2020年12月26日【阪神カップ】終了時点までのデータをもとに、ジャンダルムの好走パターンを分析。

ジャンダルムの距離適性

ジャンダルムはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-0-0-1)
  • 芝1600m(3-0-1-9)
  • 芝2000m(0-1-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

3歳時は2000mでも好走歴があるが、古馬になってからは使われていない。

1600mがベストっぽいが、1400mの走りもまずまず。

ジャンダルムの脚質

ポジションを前目に取って押し切る競馬で持ち味を発揮。

2019年の秋の中山「京王杯OH(G3)」では道中3番手から、1.30.9の好タイムで3着に入るなど、スピードでも引けをとらない。

ただ、少しムラっぽい面があり、良いときと悪いときの差が激しい。

ジャンダルムのコース適正

ジャンダルムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(1-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-4)
  • 中山(1-1-2-4)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-0)

どちらかと言えば内回り、小回り向きか。

中山芝1600mとは相性が良い。

ジャンダルムの持ち時計(ベストタイム)

ジャンダルムの芝1400~1600mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.2 7着(0.5差・阪神)
  • 芝1600m:1.30.9 3着(0.6差・中山)

速い時計でも、上りがかかればそこそこの対応できる。

ただ、高速馬場、速い時計、速い上りは苦手だろう。


ジャンダルムの重馬場適正

ジャンダルムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-4)

道悪は、基本的にはこなすと思う。

敗けているのは、敗因は別にありそう。

ジャンダルムの鉄砲実績(休み明け)

ジャンダルムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-3)
  • 3戦目(1-0-0-2)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ジャンダルムの枠順適正

ジャンダルムの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-2-3)
  • 5~9番(2-0-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-6)
  • 15~18番(0-1-0-1)

前目で競馬をしたいので、すんなり先手が取れる内枠が良い。

また、出遅れることも多い馬なので、それも考慮すれば内枠は必須。

ジャンダルムの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-1-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-3)

ジャンダルムの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-1)
  • 55キロ(1-1-1-1)
  • 56キロ(1-0-1-5)
  • 57キロ(1-0-0-4)
  • 58キロ(0-0-0-1)

ジャンダルムの好走体重

3着以内の体重は;

  • 480~506キロ

ジャンダルムの血統背景

父はキトゥンズジョイ(ND系サドラーズウェルズ)。

母は2002年「スプリンターズS」、2003年「高松宮記念」を制したビリーヴ。

母の父はサンデーサイレンス

キトゥンズジョイは米国で走り、芝の1600m~2400mで活躍。G1は2勝。

ジャンダルムの次走

次走は2月28日(日)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「阪急杯(G3)」。

ブリンカーを着用してからのここ3戦は、ムラっぽさは影を潜め、まずまずの走りは見せている。

すんなり先手さえ取れれば、そこそこ粘ってもおかしくはない。

 

その他、阪急杯(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)