2020年10月4日【ポートアイランドS】終了時点までのデータをもとに、エメラルファイトの好走パターンを分析。

エメラルファイトの距離適性

エメラルファイトはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-0-6)
  • 芝1800m(1-0-1-4)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

適距離は1600m、1800m。どちらかと言えば、1800mの方がレースはしやすいかも。

2000mは走っていないから分からないが、距離は持つような気もする。

それ以上は長いだろう。

エメラルファイトの脚質

先団、もしくは中団の前につけて粘り込む競馬。

そこそこのスピード持続力は持ち合わせているが、切れる脚はない。

ハイペースや荒れた馬場で、時計、上りのかかる展開で浮上する。

スローのキレ勝負には全く向かない。

エメラルファイトのコース適正

エメラルファイトの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-1-4)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(1-0-0-2)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(0-0-0-1)

東京でも勝ち鞍はあるが、最後の直線距離が長いコースでは、どうしても終いが甘くなる。

内回り、小回りがベスト。

京都での1勝も内回りコース。


エメラルファイトの持ち時計(ベストタイム)

エメラルファイトの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.6 7着(0.6差・東京)
  • 芝1800m:1.44.8 5着(0.5差・東京)
  • 芝2400m:2.24.3 12着(1.7差・東京)

高速決着には向かない。

エメラルファイトの重馬場適正

エメラルファイトの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

エメラルファイトの鉄砲実績(休み明け)

エメラルファイトの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-4)

エメラルファイトの評価

瞬発力はないが、そこそこのスピード持続力は持っているので、内回り、小回りコースの消耗戦には強いはず。

ただ、3歳春の「スプリングS(G2)」を勝って以降、まったく精彩を欠いている。

エメラルファイトの次走

次走は2月7日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「東京新聞杯(G3)」。

 

その他、東京新聞杯(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)