2020年4月5日【大阪杯】終了時点までのデータをもとに、ブラストワンピースの好走パターンを分析していきます。

ブラストワンピースの距離適性

ブラストワンピースはこれまでに芝1800m~3000mまでの距離に使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-0-0-0)
  • 芝2000m(2-0-0-2)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(1-0-0-2)
  • 芝2500m(1-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

唯一勝ち鞍がない3000mは、G1菊花賞で0.4差の4着と健闘。

適距離の守備範囲は広く、2500mまではこなせるが、3000mの「菊花賞」で思うことは、あの位置取りで(12-11-10-9)、直線に向いて上位馬より脚色が劣るのであれば、それはやはり、距離によるものと考えるのが妥当ではないか?

ブラストワンピースの脚質

ブラストワンピースのこれまでの好走時の脚質は、「先行」もしくは「中団 or 後方からの差し」。

2番手につけて直線で突き放した「毎日杯」。

33秒台の末脚で後方から追い込んだ「新潟記念」。

逃げるキセキを中団から差し切った「有馬記念」。この時のレースの上りは36.9秒。

ただし、540キロ前後の大型馬だけに、急加速には対応できない。

長い直線を一杯に使った加速はOKだが、直線が短いコースで上りが速くなると対応できない。

直線距離が短いコースでは、高速化した馬場状態では苦戦。

ブラストワンピースのコース適正

ブラストワンピースの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-0)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(2-0-0-2)
  • 中山(2-0-0-0)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-2)
  • 海外(0-0-0-1)

東京での2敗が気になるところだが「日本ダービー」の5着(0.2差)は直線入口の進路変更がなければ・・・というレース。

8着(0.9差)の「目黒記念」はトップハンデ59キロを背負う圧倒的不利も影響した様子。

これらを考え合わせると、東京コースが別段苦手ということもなさそうだ。

京都での1敗は、「菊花賞」。これも0.4差の4着と健闘はしている。

コースによる巧拙は特になさそうだが、長距離輸送には少し敏感か?

ブラストワンピースの持ち時計(ベストタイム)

ブラストワンピースの各距離でのベストタイムは次の通り;

  • 芝1800m:1.46.5 1着(-0.3差・阪神)
  • 芝2000m:1.57.5 1着(-0.3差・新潟)
  • 芝2200m:2.15.0 1着(-0.2差・中山)
  • 芝2400m:2.23.8 5着(0.2差・東京)
  • 芝2500m:2.29.1 8着(0.9差・東京)※斤量59キロ
  • 芝3000m:3.06.5 4着(0.4差・京都)

高速決着にもそこそこ対応しそうだが、上述の通りコース形態には注意。

ブラストワンピースの重馬場適正

ブラストワンピースはこれまでに、稍重馬場で次の2鞍のレースで勝利を収めている。

  • ゆりかもめ賞(3歳500万下)東京芝2400m 1着
  • 有馬記念(G1)中山芝2500m 1着

父がハービンジャー、母父がキングカメハメハ。

稍重でこれだけ走れているのだから、重馬場適正がある可能性は極めて高い。

ブラストワンピースの評価

距離の好走レンジも広く、瞬発力、スタミナ、パワーに富み、どんな位置取りからでも競馬ができるので、国内のレースなら、乗り役がしっかりエスコートさえすれば、かなりの確率で馬券に絡む、というか勝ち負けできる。

ブラストワンピースの近走診断

18/12/23 有馬記念(G1)中山芝2500m 稍重

着順:1着(クビ差)騎手:池添謙一(55キロ)

逃げるキセキを中団から差し切る強い競馬。

池添騎手はこれで有馬記念4勝目。

相性もあるかも。

19/3/31 大阪杯(G1)阪神芝2000m

着順:6着(0.3差)騎手:池添謙一(57キロ)

スタートがうまく行かずに後方からの競馬。

4角は大外を回る距離損もあったが、ペースもスローで後方からでは厳しい展開。

道中の位置取りがすべて。

19/5/26 目黒記念(G2)東京芝2500m

着順:8着(0.9差)騎手:池添謙一(59キロ)

ペースが速く、レースの上りも35.8秒。

これでは59キロのハンデを背負ったブラストワンピースとしてはきつい。

上りがかかった時は背負っている斤量が重くなるほどキツくなる。

19/8/18 札幌記念(G2) 14頭立て

札幌 芝2000m 良

着順:1着(2.00.1 クビ差)

騎手:川田将雅(57キロ)

中団のうしろからの競馬になるが、3~4角の勝負所で進出を開始。

4角では早くも先団の後ろ、直線では馬込みを割ってゴール前クビ差抜け出した。

力でねじ伏せた感のあるレース。

18/10/6 凱旋門賞(G1) 12頭立て

ロンシャン 芝2400m 重

着順:11着(3.17.5 1.3差)

騎手:川田将雅(58キロ)

川田騎手のコメント:

「ニューマーケットでも良い調教ができたので、良い状態で本番を迎えられました。レースも流れには乗れましたが、あまりにも馬場が緩すぎました。こっちはただでさえタフなコースですが、それに加えて今日の馬場は厳しかったです。日本馬3頭とも結果が出せず残念でしたが、この経験を生かしたいし、また挑戦したいです。日本に帰ってもみんな頑張ってくれると思いますので、応援よろしくお願いします」

※(JRA 2019年凱旋門賞のサイトより)

20/1/26 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 稍重 12頭

着順:1着(2.15.0・-0.2差)

騎手:川田将雅(57キロ)

道中は中団の前あたりにつけて、4角では3番手。

直線では粘るステイフーリッシュを坂上でしっかり捉えた。

レースの上りは36.7秒。

こういうタフな展開にはめっぽう強い。

20/4/5 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)12頭

着順:7着(1.59.0・0.6差)

騎手:川田将雅(57キロ)

3枠3番からスタート行き脚つかずに後方から。

向正面からマクリ気味に上がって行って4角ではクロノジェネシスの後ろ。

しかし直線では伸びを欠いて7着。

レースの上りは34.2秒。

もう少し上りがかかる展開なら、このマクリも決まってくるのだろうが・・・。

ブラストワンピースの次走

次走は阪神競馬場 芝2200m(内)で行われる「宝塚記念(G1)」。

同じ阪神コースの前走「大阪杯」7着で人気を落とすならここは狙い目かも。

上りがかかるのは「大阪杯」より断然「宝塚記念」。