2021年5月2日【天皇賞(春)】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ウインマリリンの好走パターンを分析。

ウインマリリンの距離適性

ウインマリリンはこれまでに芝1800m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(3-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝2400m(0-1-0-0)
  • 芝2500m(1-0-0-0)
  • 芝3200m(0-0-0-1)

展開にもよるが、合っているのは長めの距離だろう。

3200mの「春天」も大健闘。

ウインマリリンの脚質

容易に先団に取り付くテンのスピード、先行力があり、そのスピードを最後まで持続、そして加速するスピード持続型

切れ味勝負になるとやや劣勢か。

ウインマリリンのコース適正

ウインマリリンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(1-1-0-0)
  • 中山(3-0-0-2)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-0-0-2)

ウインマリリンの持ち時計(ベストタイム)

ウインマリリンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.51.0 5着(中山)
  • 芝2000m:1.58.7 1着(東京)
  • 芝2200m:2.10.7 4着(阪神)
  • 芝2400m:2.24.5 2着(東京)
  • 芝2500m:2.33.3 1着(中山)
  • 芝3200m:3.15.6 5着(阪神)

ウインマリリンの重馬場適正

ウインマリリンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

不良馬場での敗戦も0.4差の6着。

かなりの荒れ馬場となっていた「ミモザ賞」での勝利を見れば、道悪は問題ないとは思うが、巧者と言うほどではない。


ウインマリリンの鉄砲実績(休み明け)

ウインマリリンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

休み明けは「秋華賞」が+12キロの馬体重で大敗。もう一鞍は不良馬場の「アメリカJCC」で0.4差の6着。

気にするほどではないと思うが。

ウインマリリンの枠順適正

ウインマリリンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(3-0-0-1)
  • 5~9番(未)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(0-1-0-2)

先手を取りたい馬だけに、極端な外枠でスタミナをロスさせたくはないはず。

ウインマリリンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(3-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-2)

ウインマリリンの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(3-0-0-2)
  • 55キロ(0-1-0-1)
  • 56キロ(0-0-0-1)

ウインマリリンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 450~460キロ

ウインマリリンの血統背景

父は2008年の「ジャパンカップ(G1・芝2400m)」を制したスクリーンヒーロー(ロベルト系)。

母の父はフサイチペガサス(ミスプロ系)。

フサイチペガサスは米国で走り、2000年の「ケンタッキーダービー(G1・ダ2000m)」に勝利した。

ウインマリリンのここまでの見立て

脚質的には、前につけてしぶといスピード持続型。

スタミナ、パワーには秀でているが、瞬発力勝負では苦戦。

道悪、荒れ馬場も大丈夫。

ウインマリリンの近走

20/12/6 若竹賞(3歳・1勝)

中山 芝1800m 稍重 11頭

着順:5着(1.51.0・0.6差)

騎手:松岡正海(54キロ)

道中は先団4~5番手。

直線は外に出して追い上げを計るが、精彩を欠く。

「馬場が合わなかった」とは鞍上の弁。

20/3/31 ミモザ賞(3歳・1勝)

中山・芝2000m 稍重 11頭

着順:1着(2.02.5・-0.3差)

騎手:横山武史(54キロ)

道中は先団の4~5番手。

3~4角で順位を上げて、4角は2番手で直線。

直線では早め先頭に立ち、そのまま突き抜けてゴール。

前開催から続くAコースの最終日で馬場はボロボロで、その上に稍重。

にも関わらず、ペースは結構締まっていた。

そこを2馬身離して勝ち切るウインマリリン、道悪適正に加え、パワーとスタミナもかなりありそう。

【期待できる能力】

  • 道悪適正
  • パワー
  • スタミナ

20/4/26 フローラS(3歳・G2)

東京 芝2000m 良 17頭

着順:1着(1.58.7・クビ差)

騎手:横山武史(54キロ)

道中は先団4番手の内。4角も5番手の内を回って直線。

直線は内ラチ沿いを凄まじい横風が吹き抜ける。

ウインマリリンは残り400mで狭い進路の間を割って先頭に立つと、ホウオウピースフルの猛追をクビ差凌いでゴール。

強風もさることながら、道中はそこそこ速いラップで推移。

この展開を先団につけて、直線は鮮やかに抜け出して勝ち切り、時計も優秀。

力はある。

【期待できる能力】

  • スピード持続力

2020年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

20/5/24 オークス(G1)

東京 芝2400m 良

着順:2着(2.24.5・0.1差)

騎手:横山典弘(55キロ)

8枠16番からしっかり先手を取って、道中は内ぴったりの2番手。

レースは中盤で緩んだこともあってしっかりと脚が溜まる。

4角は4番手の内で直線に向くと、直線も最内から追い出しにかかり、最内からスルスルと抜け出して残り100mあたりで一旦は先頭に立つが、デアリングタクトの鬼脚に交わされて2着。

距離ロスを抑えた位置取りと直線の抜け出し。

レースとしては完璧な運びで、普通ならこの馬が勝っていただろう。

相手が悪すぎた。

2020年 優駿牝馬(オークス)のラップ分析&回顧

20/10/18 秋華賞(G1)

京都 芝2000m 稍重

着順:15着(2.03.1・2.5差)

騎手:横山武史(55キロ)

外枠17番から先団に取り付く。

4角は2番手で直線に向くが、いつもの粘りはまったく見られなかった。

休み明けからの直行で+12キロ。

こんな負け方をする馬ではないので、臨戦過程に問題ありと思いたい。

2020年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

20/11/15 エリザベス女王杯(G1)

阪神 芝2200m(内)

着順:4着(2.10.7・0.4差)

騎手:横山武史(54キロ)

道中は3番手追走。

終始内ラチ沿いのインで経済コース。

4角も6番手の内で直線に向き、直線も内から鋭く伸びて来るが、ゴール前は2、3着馬に交わされて4着。

3歳馬では最先着。

最後は切れ味で見劣ったが、この馬の競馬は出来た。

2020年 エリザベス女王杯(G1)のラップ分析&回顧

21/1/24 アメリカJCC(G2)

中山 芝2200m 不良

着順:6着(2.18.3・0.4差)

騎手:横山武史(53キロ)

外枠15番から果敢に先団に取りつき、道中は2~3番手を追走。

4角4番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目を追ってくるが、坂を上りきったあたりで脚色が鈍った。

道中も内々、直線も内目を通った。

不良馬場で内目はかなり馬場状態が悪かったことを考えると、0.4差の6着なら、大きく負けてはいないと思う。

一方で、鞍上は距離不安も口にしている。

実際のところはどうか?

2021年 アメリカジョッキーCC(G2)のラップ分析&回顧

21/3/27 日経賞(G2)

中山 芝2500m 良

着順:1着(2.33.3・-0.1差)

騎手:横山武史(53キロ)

3枠4番からしっかりポジションを取って道中は3番手の内。

4角は2番手の内で直線に入り、直線も馬場の内目をしっかりと伸びて、カレンブーケドール、ワールドプレミアの追撃を振り切った。

緩い流れを先団の内。

この流れでこの完璧な位置取りなら、距離の不安も相殺できた。

快勝と言ったところだろう。

2021年 日経賞(G2)のラップ分析&回顧

21/5/2 天皇賞(春)(G1)

阪神 芝3200m 良 (外⇒内)

着順:5着(0.9差・3.15.6)

騎手:横山武史(56キロ)

スタート少し出遅れて道中は中団、8番手あたり。

3角を過ぎて押し上げて行って、4角は6番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げてはくるが、ゴール前ディアスティマを交わすのがやっと。

外枠14番でスタートも出遅れたのが痛かった。

ポジションがいつもより後ろになり、3~4角の勝負どころでも外々を回るハメになった。

しかしそれでも5着を確保したのは立派だと思う。

やはりこの馬、スタミナ量は豊富。

2021年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

次走、オールカマー(G2)に向けて

次走は9月26日(日)、中山競馬場 芝2200mで行われる「オールカマー(G2)」。

休み明けが少し心配だが、ここは実力上位。

強い牝馬がもう1頭いるが、斤量差1キロで何とかならないか?

 

⇒その他、2021・オールカマー(G2)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)