2021年9月19日【ローズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エンスージアズムの好走パターンを分析。

エンスージアズムの距離適性

エンスージアズムはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-3)
  • 芝1800m(2-1-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離は中距離あたりか。

エンスージアズムの脚質

先行押し切り、控えて終いを生かす競馬。

まだちょっと、強さの輪郭が見えてこない。

エンスージアズムのコース適正

エンスージアズムの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-0-1)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(未)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 小倉(未)

エンスージアズムの持ち時計(ベストタイム)

エンスージアズムの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.0 8着(阪神)
  • 芝1800m:1.47.7 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.00.7 7着(中京)
  • 芝2400m:2.29.1 18着(東京)

現状では速い時計、速い上りには対応できていない。

エンスージアズムの重馬場適正

エンスージアズムの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪に関してはまだ未知数。


エンスージアズムの鉄砲実績(休み明け)

エンスージアズムの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

エンスージアズムのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(2-0-0-2)
  • 中6~8週(未)

エンスージアズムの枠順適正

エンスージアズムの枠番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-1)
  • 5~9番(0-1-0-2)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(未)

エンスージアズムの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

エンスージアズムの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-3)
  • 55キロ(0-0-0-2)

エンスージアズムの好走体重

3着以内の体重は;

  • 416~420キロ

エンスージアズムの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はストームキャット(ND系ストームキャット)。

ディープインパクト×ストームキャットの組み合わせでは;

リアルスティール(ドバイターフ、毎日王冠、共同通信杯)、エイシンヒカリ(香港カップ、イスパーン賞)、サトノアラジン(安田記念、スワンS、京王杯SC)など。

現役馬ではダノンキングリーラヴズオンリーユー、など。

エンスージアズムの近走

20/1/29 白菊賞(2歳1勝C)

阪神 芝1600m(外)良

着順:5着(1.34.9・0.6差)

騎手:北村宏司(54キロ)

少し出遅れたが、行く気もなく最後方に控える。

道中は終始最後方のインで脚を溜め、4角は10番手の外を回って直線。

直線は馬群の外から良い脚で伸びてはくるが、5着まで。

上りは最速33.7の脚。

スタートがスムーズで、位置取りがもう少し前目なら際どかっただろう。

20/12/27 2歳1勝C

阪神 芝1800m(外)良

着順:1着(1.47.7・クビ差)

騎手:岩田望来(54キロ)

5頭立ての道中は2番手。

スローの流れで4角も2番手で直線に向くと、直線は早々に先頭に並びかけ、抜け出すかに見えたが、逃げるタケルジャックも内で応戦。

ゴール前は外から追い込んで来たレイオブウォーターも加わって三つ巴。

最後はレイオブウォーターの追撃をクビ差凌ぐかたちでゴール。

上がりの脚は33.5秒。

スローの瞬発戦を勝ち上がった。

21/3/20 フラワーC(G3)

中山 芝1800m 良

着順:2着(1.49.4・0.2差)

騎手:岩田望来(54キロ)

道中は中団の外にポジションを取って、4角は中団6番手の大外から直線に向く。

直線は馬群の外目を追い込んでくるが、およそ1馬身届かずの2着。

勝ったホウオウイクセルとは位置取りの差がはっきりと出た感じ。

もう少し内目のポジションなら際どかったかもしれない。

2021年 フラワーカップG(G3)のラップ分析&回顧

21/4/11 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:8着(1.32.0・0.9差)

騎手:岩田望来(55キロ)

道中は中団の内。

4角も中団9番手で直線に向き、直線も坂の中段あたりまでは先団に食らいついてはいたが、ゴール前は甘くなって8着まで。

やはり千六は忙しそう。

2021年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/5/23 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:18着(2.29.1・4.6差)

騎手:岩田望来(55キロ)

道中は中団の前、7番手あたり。

4角は10番手で直線に向き、直線は馬群の外に進路を取って追い上げを計るが、まったく伸びず殿負け。

レース後鞍上は「馬込み中での競馬」を敗因に挙げたが、どうだろう?

2021年 優駿牝馬(オークス・G1)のラップ分析&回顧

21/9/19 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:7着(2.00.7・0.7差)

騎手:岩田望来(54キロ)

初ブリンカー。

道中は中団の後ろ、12番手の内で脚を溜める。

4角も14番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目を追い上げてはくるが、0.7差の7着まで。

内枠2番から、終始内目の経済コースで直線に向いたが、前に迫るまでには行かなかった。

まだこのクラスではちょっと足りない。

2021年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧

次走、秋華賞(G1)に向けて

次走は10月17日(日)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「秋華賞(G1)」。

抽選は突破したが、ここでは厳しそう。

 

⇒その他、2021・秋華賞(G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)