2020年12月19日【ターコイズS】終了時点までのデータをもとに、フェアリーポルカの好走パターンを分析。

フェアリーポルカの距離適性

フェアリーポルカはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-0)
  • 芝1800m(3-0-0-2)
  • 芝2000m(1-1-1-3)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

現状ではベストの距離は1800~2000m。

フェアリーポルカの脚質

先団、または中団の前あたりにポジションを置き、ラストはそこからスピードを持続しながら押し切る競馬で強さを発揮。

スピード持続型。

切れる脚はない方なので、スローペースにおける終いの切れ味勝負、上がり時計の速い結着では引けを取る。

フェアリーポルカのコース適正

フェアリーポルカの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 福島(1-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中山(1-1-1-0)
  • 京都(0-0-1-1)
  • 阪神(2-0-0-0)
  • 小倉(0-0-0-1)

スローの瞬発力勝負になりやすい、直線の長い競馬場よりは、内回り、小回りコースの方が戦いやすいだろう。

フェアリーポルカの持ち時計(ベストタイム)

フェアリーポルカの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.8 3着(中山)
  • 芝1800m:1.46.1 6着(札幌)
  • 芝2000m:1.58.3 2着(中山)
  • 芝2400m:2.26.3 16着(東京)

スピード決着には不向き。

フェアリーポルカの重馬場適正

フェアリーポルカの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(1-0-0-0)

稍重の「秋華賞」では、鞍上は馬場を敗因に挙げていたが、その後重馬場の「愛知杯」では0.2.差の4着。不良馬場の「中山牝馬S」では勝利した。

その後重馬場の「中山牝馬S」では、鞍上はまた馬場を敗因に。

傾向としては、ぐちゃぐちゃの道悪は走るが、綺麗な道悪(開催週などの綺麗な馬場に水分だけを含んだもの、スリッピーな馬場)は苦手、ということか?

フェアリーポルカの枠順適正

フェアリーポルカの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(2-1-1-1)
  • 10~14番(1-0-0-3)
  • 15~18番(0-0-0-1)

内枠が良い。


フェアリーポルカの鉄砲実績(休み明け)

フェアリーポルカの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-1-1)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

どちらかと言えば叩き良化型。

フェアリーポルカの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-2-1)
  • 3~5月(春):(3-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-1-0-2)

フェアリーポルカの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(3-1-1-2)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(0-0-1-1)

フェアリーポルカの連対体重

  • 468~506キロ

フェアリーポルカの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はアグネスタキオン(サンデー系)。

近親に「日経賞」他重賞5勝のトゥザグローリー。「エリザベス女王杯」他重賞4勝のトゥザヴィクトリーなど。


フェアリーポルカの近走

20/1/18 愛知杯(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 重

着順:4着(0.2差)

騎手:和田竜二(53キロ)

今回の愛知杯は小倉開催。

当日の重馬場を考えると、ペースはそこそこ流れていたものと思われる。

レースの上りは37.0秒としっかりかかっていて、今年の小倉開催の愛知杯は重馬場適正、それに伴うスタミナとパワーが問われるレースとなった。

フェアリーポルカは中団の後ろから競馬を進め、3角過ぎから進出を開始位し、4角は7番手の外で直線へ。

直線も馬場の外目を伸びてくるが、上位馬とは差が詰まらないかった。

前走は稍重馬場で大敗したが、今回は重馬場で0.2差の4着と健闘。

やはりこの馬、力はある。

20/3/14 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良 16頭

着順:1着(1.50.2・-0.1差)

騎手:和田竜二(52キロ)

当日は雪の降りしきる不良馬場。

フェアリーポルカはハンデ52キロで道中は中団の前あたりを追走。

4角は6番手で直線に向き、直線は残り200mで先頭を射程圏。

ゴール前はリュヌルージュとの激しい追い比べを制してゴール。

レースの上りは37.8秒、ラスト200mは13.3秒というとてつもない消耗戦。

不良馬場でも道中のラップは緩まず、相当タフなレースだったことが分かる。

ハンデの恩恵があったとは言え、この馬、相当のスタミナとパワーを持ってそう。

2020年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

20/4/25 福島牝馬S(G3)

福島 芝1800m 良 16頭

着順:1着(1.46.8・-0.1差)

騎手:和田竜二(54キロ)

外枠14番から道中は中団の後ろ。

3~4角で順位を上げて、4角は9番手の内で先頭は射程圏。

直線も馬場の内に開いたスペースからしっかりと伸びた。

外枠からでもしっかりと結果を残した。

まさに充実期。

2020年 福島牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

20/8/02 クイーンS(G3)

札幌 芝1800m 良

着順:6着(1.46.1・0.2差)

騎手:和田竜二(55キロ)

道中は勝ったレッドアネモスと同じような位置取りでこちらは外。

勝負どころでは外を回して直線に向き、先頭を完全に射程圏に収めたが、そこから伸びあぐねての0.2差。

前走からの斤量2キロ増がこたえた感じ。

2020年 クイーンS(G3)のラップ分析&回顧

20/10/17 府中牝馬S(G2)

東京 芝1800m 重

着順:8着(1.49.9・1.4差)

騎手:和田竜二(54キロ)

道中は先頭からはかなり離れた3~4番手。

4角は3番手で直線に向くが、坂のあたりから置かれはじめ、最後はシンガリ負け。

鞍上はスリッピーな馬場を敗因に挙げた。

2020年 府中牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

20/12/19 ターコイズS(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:3着(1.34.8・0.2差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は中団、2着のアンドラステのうしろあたり。

4角で1、2着馬が内目に進路をとったのに対して、この馬は外。

最後の着差はその差。

初めての1600mだったが、やはりこの馬、中山は走る。

2020年 ターコイズS(G3)のラップ分析&回顧

フェアリーポルカの次走

次走は2月21日(日)、小倉競馬場 芝1800mで行われる「小倉大賞典(G3)・ハンデ)」。

コース、距離ともに適条件。

道中のペースがそこそこ流れてくれれば好勝負は可能。

 

その他、小倉大賞典(G3)の出走馬を分析