結果

第69回 ラジオNIKKEI賞(G3・ハンデ)

福島競馬場 芝1800m 稍重 12頭

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
バビット 1.47.3 1-1-1-1(逃げ) 35.8
パンサラッサ 1.48.1 5 3-4-2-2(先行) 36.4
ディープキング 1.48.1 6-9-9-8(中団) 36.0

レース上り:35.8秒

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9
今走 1.47.3 35.8 12.0 10.8 12.6 11.9 12.3 11.9 11.9 11.6 12.3
過去平均 1.46.8 35.2 12.4 10.7 12.0 12.2 12.2 12.1 11.8 11.6 11.8
0.6 -0.4 0.1 0.6 -0.3 0.1 -0.2 0.1 0.0 0.5

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

緩急の差が激しいラップになっているが、基本的に平均ペースと言ってよさそう。

走破時計も過去の良馬場平均と比べて0.5秒遅いだけ。

稍重馬場を考慮に入れると平均的な走破時計と言っていいだろう。

回顧

逃げたバビットが逃げ切り勝ちを収めたが、後続に5馬身つける圧勝。

上りも逃げたハビットの上りがメンバー最速の35.8秒。

「そりゃ5馬身離されるわ」という内容。

そもそも今年の「ラジオNIKKEI賞」は、そのほとんどの馬が1勝クラスを勝ち上がったばかりの馬。

重賞からの参戦はコンドゥクシオンが「青葉賞(G2)」12着から。

アールクインダムが地方のダート重賞「関東オークス(G2)」8着から。

その他すべてが1勝クラス1着、もしくは2着からの参戦。

オープンクラスを走った馬もいなかった。

ハビットの力が群を抜いていたのか?

それともハビットは平均的な勝ち方で、その他が弱すぎたのか?

印象としては、後者の方だと思うが・・・。