2022年6月26日【宝塚記念】終了時点までのデータをもとに、ディープボンドの好走パターンを分析。

ディープボンドの距離適性

ディープボンドはこれまでに芝2000m~芝3200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝2000m(1-0-1-3)
  • 芝2200m(1-0-0-2)
  • 芝2400m(1-1-0-2)
  • 芝2500m(0-1-0-0)
  • 芝3000m(2-0-0-1)
  • 芝3200m(0-2-0-0)

距離は中距離、長距離だが、OPクラスでは長距離寄りが戦いやすそう。

ディープボンドの脚質

前目にポジションを取って押し切る競馬。

スピード持続型。

消耗戦寄りのレースには強いが、レースの上りが35秒を切ってくるような展開になるとまだ不安はある。

上りの速い瞬発力勝負では後手。

ディープボンドのコース適正

ディープボンドの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-1-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(2-0-1-2)
  • 阪神(2-3-0-1)
  • ロンシャン(1-0-0-1)

トビが大きな馬なので、小回りコースよりは広い外回りコースの方が戦いやすい

ディープボンドの持ち時計(ベストタイム)

ディープボンドの持ち時計は次の通り;

  • 芝2000m:2.01.1 1着(京都)
  • 芝2200m:2.10.3 4着(阪神)
  • 芝2400m:2.25.0 5着(東京)
  • 芝2500m:2.32.1 2着(中山)
  • 芝3000m:3.05.0 1着(阪神)
  • 芝3200m:3.14.8 2着(阪神)

高速決着というタイプではなさそう。


ディープボンドの重馬場適正

ディープボンドの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-1)
  • 重(1-0-1-1)

稍重は「皐月賞」の10着だが、これは馬場と言うより輸送だと思う。

基本的に道悪は走る。

ディープボンドの鉄砲実績(休み明け)

ディープボンドの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-2-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-3)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

ディープボンドの枠順適正

ディープボンドの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-0)
  • 5~9番(3-1-0-4)
  • 10~14番(1-1-1-3)
  • 15~18番(0-0-1-1)

前目にポジションを取って持ち味を発揮する馬なので、枠順も内目の方が良いだろう。

ディープボンドの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-0-1)
  • 3~5月(春):(3-3-0-2)
  • 6~8月(夏):(0-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-1-3)

ディープボンドの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-1-0)
  • 56キロ(2-0-1-3)
  • 57キロ(1-1-0-3)
  • 58キロ(1-2-0-1)
  • 59.5キロ(0-0-0-1)

ディープボンドの連対体重

  • 482~510キロ

ディープボンドの血統背景

父は2013年のダービー馬、キズナ(サンデー系ディープインパクト)。

母の父は2000年の「高松宮記念」を制したキングヘイロー(ND系リファール)。

近親に2009年の「高松宮記念」「スプリンターズS」を勝ったローレルゲレイロ

ディープボンド近走

20/4/4 アザレア賞(3歳・1勝)

阪神 芝2400m(外)良 8頭

着順:2着(2.27.5・0.1差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中3~4番手、3~4角で順位を上げて、4角は2番手で直線。

直線は横に4頭広がって叩き合い。

残り200mを過ぎて抜け出したフライライクバードに最後まで食い下がるが、半馬身及ばずの2着。

休み明けの2400mで0.1差の2着なら上々。

20/4/19 皐月賞(G1)

中山 芝2000m 稍重 18頭

着順:10着(2.02.1・1.4差)

騎手:横山典弘(57キロ)

1勝クラス2着から、中1週で挑む「皐月賞」。

道中は先団4番手。

4角も4番手の内で直線。

直線も内を突いて追い出すが、坂を上るあたり残り200mで失速。

それでもまあ、よく頑張っている。

20/5/9 京都新聞杯(G2)

京都 芝2200m(外)良 13頭

着順:1着(2.11.7・クビ差)

騎手:和田竜二(56キロ)

今度は中2週での参戦。

道中は大逃げを打つシルヴェリオを、離れた5番手で追走。

残り1000mで動いて行った1番人気のアドマイヤビルゴについて行く形でこちらも進出。

4角は一団で直線に向き、残り100mで先に抜け出していたアドマイヤビルゴを交わし、ゴール前はマンオブスピリットの強襲をクビ差凌いでゴール。

この馬自身は、残り1000mから動き出していたので、長い距離で最後までバテずに良い脚を使ったことになる。

確実に力をつけてきている印象。

20/5/31 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:5着(2.25.0・0.9差)

騎手:和田竜二(57キロ)

道中は先団の2~3番手。

直線も決して失速はしていないが、末脚比べではやっぱり後手。

2020年 東京優駿(日本ダービー)のラップ分析&回顧

20/9/27 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:4着(2.13.0・0.5差)

騎手:和田竜二(56キロ)

パンサラッサがそこそこのラップを刻んで逃げる展開で、ディープボンドは6枠11番から道中は2~3番手。

4角も3番手の外で直線に向くが、坂の上りで、持ったままのコントレイルにあっさりと交わされると、残り100では内からロバートソンキー、ゴール前では外からヴェルトライゼンテに交わされて4着。

前々で踏ん張れたのはこの馬だけだが、持ち味のSP持続力が生かされないといけない展開で、この4着はちょっと物足りない。

2020年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

20/10/25 菊花賞(G1)

京都 芝3000m(外)良

着順:4着(3.06.2・0.7差)

騎手:和田竜二(57キロ)

道中は中団の前目。

3~4角でポジションを上げて、4角は2番手で直線。

直線入口で一旦は先頭に立つが、すぐにコントレイルとアリストテレスに交わされて、ゴール前ではサトノフラッグにも交わされて4着。

しかし前目につけて自分の競馬は出来た。

ペースが緩く、最後は切れ味勝負になったことが敗因だろう。

2020年 菊花賞(G1)のラップ分析&回顧

21/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:14着(2.02.0・1.1差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は中団10番手あたり。

4角はさらに順位を落として12番手の外で直線。

直線は馬群の外目を追い込んで来るが、途中前が塞がる不利もあり11着。

もともと切れる方でもないし、位置取りが後ろからになったのが痛かった。

おまけにレースはスローの瞬発戦。

レース全般を通して流れに乗れなかった感じはする。

2021年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/21 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)重

着順:1着(3.07.3・-0.9差)

騎手:和田竜二(56キロ)

道中は3番手から3~4馬身離れた4番手で追走。

ペースが上がった残り1400mあたりからこの馬も上がって行き、3角では先頭との差も徐々に詰め、4角は3番手で直線に向く。

直線では早めに先頭に並びかけると、坂の上りで一気に後続を突き放してのゴール。着差は5馬身。

道悪馬場の3000mの消耗戦を、圧倒的な強さで勝利した。

もともと瞬発力には欠けるが、スピードの持続力には見るものがあった。

しかしそれに加えてこのスタミナ。

道悪に適性があることは間違いないが、明け4歳、馬体重+10キロ、ここに来て馬が一変している可能性もある。

2021年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

21/5/2 天皇賞(春)(G1)

阪神 芝3200m 外⇒内 良

着順:2着(3.14.8・0.1差)

騎手:和田竜二(58キロ)

道中は先団3~4番手。

4角も3番手で直線に向くと、前を走るディアスティマ、カレンブーケドールをジワジワと追い詰めて行き、坂の上りで交わせるかと思ったら外からワールドプレミアの強襲に遭う。

この消耗戦の展開でも、最後の最後、キレ味の差が明暗を分けたが、この馬も強い競馬。

2021年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

21/9/12 フォア賞(G2)

ロンシャン 芝2400m 良

着順:1着(2.31.8・-0.2差)

騎手:C・デムーロ(58キロ)

好スタートからハナへ。

フォルスストレートも先頭で通過して直線。

直線も脚色衰えず、2番手ブルームとの約1馬身の差をそのままキープしてゴール。

海外の重賞で勝ったことは素晴らしが、メンバーの力関係が分からないので、なんとも言えない。

ちなみに2着のブルームは、同年11月の「ジャパンカップ」で11着。

21/10/3 凱旋門賞(G1)

ロンシャン:芝2400m 重

着順:14着(2.44.8・7.2差)

騎手:バルザローナ(59.5キロ)

道中は中団の後ろ、9番手の外あたりを追走。

フォルスストレートで順位を押し上げて、6番手の外あたりで直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計るが、残り300mですでに殿。

道悪は走る馬だが、ロンシャンの重馬場になれば話は別だろう。

斤量の59.5キロもこたえたはず。

勝ったトルカータータッソも59.5キロを背負っているが、むこうの馬は普段から60キロとかを背負っている分、慣れもあるのだろう。

21/12/26 有馬記念(G1)

中山 芝2500m 良

着順:2着(2.32.1・0.1差)

騎手:和田竜二(57キロ)

道中は中団の前5~6番手を追走。

4角は5番手で直線に向き、直線は馬場の内目から追い上げにかかる。

直線では残り200mでタイトルホルダーを捉えるが、時を同じくして外からエフフォーリアも強襲。

しばし並走して食い下がるが、ゴール前では切れ負けした感じ。

この馬は、もう少し消耗戦寄りの流れにならないと上位には食い込めないと思っていたが、ここでは成長を感じさせる強い競馬を見せた。

2021年 有馬記念(G1)のラップ分析&回顧

22/3/20 阪神大賞典(G2)

阪神 芝3000m(内)

着順:1着(3.05.0・-0.1差)

騎手:和田竜二(57キロ)

道中は中団7番手あたり。

3角の勝負どころでもしっかりと反応して、4角は5番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げてきて、坂下で前で粘るアイアンバローズを射程圏に捉えると、坂の上りでアイアンバローズをしっかり交わして、食い下がる同馬を振り切ってゴール。

自身の上り34.6秒はここまでのキャリアで最速の上り時計。

後半1000mだけの勝負にはなったが、そこそこ速い上りを繰り出して勝ったことには意義がある。

馬が確実に強くなっている印象。

2022年 阪神大賞典(G2)のラップ分析&回顧

22/5/1 天皇賞(春)(G1)

阪神 芝3200m(外⇒内)

着順:2着(3.17.3・1.1差)

騎手:和田竜二(58キロ)

道中は4番手追走。

3~4角でポジションを上げて行ったが、結果的にはここでもう「勝負あった」状態。

昨年くらい走れていたら勝ち負けだっただけに、完全に勝ち馬に「してやられた」感じ。

力負けではないと思う。

2022年 天皇賞・春(G1)のラップ分析&回顧

22/6/26 宝塚記念(G1)

阪神 芝2200m(内)良

着順:4着(2.10.3・0.6差)

騎手:和田竜二(58キロ)

外枠15番から道中は3番手を追走。

3~4角ではすでに激しく手綱を動かしムチも入れた。

4角も3番手で直線に向き、直線も前を行くタイトルホルダーを懸命に追うが、その差は広がるばかり。

最後は外から差し込んできたデアリングにハナ差交わされての4着。

まあ、よく走ってはいるが、これが実力のような気もする。

距離がもう少しあればまた違ってくるのかもしれない。

2022年 宝塚記念(G1)のラップ分析&回顧