結果

第56回 七夕賞(G3)ハンデ 16頭

福島競馬場 芝2000m 重

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
クレッシェンドラヴ 2.02.5 12-11-9-5(中団後) 36.6
ブラヴァス 2.02.7 1 5-6-2-4(中団前) 37.2
ヴァンケドミンゴ 2.02.8 1/2 7-9-6-7(中団) 37.1

レース上り:37.3

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.02.5 37.3 12.6 11.9 12.1 12.4 12.3 12.1 11.8 12.1 12.2 13.0
過去平均 1.58.9 36.5 12.2 11.0 11.2 12.1 12.1 12.0 11.9 12.0 12.0 12.6
0.8 0.4 0.9 0.9 0.3 0.2 0.1 -0.1 0.1 0.2 0.4

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

重馬場を考慮に入れても、序盤は少し遅い感じ。

そして中盤でようやくミドルのラップを踏んで行く。

上りは、ラスト1Fはさすがにかかっているが、それほど極端な消耗戦にはなっていない。

基本的には前有利、後ろからでは勝負にならないレース。

道悪適正とパワーが求められたレース。

回顧

1着は3番人気のクレッシェンドラヴ

道中は中団の後ろ、3角を過ぎてスパート開始。

4角では先団に取り付いて、そのまま押し切る必勝パターン。

福島ではだいたいこのパターンで好走していて、今回の勝利で(2-3-0-0)。

重馬場だがペースが緩んだ分、57キロのトップハンデもさほど苦にならなかった印象。

 

2着は7番人気のブラヴァス

道中は外枠からだったが、テンが緩かったので、前目にポジションを取れて良い感じに追走。

直線もバテずに追い上げて来るが、勝った馬とは4角のコース取りの差が出たか?

道中も終始外目を走っており、もしかして距離的にも2000mがギリなのか?

 

3着は6番人気のヴァンケドミンゴ

道中は中団、勝負どころで動いて行って、4角はブラヴァスより更に外目の7番手。

直線もバテずに食らいついているが、ここでは3着まで。

ハンデの54キロも確かに効いたが、これで福島は(4-0-1-0)。

福島巧者であることに間違いはない。

 

1番人気のジナンボーは9着。

出遅れて先手が取れなかったのが最大の敗因だろう。

距離も2000mがギリギリのような印象。

 

2番人気のヒンドゥタイムズは4着。

この馬も出遅れたが、4角では外を回さず、直線で外に進路を変えて鋭く伸びて来た。

力は示した。