2021年3月21日【阪神大賞典】終了時点までのデータをもとに、ディープボンドの好走パターンを分析。

ディープボンドの距離適性

ディープボンドはこれまでに芝2000m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(1-0-1-3)
  • 芝2200m(1-0-0-1)
  • 芝2400m(0-1-0-1)
  • 芝3000m(1-0-0-1)

距離は中距離、長距離。

ディープボンドの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬。

スピード持続力。

切れ味勝負では分が悪い。

ディープボンドのコース適正

ディープボンドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-1-2)
  • 阪神(1-1-0-0)

トビが大きな馬なので、小回りコースよりは広い外回りコースの方が戦いやすい

好走実績がいずれも関西圏。長距離輸送に難ありか?

ディープボンドの持ち時計(ベストタイム)

ディープボンドの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.01.1 1着(京都)
  • 芝2200m:2.11.7 1着(京都)
  • 芝2400m:2.25.0 5着(東京)
  • 芝3000m:3.06.2 4着(京都)

時計面での伸びしろは、まだこれから。

ディープボンドの重馬場適正

ディープボンドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-0-1-0)

稍重は「皐月賞」の10着だが、これは馬場と言うより輸送だと思う。

基本的に道悪は走る。


ディープボンドの鉄砲実績(休み明け)

ディープボンドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

ディープボンドの枠順適正

ディープボンドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-0)
  • 5~9番(3-0-0-3)
  • 10~14番(0-0-1-3)
  • 15~18番(未)

前目にポジションを取って持ち味を発揮する馬なので、枠順も内目の方が良いだろう。

ディープボンドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-2)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-2)

ディープボンドの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(2-0-1-3)
  • 57キロ(0-0-0-3)

ディープボンドの連対体重

  • 482~502キロ

ディープボンドの血統背景

父は2013年のダービー馬、キズナ(サンデー系ディープインパクト)。

母の父は2000年の「高松宮記念」を制したキングヘイロー(ND系リファール)。

近親に2009年の「高松宮記念」「スプリンターズS」を勝ったローレルゲレイロ

ディープボンド近走

20/4/4 アザレア賞(3歳・1勝)

阪神 芝2400m(外)良 8頭

着順:2着(2.27.5・0.1差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中3~4番手、3~4角で順位を上げて、4角は2番手で直線。

直線は横に4頭広がって叩き合い。

残り200mを過ぎて抜け出したフライライクバードに最後まで食い下がるが、半馬身及ばずの2着。

休み明けの2400mで0.1差の2着なら上々。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:10着(2.02.1・1.4差)

騎手:横山典弘(57キロ)

1勝クラス2着から、中1週で挑む「皐月賞」。

道中は先団4番手。

4角も4番手の内で直線。

直線も内を突いて追い出すが、坂を上るあたり残り200mで失速。

それでもまあ、よく頑張っている。

20/5/9 京都新聞杯(G2)

京都 芝2200m(外)良 13頭

着順:1着(2.11.7・クビ差)

騎手:和田竜二(56キロ)

今度は中2週での参戦。

道中は大逃げを打つシルヴェリオを、離れた5番手で追走。

残り1000mで動いて行った1番人気のアドマイヤビルゴについて行く形でこちらも進出。

4角は一団で直線に向き、残り100mで先に抜け出していたアドマイヤビルゴを交わし、ゴール前はマンオブスピリットの強襲をクビ差凌いでゴール。

この馬自身は、残り1000mから動き出していたので、長い距離で最後までバテずに良い脚を使ったことになる。

確実に力をつけてきている印象。

20/5/31 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:5着(2.25.0・0.9差)

騎手:和田竜二(57キロ)

道中は先団の2~3番手。

直線も決して失速はしていないが、末脚比べではやっぱり後手。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/9/27 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:4着(2.13.0・0.5差)

騎手:和田竜二(56キロ)

パンサラッサがそこそこのラップを刻んで逃げる展開で、ディープボンドは6枠11番から道中は2~3番手。

4角も3番手の外で直線に向くが、坂の上りで、持ったままのコントレイルにあっさりと交わされると、残り100では内からロバートソンキー、ゴール前では外からヴェルトライゼンテに交わされて4着。

前々で踏ん張れたのはこの馬だけだが、持ち味のSP持続力が生かされないといけない展開で、この4着はちょっと物足りない。

2020年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

20/10/25 菊花賞(G1)

京都 芝3000m(外)良

着順:4着(3.06.2・0.7差)

騎手:和田竜二(57キロ)

道中は中団の前目。

3~4角でポジションを上げて、4角は2番手で直線。

直線入口で一旦は先頭に立つが、すぐにコントレイルとアリストテレスに交わされて、ゴール前ではサトノフラッグにも交わされて4着。

しかし前目につけて自分の競馬は出来た。

ペースが緩く、最後は切れ味勝負になったことが敗因だろう。

2020年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:14着(2.02.0・1.1差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は中団10番手あたり。

4角はさらに順位を落として12番手の外で直線。

直線は馬群の外目を追い込んで来るが、途中前が塞がる不利もあり11着。

もともと切れる方でもないし、位置取りが後ろからになったのが痛かった。

おまけにレースはスローの瞬発戦。

レース全般を通して流れに乗れなかった感じはする。

2021年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/21 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)重

着順:1着(3.07.3・-0.9差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は3番手から3~4馬身離れた4番手で追走。

ペースが上がった残り1400mあたりからこの馬も上がって行き、3角では先頭との差も徐々に詰め、4角は3番手で直線に向く。

直線では早めに先頭に並びかけると、坂の上りで一気に後続を突き放してのゴール。着差は5馬身。

道悪馬場の3000mの消耗戦を、圧倒的な強さで勝利した。

もともと瞬発力には欠けるが、スピードの持続力には見るものがあった。

しかしそれに加えてこのスタミナ。

道悪に適性があることは間違いないが、明け4歳、馬体重+10キロ、ここに来て馬が一変している可能性もある。

2021年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

ディープボンドの次走

次走は5月2日(日)、阪神競馬場 芝3200m(外⇒内)で行われる「天皇賞(春)(G1)」。

最後の直線、良馬場でもしっかり伸びてこられるかが最大の課題になりそう。

 

その他、天皇賞(春)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)