2022年10月30日【天皇賞(秋)】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アブレイズの好走パターンを分析。

アブレイズの距離適性

アブレイズはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(2-1-0-5)
  • 芝2000m(1-0-0-5)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

ベストは1800m。

2000mになると少し長いのではないか?

アブレイズの脚質

先行策、及び中団馬群からの差し。

ムラっぽい馬なので、走り時を見極めるのは難しいが、1800mなら五分五分でそこそこ走ってはいる。

アブレイズのコース適正

アブレイズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 東京(1-0-0-5)
  • 中山(1-1-0-1)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-1)

アブレイズの持ち時計(ベストタイム)

アブレイズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.8 7着(東京)
  • 芝1800m:1.44.7 5着(東京)
  • 芝2000m:1.58.3 10着(東京)
  • 芝2400m:2.26.1 17着(東京)

スピード決着に顔を出すことはないだろう。


アブレイズの重馬場適正

アブレイズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

消耗戦は得意だが、道悪はダメっぽい。

アブレイズの鉄砲実績(休み明け)

アブレイズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-4)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

アブレイズの枠順適正

アブレイズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-2)
  • 5~9番(2-0-0-4)
  • 10~14番(1-1-0-5)
  • 15~18番(0-0-0-1)

アブレイズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-5)
  • 6~8月(夏):(0-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-5)

アブレイズの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(3-0-0-6)
  • 55キロ(0-0-0-3)
  • 56キロ(0-1-0-2)

アブレイズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 476~484キロ

アブレイズの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー、)。

母のエディンは中央競馬の芝の中距離でオープンクラスまで勝ち上がった。

母の父はジャングルポケット(ナスルーラ系グレイソヴリン/日本ダービー、ジャパンカップ)。

アブレイズのここまでの走り

20/2/2 3歳新馬 14頭

京都 芝2000m(内)良 

着順:1着(2.05.8・-0.1差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

道中は前半1000mが64.7秒の超スローの中、アブレイズは先団5番手。

3~4角で順位を上げ、4角は3番手で直線。

直線は馬場の外目から鋭く伸びて抜け出した。

時計は平凡。

特に見どころなく、クラス也の勝利。

20/3/20 フラワーC(3歳・G3)

中山 芝1800m 良 14頭

着順:1着(1.48.2・-0.1差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

外枠13番から果敢に先団に取り付いて行く。

このクラスとしてはかなり締まったペースの中、道中2番手で追走したアブレイズは、4角を回るとすぐさま先頭に立ち、後続勢の追い込みをなんとか交わしてゴール。

レースの上りは36.9秒。

締まったペースを2番手で追走し、直線もそのまま押し切る強い競馬。

走破時計も「新馬戦」とは打って変わってまずまず。

【期待される能力】

  • スタミナ
  • パワー
  • 底力

2020年 フラワーカップ(G3)のラップ分析&回顧

20/5/24 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:17着(2.26.1・1.7差)

騎手:藤井勘一郎(55キロ)

内枠3番からしっかり先手は取れたが、直線に入って残り200mを過ぎるとバッタリ。

道中のペースも速いわけではなく、逃げたスマイルカナを除いて2番手以下は楽な追走だったはず。

レースの上りは34.2秒。

距離と言うより、上りの速さに対応できなかった感じ。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/9/20 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:10着(2.01.1・1.2差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

5枠10番から道中は2~3番手。

4角3番手から直線粘り込みを計るが、残り200mで後続に呑み込まれた。

レースのペースはスロー。

上り時計が34.5秒。

スローの瞬発力勝負になるとあっけない。

2020年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧

20/10/18 秋華賞(G1)

京都 芝2000m 稍重

着順:11着(2.02.2・1.6差)

騎手:藤井勘一郎(55キロ)

大外18番からということもあって先手は取れず、道中は中団。

3~4角では挟まれてかなり狭くなる場面が2度ほど。

はじかれた感じで位置取りを大幅に下げて4角を回って直線。

直線はほぼ最後方から追い出しにかかるが、この馬の脚質ではこの位置からではノーチャンス。

展開的にはこの馬向きの展開だっただけに、今回は枠順がすべてと言った感じのレースとなった。

2020年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

21/1/16 愛知杯(G3・ハンデ)

中京 芝2000m 良

着順:4着(1.59.2・0.5差)

騎手:藤井勘一郎(53キロ)

道中は後方から。

4角も後方15番手で直線に向くが、直線では馬群の外から鋭い伸びを見せて4着に食い込む。

展開が向いたとは言え、こういう消耗戦ではやはり走ってくる。

2021年 愛知杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/13 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 不良

着順:12着(1.56.4・1.6差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

道中は後方から。

4角最後方の外で直線に入るが、直線では見せ場なし。

不良馬場でまったく進まなかったとのこと。

2021年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

21/4/24 福島牝馬S(G3)

新潟 芝1800m 良

着順:6着(1.47.1・0.2差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

道中は中団の後ろあたり。

4角も中団の後ろ9番手で直線。

直線は馬群の中ほどから、しばらく進路が開かずに追い出しを待たされた感じ。

しかし進路を外に取ると、馬群の外目から怒涛の追い上げで0.2差の6着まで差を詰めた。

ただ、メンバーレベル、レースレベルともに低調な一戦。

せめて掲示板は確保したかっただろう。

2021年 福島牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

21/5/22 メイS(ハンデ)

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.46.3・クビ差)

騎手:大野拓弥(54キロ)

スタート良くハナを切るような勢いだったが、控えて中団の前5~6番手を追走。

4角も6番手で直線に向くと、直線は馬群の外目からグイグイと追い上げ、坂を上って残り200mで先頭を射程圏に収めると、ゴール前先を行くフランツをクビ差捉えてゴール。

前走から好調をキープしている感じで「フラワーC(G3)」以来の勝利。

この馬、1800mは崩れない。

21/6/20 マーメイドS(G3・ハンデ)

阪神 芝2000m(内)良

着順:6着(2.01.1・0.7差)

騎手:浜中俊(56キロ)

道中は3番手、4角は5番手で直線。

直線は馬群の外目から追い出してくるが、なかなか伸びきれずに6着。

2000mは微妙に長い上にトップハンデの56キロ。

ここは仕方なし。

2021年 マーメイドS(G3)のラップ分析&回顧

21/10/16 府中牝馬S(G2)

東京 芝1800m 良

着順:13着(1.46.4・0.8差)

騎手:横山武史(54キロ)

道中は中団8番手追走。

4角は7番手で直線に向くが、直線では良い脚は出せず。

前々走で勝ったときぐらいは走れている。

千八は堅実だが、今回は太めが残ったか?

2021年 府中牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

22/3/12 中山牝馬S(G3・ハンデ)

中山 芝1800m 良

着順:2着(1.46.9・0.1差)

騎手:菅原明良(56キロ)

道中は中団6~7番手の外。

4角は5番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から勝ち馬と一緒に追い上げて来たが、ゴール前交わされての2着。

ハンデ56キロで、この流れ、この上りにしっかり対応できたのは収穫。

これなら次走も期待できそう。

2022年 中山牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/4/23 福島牝馬S(G3)

福島 芝1800m 良

着順:9着(1.47.7・0.7差)

騎手:菅原明良(54キロ)

道中は中団8~9番手の外。

4角は5番手の内目、馬群の中から直線。

直線も馬群の中ほどから追い上げてはくるが、残り100mあたりで失速。

今回はタフな流れと言うよりも、緩めの馬場が敗因では?

2022年 福島牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

22/5/15 ヴィクトリアM(G1)

東京 芝1600m 良

着順:7着(1.32.8・0.6差)

騎手:菅原明良(55キロ)

スタート少し出遅れて、道中は後方15番手を追走。

4角も15番手で直線に向くと、直線は馬群の外目に進路を取って追い上げに入り、上り最速32.9秒の脚を出してくるが0.6差の7着まで。

初距離のG1としてはよく走った方。

2022年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

22/10/15 府中牝馬S(G2)

東京 芝1800m 良

着順:5着(1.44.7・0.2差)

騎手:大野拓弥(54キロ)

【レース前寸評】

1800mの距離なら、一応警戒はしておいた方がいい。

【結果】

道中は3番手の内。

4角も3番手の内で直線に向くと、直線は馬場の三分どころから追い上げを計り、坂の上りでは先頭集団に食らいついていたが、坂を上りきってからが少し甘くなって5着まで。

千八はやはり走ってくる。

時計がもう少しかかってくれれば、というレース。

2022年 府中牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

22/10/30 天皇賞(秋)(G1)

東京 芝2000m 良

着順:10着(1.58.3・0.8差)

騎手:マーカンド(56キロ)

【レース前寸評】

距離、クラスを見ても、ここでは絶望的。

【結果】

道中は中団7番手の外。

4角は5番手の外で直線に向くが、直線では伸びを欠く。

距離も展開も向かなかった。

2022年 天皇賞(秋)(G1)のラップ分析&回顧