結果

第43回 新潟大賞典(G3・ハンデ)

新潟競馬場 芝2000m(外)良

クッション値:9.6(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
サンレイポケット 1.59.3 11-10(後方) 36.5
ポタジェ 1.59.3 クビ 7-7(中団) 36.9
サトノソルタス 1.59.3 クビ 3-3(先行) 37.2

レース上り:37.6


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.3 37.6 12.6 10.6 11.0 11.3 11.6 12.1 12.5 12.0 12.3 13.3
過去平均 1.58.92 34.2 12.7 11.5 12.0 12.2 12.4 12.2 11.7 11.2 11.0 12.0
-0.1 -0.9 -1.0 -0.9 -0.8 -0.1 0.8 0.8 1.3 1.3

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

新潟競馬場の馬場は、全体的に荒れていて、時計が比較的かかり気味の馬場状態。

2021年5月9日 新潟競馬場の馬場傾向分析(芝)

レースは、マイスタイルが離して逃げる大逃げを打って、ラップの出方としてはかなりの前傾ラップ。

しかし、2、3番手以降の馬も、道中はそれなりに脚は使わされており、その影響で、逃げたマイスタイルは残り600mあたりで捕まるものの、レース全体の上りは37.6秒を要する消耗戦。

ここまでのバテ比べになると、やはり斤量は軽い方が断然有利。

57キロの斤量を背負う馬は馬券には絡めず、55キロの馬が1着と3着に入った。

バテ比べに適性を持つ、底力の有る無しが勝敗を分けたか。


回顧

1着は3番人気のサンレイポケット。

道中は後方11番手の内。

4角も後方11番手の内から直線。

各馬、馬場の悪い内目を避けて通っていたので、馬場の内目は十分に進路が取れる状態。

サンレイポケットはそんな馬場の内目をついて追い上げて行き、残り200mで先頭に立つと、そのまま押し切ってゴール。

終いの脚はこの消耗戦でも健在。

上り最速36.5秒の脚で勝利をもぎ取った。

他の実力馬より、斤量が1キロ軽かったことも良かっただろう。

サンレイポケットの分析

 

2着は1番人気のポタジェ。

道中は中団7番手。

4角も7番手で直線に向き、馬場の真ん中から差し脚を伸ばすがクビ差の2着。

ゴール前、サンレイポケットに一度交わされたが、再度食らいつく勝負根性と底力は大したもの。

力のあるところはしっかりと示した。

ポタジェの分析

 

3着は7番人気のサトノソルタス。

スタートでもたついたが、二の脚で押し上げて道中は先頭からは離れた3番手追走。

4角も3番手の外で直線を向き、直線は馬場の良い外目から追ってきたが3着まで。

この馬の大好きなバテ比べの展開。

できることなら粘り切りたかった。

サトノソルタスの分析

 

2番人気のボッケリーニは5着。

道中は中団の前、5番手あたり。

4角も5番手の内で直線に向く。

直線では馬場の良い外目に進路を取って追い出すが、ゴール前が少し甘くなって5着まで。

ハンデ57キロの馬では最先着。

これだけの消耗戦になると、1キロの斤量差が、倍にも2倍にもなるのではないか?

一番苦しいゴール前で甘くなったのはそのせいだと思う。

ボッケリーニの分析

 



関連記事(一部広告を含む)