2020年5月23日【メイS】終了時点までのデータをもとに、エメラルファイトの好走パターンを分析。

エメラルファイトの距離適性

エメラルファイトはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-0-5)
  • 芝1800m(1-0-1-3)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離は1600m、1800m。どちらかと言えば、1800mの方がレースはしやすいかも。

2000mは走っていないから分からないが、距離は持つような気もする。

それ以上は長いだろう。

エメラルファイトの脚質

先団、もしくは中団の前につけて粘り込む競馬。

そこそこのスピード持続力は持ち合わせているが、切れる脚はない。

ハイペースや荒れた馬場で、時計、上りのかかる展開で浮上する。

スローのキレ勝負には全く向かない。

エメラルファイトのコース適正

エメラルファイトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-1-3)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

東京でも勝ち鞍はあるが、最後の直線距離が長いコースでは、どうしても終いが甘くなる。

内回り、小回りがベスト。

京都での1勝も内回りコース。

エメラルファイトの持ち時計(ベストタイム)

エメラルファイトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.6 7着(0.6差・東京)
  • 芝1800m:1.44.8 5着(0.5差・東京)
  • 芝2400m:2.24.3 12着(1.7差・東京)

高速決着には向かない。

エメラルファイトの重馬場適正

エメラルファイトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)

稍重馬場での敗戦は、東京競馬場での「富士S(G3)」。

このレースは稍重馬場とは言っても、レースの上りが34.1秒、上り最速が33.0秒という瞬発力勝負。

エメラルファイトには向かない競馬だった。

本格的な道悪はまだ経験がない。

エメラルファイトの鉄砲実績(休み明け)

エメラルファイトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-3)

敗けの大半は適正条件以外のレースなので、休み明けがダメか否かはまだよく分からない。

エメラルファイトの評価

スプリングSに勝利して「皐月賞(G1)」の出走権を得たが、捻挫により回避した。

もし出走していれば、うまく行って掲示板くらいは確保できたのではと思う。

瞬発力はないが、そこそこのスピード持続力は持っているので、内回り、小回りコースの消耗戦には強いはず。

しかし、明け4歳の現段階では、まだまだその力はトップクラスには及ばない。

これからの成長力に期待。

エメラルファイトの近走診断

19/10/19 富士S(G3)18頭立て

東京 芝1600m 稍重

着順:7着(1.33.6 0.6差)

騎手:石川裕紀人(56キロ)

この日の馬場は不良から始まって、重、稍重と次第に回復してきて、このレースがスタートするころには相当乾いてきていたような印象。

エメラルファイトは6枠12番から先手を取って3番手追走。

4角も3番手の外で直線へ。

直線では残り200mまでは先頭集団横一線の外側で粘っていたが、そこからは頑張ってはいるが、外からの追い込み勢に交わされて行った。

レースの上りは稍重馬場でも34.1秒。

エメラルファイトが持ち味を生かすには、もう少し上りがかかって欲しい。

19/11/17 マイルCS(G1)17頭立て

京都 芝1600m 良

着順:17着(1.35.0 2.0差)

騎手:石川裕紀人(56キロ)

序盤から緩いペースで推移。レースの上りも34.2秒。

初めての古馬混合のG1参戦だったが、エメラルファイトが力を出せる展開ではなかった。

外枠16番ゲートというのもツキがなかった。

20/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)18頭立て

京都 芝1600m 良

着順:6着(1.34.9 0.9差)

騎手:石川裕紀人(56キロ)

1枠1番から3~4番手追走。

4角も3番手から内をついて一瞬伸びてはくるものの、残り200mからはズルズルと失速。

レースの上りは35.0秒なので、もう少し粘っても良いはずだが、京都外回り、ここでも直線が長すぎたか?

20/2/23 小倉大賞典(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 良 14頭

着順:11着(1.50.2・1.9差)

騎手:石川裕紀人(56キロ)

道中は中団のうしろあたりを追走するが、終始見せ場なく終わる。

距離もコースも、そして上りがかかる展開も合ってそうなのだが。

位置取りが後ろすぎたこともあるが、前走に続き、適正条件でのパッとしない競馬が続く。

20/4/4 ダービー卿CT(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良 16頭

着順:12着(1.34.0・1.2差)

騎手:石川裕紀人(56キロ)

外枠13番から出遅れて後方から。

切れる脚がないこの馬にとって、この位置取りからだと厳しい。

20/5/23 メイS(オープン・ハンデ)

東京 芝1800m 良 13頭

着順:5着(1.44.8・0.5差)

騎手:石川裕紀人(55キロ)

道中は中団の前あたり。

直線も馬群も外目を追ってくるが、勝ち負けにはまだ足りない。

初ブリンカーの効果もあって、そこそこのポジションは取れていたのではないか。

近走の中ではまずまずの走り。

エメラルファイトの次走

次走は東京競馬場 芝1800mで行われる「エプソムC(G3)」。

前走はブリンカー効果でまずまずの走り。

しかし基本的に東京コースは合わないだろう。