2020年7月5日【巴賞】終了時点までのデータをもとに、カリビアンゴールドの好走パターンを分析。

カリビアンゴールドの距離適性

カリビアンゴールドはこれまでに芝1400m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(3-1-0-6)
  • 芝1800m(0-2-3-6)
  • 芝2000m(1-3-1-2)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは芝1600mで、1800mまでは守備範囲。

芝2000mになるとギリギリ。

カリビアンゴールドの脚質

道中は先団、もしくは中団の前目にポジションを取って、直線はそこから押し切る競馬。

先行力からのスピード持続力。

ただ、ペースが速くなってしまうと、終いが甘くなる印象がある。

上りが極端に速くなると、キレがない分後手を踏む。

カリビアンゴールドのコース適正

カリビアンゴールドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 函館(0-3-2-0)
  • 札幌(1-0-1-1)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(2-1-0-4)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-1-0-5)
  • 阪神(0-0-1-3)

函館、札幌など洋芝での好走が目を惹く。

洋芝や力の要る荒れた馬場は歓迎の口。

一方で、走破時計や上りが速くなりやすい東京など、直線の長いコースは戦い難いか。

カリビアンゴールドの持ち時計(ベストタイム)

カリビアンゴールドの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.23.0 6着(中京)
  • 芝1600m:1.32.6 8着(京都)
  • 芝1800m:1.46.1 3着(阪神)
  • 芝2000m:1.59.7 3着(函館)
  • 芝2400m:2.25.8 11着(東京)

高速馬場、高速決着、上りの速い展開は苦手。

カリビアンゴールドの重馬場適正

カリビアンゴールドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-0-3)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重程度ならなんとかなるが、それ以上になるとダメ。

力の要る馬場は得意だが、渋った馬場が苦手っぽい。

カリビアンゴールドの枠順適正

前目のポジションが欲しいので、極端な外枠は避けたい。

カリビアンゴールドの鉄砲実績(休み明け)

カリビアンゴールドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-4)

勝ち鞍もあるので、あまり気にしなくてもよさそう。

カリビアンゴールドの血統背景

父はステイゴールド(サンデー系)、母の父はケープクロス(ND系ダンチヒ)。

5代血統内のクロスは;

  • ノーザンダンサー  6.25% 5 x 5

カリビアンゴールドの評価

目安としては、前半1000mが58秒台、もしくはそれ以下で好走できていない。

距離は1600m、1800m、ペースが落ち着きやすいメンバー構成で狙い撃ち。

カリビアンゴールドの近走診断

19/11/3 清水S(3勝クラス)

京都 芝1600m 良 9頭

着順:1着(1.33.7 -0.3差)

騎手:川田将雅(55キロ)

3枠3番からすんなり先手を取って道中は2番手で追走。

ペースはさほど上がらずに、直線はメンバー2位の34.0秒の脚で快勝。

19/12/7 リゲルS(L)

阪神 芝1600m 良 16頭

着順:5着(1.33.6 0.3差)

騎手:川田将雅(54キロ)

外枠8枠15番から位置取りは中団の前。

先団がガリガリと競り合ったため、序盤のペースが速くなった。

カリビアンゴールドは4角6番手の内で、先頭を射程圏に捉え、直線は内を突いて伸びてくるが、ゴール前少し伸びを欠いて5着。

序盤のペースが影響したと見るが、どうか。

20/2/15 洛陽S(L・ハンデ)

京都 芝1600m 稍重 13頭

着順:2着(1.34.4 0.2差)

騎手:川田将雅(53キロ)

大外13番ゲートから積極的にポジションを取りに行って2番手からの競馬。

稍重馬場ということもあり、ペースはそれほど上がらない。

直線は残り200mを過ぎて、馬場の中ほどを伸びてきて一旦先頭。

しかし外から追い込んできたヴァルディゼールにゴール前交わされて2着。

20/3/14 中山牝馬S(H3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良 16頭

着順:15着(1.51.7・1.5差)

騎手:石橋脩(53キロ)

馬場に尽きる。

ペースもこの馬場にしては速すぎた。

20/4/25 福島牝馬S(G3)

福島 芝1800m 良 16頭

着順:4着(1.47.1・0.3差)

騎手:秋山真一郎(54キロ)

前半1000mは59.6秒。

カリビアンゴールドは中団やや後ろ。

3~4角で進出を開始すると、4角は大外を回して直線。

直線も馬場の外目から鋭い伸び脚を見せるが4着まで。

位置取りの差が着順の差。

終いを生かす競馬でもそこそこやれそう。

20/5/16 都大路S(L)

京都 芝1800m(外)重 14頭

着順:12着(1.50.2・2.0差)

騎手:松若風馬(54キロ)

道中先団3番手追走も、直線は伸びを欠く。

重馬場はダメ。

20/7/5 巴賞

函館 芝1800m 良 10頭

着順:3着(1.48.2・0.3差)

騎手:藤岡康太(54キロ)

道中は2番手。

前半1000mは61.0秒。

直線は最後まで先頭に食らいつくが、交わすだけの脚はない。

カリビアンゴールドの次走

次走は札幌競馬場 芝1800mで行われる「クイーンS(G3)」の予定。

力の要る洋芝は向いている。

すんなり先行できれば。

 

⇒ その他、クイーンSの出走馬を分析