2019年1月11日【淀短距離S】終了時点までのデータをもとに、ロジクライの好走パターンを分析。

ロジクライの距離適性

ロジクライはこれまでに芝1200m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(0-0-0-3)
  • 芝1400m(0-0-2-1)
  • 芝1600m(5-2-2-7)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

データ上では芝1600mあベストのように見えるが、芝1400mでもレコードに0.1差の3着に粘ったレースもあり、走れないことは全くない。

芝1200mもまだ3戦しかしていないが、そこそこの走りはできている。

ベストは1600mだが、~1200mまでは守備範囲と見る。

ロジクライの脚質

先団、もしくは中団の前につけて押し切る競馬。

スピードの持続力が持ち味。

ロジクライのコース適正

ロジクライの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(2-0-1-3)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 中京(0-1-0-1)
  • 京都(2-1-0-3)
  • 阪神(1-0-2-4)

コースによる得意不得意はないと思うが、520キロ前後の大型馬なので、小回りのコースは割引かも、というか、出走自体あまりない。

ロジクライの持ち時計(ベストタイム)

ロジクライの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.8 8着(中京)
  • 芝1400m:1.19.5 3着(東京)
  • 芝1600m:1.31.4 9着(東京)
  • 芝1800m:1.48.6 6着(阪神)

2018年の「中京記念(G3・芝1600m)」では、レコードに0.1差の2着。

2019年の「京王杯SC(G2・芝1400m)」では、レコードに0.1差の3着に入った。

時計勝負でも負けていない。

ロジクライの重馬場適正

ロジクライの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(1-0-0-0)

道悪での好走は未勝利戦と1600万条件。

全く走れないと言うことはなさそうだが、得意か否かはまだよく分からない。

ロジクライの枠順適正

ロジクライは外枠に入ったときの成績があまり良くない。

10番ゲートを含む10番より外側の枠順での成績は;

  • 10番より外側(0-1-0-7)

これは単なる偶然ではなさそう。

前々で勝負したいロジクライにとって、外側の枠番から先団に取り付く距離ロス、スタミナロスが上りに影響するのかもしれない。

そして、これと同時に見ておきたいのが斤量。

ロジクライと斤量

ロジクライが57キロ以上を背負ったときの成績は;

  • 57キロ以上(1-1-0-9)

これもまた、たまたまではないだろう。

1着、2着は1600万条件でのもの。

OPのレースでは全く結果が出ていない(僅差もない)。

ロジクライの鉄砲実績(休み明け)

ロジクライの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-3)

レコードに0.1差の2着に迫ったレースもあり、これだけのデータではダメとは言えない。

ロジクライの評価

ベストの距離は芝1600~1400mで、芝1200mはまだ未知数。

脚質はスタート後に前目に取り付いて、最後の直線もそのまま押し切る競馬、スピード持続力が持ち味。

時計の速い高速決着も歓迎の口。

しかし、前目の競馬が信条のため、外枠からの距離ロス、スタミナロスは後半に響いてくる。

あと、57キロ以上の斤量を背負った場合も好走できていない。

ロジクライの近走診断

19/12/21 阪神カップ(G2)

阪神 芝1400m 良 18頭立て

着順:10着(1.20.8 1.4差)

騎手:横山典弘(57キロ)

苦手の外枠で、斤量も57キロ。

先手が取れずに中団の後ろから。

この位置取りからでは持ち味はでない。

20/1/6 カーバンクルS

中山 芝1200m 良 11頭立て

着順:7着(1.08.9 0.5差)

騎手:ミナリク(59キロ)

久々の芝1200mだが、OP特別なので別定重量が59キロ。

中団前の好位置でレースを進めるが、直線前が塞がって進路が取れず。

スムーズなら、結構いいところまで行っていたかも。

20/1/11 淀短距離S(L)

京都 芝1200m 良 15頭立て

着順:7着(1.10.3 0.7差)

騎手:ルメール(59キロ)

消化不良の前走から連闘で参戦。

枠番は11番ゲートで、先手が取れずに中団あたりから。

直線は馬場の外目を追い出すが、伸びきれず。

連闘と言っても中山の月曜開催からの中4日。

おまけに斤量も59キロ。

これではちょっとレースにならないか?

ロジクライの次走

次走は阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「阪急杯(G3)」。

斤量も56キロになるし、距離もそこそこ守備範囲。

内枠に入れば面白い。