2019年10月19日【富士S】終了時点までのデータをもとに、キャンベルジュニアの好走パターンを分析。

キャンベルジュニアの距離適性

キャンベルジュニアはこれまでに芝1200~2000mまでの距離に使われてきた。

各距離での着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-3)
  • 芝1400m(0-1-0-3)
  • 芝1600m(2-2-1-4)
  • 芝1800m(1-2-0-1)
  • 芝2000m(2-0-0-0)

千六の連対が多いが、ベストは千四だと思う。

千四ならどんなペースでもそれなりに対応はできるが、千六はペースが速くなるとゴール前で苦しくなる。

千八、二千は下級条件でしか使われておらず、基本的には長いと思う。

千二はちょっと忙しい。

キャンベルジュニアの脚質

キャンベルジュニアが好走したときの脚質は先行、もしくは中団前目あたりからスピードを持続させて押し切る競馬。

切れる脚はない。

キャンベルジュニアのコース適正

キャンベルジュニアの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(2-2-0-3)
  • 中山(2-3-0-3)
  • 中京(0-0-1-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(1-0-0-0)

美浦の堀厩舎所属の馬なので、関東圏のコースでは安定感がある。

一方で、関東圏を離れるとちょっと怪しくなる。

札幌や小倉は滞在競馬なので問題はないとして、関西圏でのレースが少ないのは、長距離輸送に問題があるのかもしれない。

キャンベルジュニアの持ち時計(ベストタイム)

キャンベルジュニアの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.9 10着(中山)
  • 芝1400m:1.19.5 2着(東京)
  • 芝1600m:1.32.3 2着(中山)
  • 芝1800m:1.45.5 1着(小倉)
  • 芝2000m:2.00.2 1着(東京)

千二を除いては、自己ベストでの着順は全て連対。

速い時計への対応力はそこそこありそう。

特に千四の1.19.5はレコードにアタマ差の2着。

キャンベルジュニアの重馬場適正

キャンベルジュニアの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-4)
  • 重(0-0-0-2)

と芳しくない。

道悪自体は問題なく道中を走ってくるようだが、パワーとスタミナに欠けるのか、道悪だと最後のもうひと踏ん張りが効かない。

キャンベルジュニアの近走診断

19/1/5 カーバンクルS 18頭立て

中山 芝1200m 良

着順:10着(1.07.9 0.9差)

騎手:石橋脩(58キロ)

別定重量ながら58キロを背負っての参戦。

行き脚つかず後方から。

直線、脚は使うが見せ場なし。

斤量もあるが、千二は合っていない印象。

19/7/21 中京記念(G3・ハンデ) 16頭立て

中京 芝1600m 稍重

着順:10着(1.34.5 0.9差)

騎手:浜中俊(56キロ)

道中3番手で競馬を進め、直線は残り200mまでは先頭集団で頑張るが、その後失速。

挟まれる不利もあったが、それは失速してからだろう。

馬場は稍重でも重に近かったのではないか?

いずれにしても道悪を走りきるパワーとスタミナに欠ける。

19/10/19 富士S(G3) 18頭立て

東京 芝1600m 稍重

着順:6着(1.33.5 0.5差)

騎手:石橋脩(56キロ)

近走も不運にも稍重馬場。

1枠1番から3番手で競馬を進め、直線では残り200m付近で一旦抜け出す場面もあったが、ゴール前あと少しのところで外から来た追い来い勢にやられる。

勝ち馬の上りが33.2秒。レースの上りも34.1秒なので、稍重でも馬場の外目はそれほど悪くなっていなかったような印象。

このレースは道悪と言うことよりも、外差し馬場にやられたと言った感じ。

力は出していた。

キャンベルジュニアの次走

次走は2月9日、東京競馬場・芝1600mで行われる「東京新聞杯(G3)」を予定している。

1600mでもG3クラスならまだ力は出せるんじゃないか?

できれば良馬場で走りたい。