ブルーシンフォニーのキャリアはまだ5戦だけなので、近走のみを振り返る。

ブルーシンフォニーのここまでの走り

20/6/21 2歳新馬

東京 芝1600m 稍重

着順:1着(1.37.2・-0.2差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

スタート出遅れるが、二の脚で追いついて道中は中団から。

緩い流れを中団6~7番手の追走で、4角も6番手で直線。

直線しばらくは馬群の中で身動きが取れず、坂を上り切ったあたりで外出して進路を確保。

そこから馬群の外目を一気に追い上げて先頭集団を差し切った。

緩い流れで、前々の決着でもおかしくなかったが、中団から、それも残り200mまではまったく追えず、正味追ったのはラスト1F。

そこそこのキレ味を持ってそう。

20/8/30 新潟2歳S(G3)

新潟 芝1600m 良

着順:2着(1.34.9・0.3差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

序盤は後方。

中盤あたりから各馬が嫌う馬場の悪い内目を通って進出。

4角3番手で直線に向き、直線は馬場の外目から追い込んで来るが、残り200mでショックアクションに交わされる。

しかしそこからズルズルとは行かず、しっかり粘って2着は確保。

仕掛けが早かった分、終いが甘くなったのだろう。

しかし、そこそこ締まった流れを、馬場の悪い内目を通って早めの進出、それで2着に粘ったあたり、力はありそう。

20/11/7 京王杯2歳S(G2)

東京 芝1400m 良

着順:8着(1.22.7・0.9差)

騎手:田辺裕信(55キロ)

大外18番から出遅れて、道中は後方。

終始外々を回るかたちで4角も後方、大外を回して直線。

直線は馬群の大外から追い上げを計るがダメ。

しかし自身としては前走以上の脚は使っている(前走34.8秒、今走34.4秒)。

脚が出せなかったと言うより、キレる脚がないのかもしれない。

21/1/10 シンザン記念(G3)

中京 芝1600m 良

着順:6着(1.34.1・0.8差)

騎手:田辺裕信(56キロ)

道中は中団5~6番手の内。

4角も中団7番手の内で直線に向き、残り200またりまでは先団で頑張ってはいたが、ゴール前では粘れずに6着まで。

そこそこ締まったペースではあったが、粘れなかった。

千六は長いのか?

2021年 シンザン記念(G3)のラップ分析&回顧

21/1/30 クロッカスS(L)

東京 芝1400m 良

着順:5着(1.22.7・0.5差)

騎手:戸崎圭太(56キロ)

出遅れて後方から。

4角後方7番手で直線に向くが、前との差は詰まらずに5着まで。

終いを伸ばす競馬ではダメだろう。


ブルーシンフォニーの脚質

ここまでの走りでは、キレ味というよりスピード持続力型の馬のように見える。

切れる脚はないが、良い脚を長く使えそうな感じ。

前々に張るか、捲って行くか、いずれにしても持久力で勝負したい。



ブルーシンフォニーの血統背景

父はスクリーンヒーロー(ロベルト系)。

母の父はコマンズ(ND系デインヒル)。

コマンズは豪州で走り、芝の短距離~マイルで活躍。

ブルーシンフォニーの次走

次走は4月10日(土)、中山競馬場 芝1600mで行われる「ニュージーランドT(G2)」。

前々で競馬ができれば。