2020年8月16日【関屋記念】終了時点までのデータをもとに、エントシャイデンの好走パターンを分析。

エントシャイデンの距離適性

エントシャイデンはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-2)
  • 芝1400m(1-0-1-7)
  • 芝1600m(4-2-4-10)

ベストは1600mで間違いなさそう。

エントシャイデンの脚質

3歳時には先行して押し切る競馬も見せていたが、最近ではもっぱら終いを生かした競馬。

比較的緩い展開で、中団、または後方から直線で脚を伸ばしてくる。

締まったペースなら、前が総崩れのズブズブ状態で浮上。

エントシャイデンのコース適正

エントシャイデンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 新潟(1-1-0-4)
  • 東京(2-0-1-6)
  • 中山(0-1-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-1-1)
  • 阪神(0-0-3-3)

洋芝エリア、直線急坂エリアで勝ち切れていないデータ。

パワーに欠けるか?

エントシャイデンの持ち時計(ベストタイム)

エントシャイデンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.09.7 5着(函館)
  • 芝1400m:1.19.9 11着(東京)
  • 芝1600m:1.32.2 15着(東京)

自己ベストを計時したときの着順が非常に悪い。

高速馬場、高速決着では期待薄。

エントシャイデンの重馬場適正

エントシャイデンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-2-3)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重程度なら問題なさそうだが、終いを生かす馬だけに、良馬場に越したことはないだろう。

エントシャイデンの鉄砲実績(休み明け)

エントシャイデンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-1-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-2-3)
  • 3戦目(0-1-1-2)
  • 4戦目(0-0-0-4)
  • 5戦目~(3-0-1-6)

そこそこ使ってからの戦績が良い。

ローテーションも中1~2週と詰めて使ったときが(3-1-3-7)と好走する傾向。

エントシャイデンの枠順適正

エントシャイデンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-1-4)
  • 5~9番(0-2-2-4)
  • 10~14番(2-0-1-6)
  • 15~18番(0-0-1-5)

エントシャイデンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-3)
  • 3~5月(春):(1-2-2-4)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-6)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-6)

エントシャイデンの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-6)
  • 55キロ(2-0-1-3)
  • 56キロ(1-2-4-9)
  • 57キロ~(1-0-0-1)

エントシャイデンの連対体重

  • 448~488キロ

エントシャイデンの血統背景

父はディープインパクト、母は中央の芝1200mで3勝を挙げたルシュクル。その父はサクラバクシンオー(ナスルーラ系プリンスリーギフト)。

半弟に「函館2歳S(G3・芝1200m)」を勝ったビアンフェ(父はキズナ)。

5代血統内のクロスは;

  • ノーザンダンサー 6.25% 5×5

エントシャイデンの近走

20/5/31 安土城S(L・ハンデ)

京都 芝1400m 良 17頭

着順:1着(1.21.3・クビ差)

騎手:川須栄彦(55キロ)

道中は中団のインで脚を溜めて、直線では馬場の外目を突いて素晴らしい伸び脚。

午前中に降った雨の影響で、良馬場発表ながら少し時計のかかる馬場。

それもよかった。

20/7/19 中京記念(G3・ハンデ)

阪神 芝1600m 良

着順:3着(1.32.8・0.1差)

騎手:川須栄彦(56キロ)

大外枠から道中は中団の後。

4角12番手から、直線は馬群の内を突いて伸びて来た。

展開が向いたこともあったが、ハンデ56キロでこの競馬なら上々。

2020年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

20/8/16 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:6着(1.33.6・0.5差)

騎手:川須栄彦(56キロ)

道中は後方で脚を溜めて、直線は外に出して追い出す。

上りメンバー3位の脚で追い込んで来るが、もうひと伸びが出ない。

内有利の馬場状態もあっただろうが、稍重あがりの馬場で若干末脚が削がれたか?

2020年 関屋記念(G3)のラップ分析&回顧

エントシャイデンの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

中山コースは相性があまり良くない上に、野芝100%の秋開催も、この馬にとってはプラスには働きそうにない。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析