結果

第56回 農林水産省賞典函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
アドマイヤジャスタ 1.59.7 8-8-8-6(中団) 36.4
ドゥオーモ 1.59.9 1  1/2 16-16-13-10(後方) 36.1
バイオスパーク 2.00.0 クビ 5-5-5-3(中団前) 36.9

レース上り:37.1

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.7 37.1 12.4 11.2 11.7 11.7 11.8 11.8 12.0 12.1 12.4 12.6
過去平均 1.59.7 36.1 12.4 11.1 11.8 12.0 12.2 12.1 12.1 12.0 11.8 12.3
1.0 0.0 0.1 -0.1 -0.3 -0.4 -0.3 -0.1 0.1 0.6 0.3

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

序盤はそうでもないが、中盤がかなり締まった展開となった。

そのためレースの上りも37.1秒で、かなりの消耗戦。

スタミナとパワーが求められたレース。

回顧

1着は15番人気のアドマイヤジャスタ

道中は中団で脚を溜めて、3~4角で進出を開始、4角では6番手に上がって、直線は鋭い脚で突き抜けた。

前走から使っているパシュファイヤーという馬具が効いたと言う話もあるが、この馬具は視界を遮って馬の集中力を高めるもの。

しかしそれなら、以前にも同じように視界を遮るブリンカーと言う馬具を使ったこともあったが、そこでは結果は出なかった。

思うに、レースの上りが37.1秒もかかっているわけで、自身の上り時計も36.4秒。

途中でやめずに真面目に走れば、これくらいは走ると言ったろころか?

集中力を高めたパシュファイヤー、そして直前輸送のない滞在競馬、洋芝、54キロの斤量、もちろんレースの展開も大きく向いた。

これらの要素が見事に結実しての15番人気の1着だろう。

 

2着は13番人気のドゥオーモ。

道中は後方からの追走だったが、直線は見事に飛んできた。

これは明らかに展開が向いた。

 

3着は3番人気のバイオスパーク。

道中は前目から、直線もバテずに3着を死守。

この馬は、力でもぎ取った3着だろう。

 

1番人気のカウディーリョは7着。

直線入口で、前が開かないで一瞬追い出しが遅れたような気はしたが・・・。