アブレイズのキャリアはまだ4戦だけなので、近走だけを振り返る。

アブレイズのここまでの走り

20/2/2 3歳新馬 14頭

京都 芝2000m(内)良 

着順:1着(2.05.8・-0.1差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

道中は前半1000mが64.7秒の超スローの中、アブレイズは先団5番手。

3~4角で順位を上げ、4角は3番手で直線。

直線は馬場の外目から鋭く伸びて抜け出した。

時計は平凡。

特に見どころなく、クラス也の勝利。

20/3/20 フラワーC(3歳・G3)

中山 芝1800m 良 14頭

着順:1着(1.48.2・-0.1差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

外枠13番から果敢に先団に取り付いて行く。

このクラスとしてはかなり締まったペースの中、道中2番手で追走したアブレイズは、4角を回るとすぐさま先頭に立ち、後続勢の追い込みをなんとか交わしてゴール。

レースの上りは36.9秒。

締まったペースを2番手で追走し、直線もそのまま押し切る強い競馬。

走破時計も「新馬戦」とは打って変わってまずまず。

【期待される能力】

  • スタミナ
  • パワー
  • 底力

2020年 フラワーカップ(G3)のラップ分析&回顧

20/5/24 優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:17着(2.26.1・1.7差)

騎手:藤井勘一郎(55キロ)

内枠3番からしっかり先手は取れたが、直線に入って残り200mを過ぎるとバッタリ。

道中のペースも速いわけではなく、逃げたスマイルカナを除いて2番手以下は楽な追走だったはず。

レースの上りは34.2秒。

距離と言うより、上りの速さに対応できなかった感じ。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/9/20 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:10着(2.01.1・1.2差)

騎手:藤井勘一郎(54キロ)

5枠10番から道中は2~3番手。

4角3番手から直線粘り込みを計るが、残り200mで後続に呑み込まれた。

レースのペースはスロー。

上り時計が34.5秒。

スローの瞬発力勝負になるとあっけない。

2020年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧

アブレイズのここまでの見立て

前につけたらしぶとそうだが、速い上りには対応できない。

ガチガチの消耗戦で浮上。

アブレイズの次走

次走は10月18日、京都 芝2000m(内)で行われる、牝馬三冠の最後の一冠「秋華賞(G1)」。

先行力はあるので先手は取れる。

あとは展開。

上りがかかる消耗戦に持ち込めれば上位食い込みも。

 

その他、秋華賞の出走馬を分析