がれる道悪は良くないだろう。

フィリアプーラの鉄砲実績(休み明け)

フィリアプーラの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-4)

体質的な問題があるのか、長期休養を挟みながらの競馬が多いので、休み明けを気にしていると手が出せない。

フィリアプーラの評価

強烈な末脚が武器だが、展開に左右されることが多い脚質。

嵌れば飛んで来るが、あまりアテにはできない面もある。

しかし、上りが速くなりにくい中山コースでは明らかな凡走は少ない。

フィリアプーラの近走診断

19/5/19 オークス(G1)

東京 芝2400m 良 18頭

着順:10着(2.24.7 1.9差)

騎手:丸山元気(55キロ)

大外18番ゲートから道中はほぼ最後方。

見せ場無く終わったが、これは距離が長かったのだと思うが。

19/9/7 紫苑S(G3)

中山 芝2000m 良 15頭

着順:5着(1.58.7 0.4差)

騎手:丸山元気(54キロ)

このレースは一転出して行って中団の内ぴったりにポジショニング。

残り1000mを過ぎたあたりではさらに順位を上げて3、4角では4番手の内で直線。

直線もゴール前までそこそこ粘って5着をキープ。

スローペースではあったが、大きくは止まっていない。

19/12/14 ターコイズS(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:4着(1.32.8 0.6差)

騎手:丸山元気(53キロ)

このレースはいつもの最後方から。

道中じっくり脚を溜めて、4角も最後方から追い上げにかかる。

直線では途中で少し詰まるところがあったが、それでも立て直して3着のシゲルピンクダイヤにハナ差迫った。

上り時計の33.8秒は一頭だけ抜きん出た上り時計。

完全に復調モード。

20/3/14 中山牝馬S(H3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良 16頭

着順:10着(1.51.1・0.9差)

騎手:ヒューイットソン(53キロ)

いつものように後方13番手あたり。

直線もおそらくあまり伸びていない(雪で確認できない)。

今走は馬場に尽きるだろう。

20/4/25 福島牝馬S(G3)

福島 芝1800m 良 16頭

着順:7着(1.47.6・0.8差)

騎手:丸山元気(54キロ)

道中は後方。

ラスト3Fはメンバー3位の35.0秒の脚で追い上げるが、7着までが精一杯。

フィリアプーラの次走

次走は阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「マーメイドS(G3)」。

距離はギリギリと言ったところだが、展開が相当極端に向かない限り、上がり目はなさそう。