2020年8月16日【関屋記念】終了時点までのデータをもとに、ジャンダルムの好走パターンを分析。

ジャンダルムの距離適性

ジャンダルムはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(3-0-1-8)
  • 芝2000m(0-1-1-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

3歳時は2000mでも好走歴があるが、古馬になってからは1600mにしか使われていない。

おそらく1600mがベスト。

ジャンダルムの脚質

ポジションを前目に取って押し切る競馬で持ち味を発揮。

スピード持続型。

切れる脚はないので、上りはかかった方が戦いやすい。

ジャンダルムのコース適正

ジャンダルムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-5)
  • 中山(1-1-2-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-0)

左回りでは結果が出ていない。

どちらかと言えば内回り、小回り向きか。

ジャンダルムの持ち時計(ベストタイム)

ジャンダルムの芝1600mの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.30.9 3着(0.6差・中山)

速い時計でも、上りがかかればそこそこの対応力は見せる。

ただ、高速馬場、速い時計、速い上りは苦手だろう。

ジャンダルムの重馬場適正

ジャンダルムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-4)

道悪は、基本的にはこなすと思う。

敗けているのは、敗因は別にありそう。

ジャンダルムの鉄砲実績(休み明け)

ジャンダルムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-4)

ジャンダルムの枠順適正

ジャンダルムの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-2-3)
  • 5~9番(2-0-0-1)
  • 10~14番(0-0-0-5)
  • 15~18番(0-1-0-1)

前目で競馬をしたいので、すんなり先手が取れる内枠が良い。

また、出遅れることも多い馬なので、それも考慮すれば内枠は必須。

ジャンダルムの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-1-4)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-3)

ジャンダルムの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(1-0-0-1)
  • 54.5~56キロ(1-1-2-5)
  • 57キロ~(1-0-0-4)

ジャンダルムの連対体重

  • 480~506キロ

ジャンダルムの血統背景

父はキトゥンズジョイ(ND系サドラーズウェルズ)、母の父はサンデーサイレンス。

キトゥンズジョイは米国で走り、芝の1600m~2400mで活躍。G1は2勝。

ジャンダルムの評価

距離は1600m。

内枠に入って、すんなり先手が取れれば、少々ペースが上がっても粘り切るスタミナ、パワーを持つ。

決して時計のかかる馬場だけの馬ではない。

左回り、外枠は割引。

ジャンダルムの近走診断

19/10/19 富士S(G3)

東京 芝1600m 稍重 18頭

着順:18着(1.34.5・1.5差)

騎手:藤井勘一郎(56キロ)

7枠13番から好位の5番手に取り付くが位置取りは外。

終始外々を回る展開で、直線は残り200mで失速。

外々を回る距離ロスが響いたか。

20/1/18 ニューイヤーS(L)

中山 芝1600m 稍重 16頭

着順:1着(1.35.8・-0.1差)

騎手:藤井勘一郎(57キロ)

3枠5番からすんなり先団5番手。

4角はほぼ先頭で直線に入り、直線は坂下から抜け出して後続を約1馬身凌いでゴール。

上り時計は36.4っ秒。

緩い馬場でスタミナとパワーを示した。

20/3/15 東風S(L)

中山 芝1600m 稍重 16頭

着順:10着(1.35.1・1.0差)

騎手:藤井勘一郎(58キロ)

6枠12番からポジショニングは中団あたり。

3角過ぎて勝負どころでは外々を回って4角もかなり外目。

そのせいか直線では伸びを欠いて10着。

この馬、外枠は割引。

20/4/4 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:10着(1.33.6・0.8差)

騎手:藤井勘一郎(56キロ)

スタートで久々に出遅れる。

二の脚で先団に取り付き、4角は2番手で直線に向くが、坂の辺りで後続に呑み込まれた。

前半で多少ラップの速い区間があり、出遅れの二の脚で使った脚と併せて、ゴール前で苦しくなった感じ。

2020年ダービー卿チャレンジT(G3)のラップ分析&回顧

20/8/16 関屋記念(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:11着(1.34.2・1.1差)

騎手:藤井勘一郎

終始後方で見せ場なし。

休み明けで-10キロ。

おまけに苦手な左回り。

叩いてから。

ジャンダルムの次走

次走は9月13日、中山競馬場 芝1600mで行われる「京成杯オータムH(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

昨年はハンデ55キロで3着。

内枠に入ったなら、まったくの軽視は危険。

 

その他、京成杯オータムハンデの出走馬を分析