2021年5月9日【NHKマイルC】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ソングラインの好走パターンを分析。

ソングラインの距離適性

ソングラインはこれまでに芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(1-1-0-0)
  • 芝1600m(1-1-0-1)

マイラーと言う括りでいいのかどうか?

ソングラインの脚質

スタート遅いのがちょっと気がかりな点ではあるが、二の脚でポジションを取れるスピードはある。

終いは確実に繰り出してくるが、キレッキレの末脚と言うよりもSP持続系の瞬発力。

SP持続力は相当なレベルにあると見る。

なので、切れ味勝負に持ち込まれるよりも、締まった流れでSP持続力を生かしたい。

ソングラインのコース適正

ソングラインの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-2-0-0)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

阪神での敗戦は「桜花賞」の15着。

道中で不利があるにはあったが、「右回りは大丈夫」と言い切れるだけの根拠はない。

ソングラインの持ち時計(ベストタイム)

ソングラインの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.6 1着(中京)
  • 芝1600m:1.31.6 2着(東京)

スピード勝負は問題ないだろう。

ソングラインの重馬場適正

ソングラインの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪馬場を走るか否かはまだ未知数。


ソングラインの鉄砲実績(休み明け)

ソングラインの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-0)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

ソングラインのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-1-0-0)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

ソングラインの枠順適正

ソングラインの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-0)
  • 5~9番(1-0-0-0)
  • 10~14番(0-2-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

枠が外になるにつれて戦績が悪くなるが、まだ得手不得手を確定するだけの根拠はない。

引き続き注視は必要。

ソングラインの斤量別着度数

  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(0-1-0-1)

ソングラインの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-0)
  • 3~5月(春):(0-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

ソングラインの好走体重

3着以内の体重は;

  • 468~482キロ

ソングラインの血統背景

父は2013年のダービー馬、キズナ(サンデー系ディープインパクト)。

母の父は「天皇賞(秋)」、「有馬記念」を連覇したシンボリクリスエス(ロベルト系)。

牝系は、近親にロジユニヴァース(日本ダービー、弥生賞、ほか)、ディアドラ(秋華賞、ナッソーステークス(英G1)、ほか)。

遠い親戚にメジャーエンブレム(阪神JF、NHKマイルC、ほか)。

ソングラインの近走

20/11/22 2歳未勝利

東京 芝1600m 良

着順:1着(1.34.1・-0.5差)

騎手:丸山元気(54キロ)

スタートやや出遅れて、道中は中団やや後ろ。

道中は終始外目を回って、4角も9番手の外で直線。

直線は馬群の外目を追い上げてきて、坂の上りで先頭を射程圏。

残り200mを過ぎて先頭を交わすと、あとは突き抜けて3馬身差の圧勝。

未勝利戦にしては道中そこそこ流れた。

この流れで余裕の差し切り勝ち。

強そうな雰囲気。

21/1/16 紅梅S(3歳・L)

中京 芝1400m 良

着順:1着(1.20.6・-0.5差)

騎手:ルメール(54キロ)

スタートは若干出負けしたが、二の脚が速く、すぐに先団に取りつく。道中3~4番手、4角は4番手で直線に向くと、馬群の中から坂の上りで先頭に立つと、残り200mからは一人旅。

前走に続いて3馬身差の圧勝。

今回も道中のペースはそこそこ締まった流れ。

走破時計も速く、これはこの先期待できそう。

【期待される能力】

  • スピード持続力
  • 瞬発力

21/4/11 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:15着(1.33.1・2.0差)

騎手:池添謙一(55キロ)

外枠16番から、スタートは少し出遅れたが、序盤の位置取りは中団の外。

しかし3角手前で、引っかかったメイケイエールに内から押し出される感じで外に振られる。

これで位置取りも後退して、4角は後方14番手の外で直線へ。

直線は馬群の外から追い上げを計るが、良い脚は出せずに15着。

鞍上は、3角手前の不利で、馬の気持ちが切れたとコメントを残した。

結果としては大敗だが、あの不利が実際どれだけ馬の走りに影響を及ぼしたのか?

不利がなければ上位へ食い込めていたのか?

すべては推測の域を出ない。

2021年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/5/9 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.31.6・ハナ差)

騎手:池添謙一(55キロ)

道中は先団の後ろ、3番手外のグレナディアガーズの直後あたりを追走。

4角も先団外7番手あたりで直線。

直線は馬群の外目から、先に抜け出したグレナディアガーズを坂の上りで射程圏に捉える。

坂を上りきってこのグレナディアガーズを交わして先頭に立つと、そのままゴールめがけて押し切ったかに思えたが、外から来たシュネルマイスターの強襲にハナ差の2着。

終始グレナディアガーズをマークするかたちでレースを進め、早めに動いたグレナディアガーズを坂の上りできっちり捉えてそのまま押し切る完璧な競馬に思えたが、ゴール前、わずかに内にもたれた隙をシュネルマイスターに差されてしまった。

それにしてもこの2着は強い競馬。

今後の活躍に大いに期待が持てる。

2021年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

次走、関屋記念 (G3)に向けて

次走は8月15日(日)、新潟競馬場 芝1600mで行われる「関屋記念(G3)」。

3歳牝馬と言うことで斤量は51キロ。

歴戦の古馬に混じって、自分の力を出し切れるかどうか?

ここであっさりと勝つようなら、この先がさらに楽しみになる。

 

⇒その他、2021・関屋記念(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)