2020年2月15日【洛陽S】終了時点までのデータをもとに、レインボーフラッグの好走パターンを分析。

レインボーフラッグの距離適性

レインボーフラッグはこれまでに芝1200m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-2)
  • 芝1400m(2-5-0-10)
  • 芝1600m(2-1-1-8)
  • 芝1800m(0-1-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-2)

適距離は芝1400m、芝1600m。

レインボーフラッグの脚質

後方、もしくは中団あたりにポジションを取って、直線差し切る競馬。

しかし、使える脚はそうとう短い一瞬の脚。

なので、条件が嵌らないことにはなかなか勝ち負けに結びつかない。

レインボーフラッグのコース適正

レインボーフラッグの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(0-1-0-6)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(0-1-1-1)
  • 京都(3-1-0-5)
  • 阪神(1-4-0-5)
  • 小倉(1-0-0-3)

何しろ一瞬の脚なので、上りが速くなると後手を踏む。

上りが速くなりやすい直線の長いコース、東京や新潟の外回り、阪神の外回りは戦いにくいだろう。

レインボーフラッグの持ち時計(ベストタイム)

レインボーフラッグの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.08.5 4着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.0 4着(東京)
  • 芝1600m:1.31.4 10着(中山)
  • 芝1800m:1.47.7 5着(阪神)
  • 芝2000m:2.01.5 10着(小倉)

基本的に速い時計には対応できない。

また、ペースが速くなると終いの脚も甘くなるので、できればスロー、スロー寄りの平均ペースで走りたい。

レインボーフラッグの重馬場適正

レインボーフラッグの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-6)
  • 重(0-1-0-1)

終いの脚が削がれる道悪は、基本的にはNGだろう。

レインボーフラッグの鉄砲実績(休み明け)

レインボーフラッグの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-4)

休み明けとレース内容はあまり関係なさそう。

レインボーフラッグの評価

一瞬の脚の使いどころがとにかく難しい。

なので、1600万条件を卒業するのに、およそ1年半かかっている。

OPでの道のりもかなり険しそう。

レインボーフラッグの近走診断

19/12/7 リゲルS(L)16頭立て

阪神 芝1600m 良

着順:6着(1.33.7 0.4差)

騎手:和田竜二(56キロ)

後方から追い上げるが、坂を上るあたりで伸びを欠いていたような感じ。

休み明けの体重20キロ増が影響したか?

19/12/21 阪神カップ(G2)18頭立て

阪神 芝1400m 良

着順:6着(1.20.5 1.1差)

騎手:藤岡祐介(57キロ)

後方から直線は内を突いたが、前が塞がって追うに追えない。

ただ、位置取りが後ろすぎたので、スムーズでも勝ち負けはどうか?

19/2/15 洛陽S(L・ハンデ)18頭立て

京都 芝1600m 稍重

着順:8着(1.34.9 0.7差)

騎手:和田竜二(54キロ)

後方から、直線も一瞬伸びかけてはいるが、続かず。

稍重が響いたか?

レインボーフラッグの次走

次走は阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「阪急杯(G3)」。

阪神の内回りコースはレインボーブラックの末脚が嵌りやすいコースではある。

中1週のローテーションでは好走歴もあるが・・・可能性は低い。