2020年8月30日【キーンランドC】終了時点までのデータをもとに、ダイアトニックの好走パターンを分析。

ダイアトニックの距離適性

ダイアトニックはこれまでに、芝1400m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-0-0-2)
  • 芝1400m(5-2-0-0)
  • 芝1600m(1-2-1-3)

芝1200m(1-0-0-2)

2020年の「高松宮記念」では初距離ながら、ハナ、ハナ、頭差で4着(1着馬降着で繰り上がりの3着)に入った。

これは不利がなければ勝てていた可能性が高いレース。

距離に慣れてくればまだまだ走りそう。

芝1400m(5-2-1-0)

明らかにこの馬の適距離。

中団~前目のポジションをキープすれば、どんな展開でも大崩れはない。

芝1600m(1-2-1-3)

おそらくこの距離はギリギリ。

内枠に入って道中距離のロスなく運べれば力は出せる。

しかし、外枠だったり、道中外々を回る位置取りを強いられたりした場合には最後の直線で伸びを欠く。

ダイアトニックの脚質

先行して押し切る競馬も強いが、中団~後方からの差し脚も鋭い。

スピード持続力、瞬発力を併せ持つ。

ダイアトニックのコース適正

ダイアトニックの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-1)
  • 函館(1-0-0-0)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(0-0-1-1)
  • 中京(0-0-1-0)
  • 京都(5-1-0-1)
  • 阪神(1-0-1-0)

京都コースでの良績が目立つ。

京都コースは得手不得手が出やすいコースなので、京都に出てきたときには期待が持てる。

その他、関東圏での勝ち鞍がないが、それは長距離輸送云々の話ではないと思う。

適正条件さえ整えば、関東圏でも好走は可能だろう。

ダイアトニックの持ち時計(ベストタイム)

ダイアトニックの各距離ごとのベストタイムは次の通り;

  • 芝1200m:1.07.5 1着(-0.3差・函館)
  • 芝1400m:1.19.6 1着(クビ差・京都)
  • 芝1600m:1.31.9 4着(0.2差・中山)

時計的には際立ったものはないが、OPに昇格してまだ間もないので、まだまだ伸びしろはあるだろう。

ダイアトニックの枠順

ダイアトニックの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-2-1)
  • 5~9番(3-3-1-1)
  • 10~14番(1-0-0-1)
  • 15~18番(2-0-0-1)

19年の「ダービー卿CT(G3)」は、16頭立ての14番ゲートからのスタートになったが、その時の着順が4着(0.2差)。

レース後鞍上の北村騎手は;

「ストライドの小さな馬なので、外々を回る競馬はしたくありませんでした。立ち回りとしてはこの枠なりには良かったと思いますが、枠は内の方が良かったです」(※ラジオNIKKEIより)

というコメントを残している。

1400mまでなら外枠でもそれなりの走りはするが、理想は内目の枠

ダイアトニックの重馬場適正

ダイアトニックの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 重(0-0-1-1)
  • 稍重(1-0-0-0)

重馬場の2020年の「高松宮記念」では着差なしの4着(繰り上がりで3着)。稍重馬場での2019年の「スワンS(G2)」では快勝。

一方、2020年の「キーンランドC]は札幌競馬場の重馬場と言うタフなケースで大敗。

血統的にはロードカナロア産駒なので、道悪を特別苦手にすることはないはずだが、極端な道悪となると少し心配。

ダイアトニックの休み明け(鉄砲実績)

ダイアトニックの10週以上の休み明けでの成績は;

  • (4-0-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-1)
  • 3戦目(0-1-1-1)
  • 4戦目(1-2-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

ダイアトニックの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-1-0-1)
  • 3~5月(春):(2-0-2-1)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-1-1)

ダイアトニックの斤量別着度数

  • ~52キロ(未)
  • 52.5~54キロ(1-1-0-1)
  • 54.5~56キロ(4-1-1-1)
  • 57キロ(1-1-2-1)
  • 58キロ(1-0-0-1)

斤量にはあまり動じないタイプ。

ダイアトニックの連対体重

  • 468~484キロ

ダイアトニックの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)、母の父はサンデーサイレンス。

母母父にリボー系のアレミロードが鎮座。

8代の血統表にはリボーのクロス(6+8×5)もあり、この先の活躍が大いに期待される。

ダイアトニックの近走診断

19/2/17 斑鳩S(1600万下)京都芝1400m

着順:1着(クビ差)騎手:北村友一(57キロ)

7頭立ての小頭数で中団をキープ。

直線ではレインボーブラックとの追い比べ、絶対に抜かせない勝負根性が垣間見れた。

得意コース、得意の距離で完勝。

19/3/30 ダービー卿CT(G3)中山芝1600m

着順:4着(0.2差)騎手:北村友一(54キロ)

16頭立ての14番ゲートから出遅れて後方からの競馬。

ペースが流れて消耗戦となった直線、外から強襲するがわずかに届かず。

上りはメンバー最速の33.4秒。

出遅れが響いたが、枠順もきつかった。

19/5/26 安土城S(L)京都芝1400m

着順:1着(クビ差)騎手:北村友一(54キロ)

中団につけて、直線では馬場の真ん中から抜け出してきて、リバティハイツとの追い比べを制してゴール。

着差は僅差だが、この馬の絶対に抜かせようとしない勝負根性はかなりのものがあると思う。

19/10/26 スワンS(G2)京都芝1400m 稍重

着順:1着(ハナ差)騎手:北村友一(56キロ)

外枠の17番から、無理せず中団後ろで脚を溜める。

直線はちょっと届かないかな? と思った位置からもきっちり届いて重賞初制覇。

京都での4連勝は、ハナ、クビ、クビ、ハナ、とすべて僅差を制している。

並んだら抜かせない勝負根性はかなりのもの。

19/11/17 マイルCS(G1)

京都 芝1600m 良 17頭

着順:10着(1.33.8・0.8差)

騎手:スミヨン(57キロ)

8枠15番からのスタートで位置取りは後方。

4角は外を回して直線を向いたが、残り200mで脚色が怪しくなる。

ギリギリの距離。

この枠番では厳しかった。

20/1/5 京都金杯(G3)

京都 芝1600m 良 18頭

着順:2着(1.34.2・0.2差)

騎手:北村友一(57キロ)

今度は内枠6番をゲット。

五分のスタートで中団にポジションを取ると、終始ラチ沿いの経済コースを通って直線を向く。

これなら弾ける。上り最速の34.3秒。

1着のサウンドキアラは53キロの軽ハンデ。

これは仕方ない。

20/3/1 阪急杯(G3)

阪神 芝1400m 良 18頭

着順:3着(2着降着)(1.20.3・クビ差)

騎手:北村友一(57キロ)

2枠3番から好位の4番手。

直線は狭い進路をこじ開けて抜け出すが、ゴール前ベストアクターにクビ差交わされて2着。

しかし狭い進路が開いた際に斜向して飛び込んだとしてペナルティー。

勝ったベストアクターとは1キロの斤量差があったとは言え、ここは勝っておきたかったろころ。

20/3/29 高松宮記念(G1)

中京 芝1200m 重 18頭

着順:3着(1.08.7・着差なし)

※(1着馬の降着で4着が繰り上がりの3着)

騎手:北村友一(57キロ)

2枠3番から先行力を生かして4番手追走。

直線も内を突いて伸びて来るが、ゴール前クリノガウディーに外から寄られて騎手は思わずブレーキ。

スピードに乗っていたところだったので、この不利がなければ勝っていた可能性は高い。

20/6/21 函館スプリントS(G3)

函館 芝1200m 良

着順:1着(1.07.5・-0.3差)

騎手:武豊(58キロ)

道中は2番手追走から逃げるダイメイフジをぴったりマーク。

直線ではいつでも先頭を交わせそうな雰囲気を漂わせながら、残り150mで一発ムチが入ると、すぐさま反応して突き抜けた。

完璧な走り。

2020年 函館スプリントS(G3)のラップ分析&回顧

20/8/30 キーンランドC(G3)

札幌 芝1200m 重

着順:15着(1.12.9・2.3差)

騎手:武豊(58キロ)

道中は中団。

4角は後方12番手で直線も見せ場なし。

道悪とトップハンデで行き脚もつかず、中団馬群の真ん中揉まれた。

札幌の重馬場と言うタフな状況では、1枠で58キロのトップハンデはかなり応えたのではないか?

参考外としても良いようなレース。

2020年 キーンランドカップ(G3)のラップ分析&回顧

ダイアトニックの次走

次走は10月4日、中山競馬場 芝1200mで行われる「スプリンターズS(G1)」。

前走は度外視として、力のある一頭であることは間違いない。

ただ、関東圏への遠征競馬がイマイチと言うデータもある。

 

その他、スプリンターズSの出走馬を分析