2021年5月16日【ヴィクトリアマイル】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、デゼルの好走パターンを分析。

デゼルの距離適性

デゼルはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(1-0-0-1)
  • 芝1800m(3-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)
  • 芝2200m(0-0-1-0)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

千六、千八で安定感あり。

デゼルの脚質

スタートがあまり良くないので、後方からの競馬が多くなるが、終いのキレは一級品。

ペースの緩急に関わらず、終いの脚は確実に繰り出してくる。

デゼルのコース適正

デゼルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(2-0-0-2)
  • 中山(0-0-1-0)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-0-0)
  • 小倉(未)

スピードに乗るのに少し時間がかかるようで、現状では小回り、内回りの直線の短いコースは戦い難そう。

デゼルの持ち時計(ベストタイム)

デゼルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.9 8着(東京)
  • 芝1800m:1.45.4 1着(東京)
  • 芝2000m:2.00.4 4着(中京)
  • 芝2200m:2.16.8 3着(中山)
  • 芝2400m:2.25.1 11着(東京)

スタートさえもう少し修正できれば、速い時計でも走ってきそう。

デゼルの重馬場適正

デゼルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪はまだ未知数だが、走法から見ると苦手かも。


デゼルの鉄砲実績(休み明け)

デゼルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

デゼルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-1)
  • 中6~8週(2-0-0-0)

デゼルの枠順適正

デゼルの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-1)
  • 5~9番(2-0-1-1)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

デゼルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-1-0)
  • 3~5月(春):(3-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

デゼルの斤量別着度数

  • 54キロ(4-0-1-1)
  • 55キロ(0-0-0-2)

デゼルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 468~486キロ

デゼルの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母はアヴニールセルタン

アヴニールセルタンは欧州で走り、3歳時、デビューから6連勝で芝のG1を2勝。距離は芝1600mと芝2100m。

母の父はルアーヴル(ナスルーラ系レッドゴッド)。

ルアーヴルは欧州で走り、芝のG1「フランスダービー(芝2100m)」を勝利。

デゼルの前走

21/4/10 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外) 良

着順:1着(1.32.0・クビ差)

騎手:川田将雅(54キロ)

スタート出遅れて、道中は中団のやや後ろ。

4角も中団の後ろ、8馬手から直線に向き、直線は馬群の外めから追い出してきて、坂の上りで前を一気に抜き去った。

末脚自慢には打って付けの高速馬場。

初距離の1600mも問題にしなかった。

2021年 阪神牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

21/5/16 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良

着順:8着(1.31.9・0.9差)

騎手:川田将雅(55キロ)

道中は中団の後ろ9番手、すぐ前にグランアレグリアを見る位置取り。

4角もグランアレグリアの直後12番手で直線に向く。

直線は懸命に前のグランアレグリアを追うが、手応えが全く違う。

グランアレグリアには突き放されるが、この馬自身はレース先団に食らいついて行って、2着のランブリングアレーには0.2差の8着。

そう悲観する内容ではない。

2021年 ヴィクトリアマイル(G1)のラップ分析&回顧

次走、府中牝馬S(G2)に向けて

次走は10月16日(土)、東京競馬場 芝1800m(内)で行われる「府中牝馬S(G2)」。

東京千八は2戦して2勝と相性は抜群。

スタートで大きな出遅れさえなければ、良い勝負はしてくるだろう。

 

⇒その他、2021・府中牝馬S(G2)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)